〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「1本の木が織りなす物語」12月31日
今年の感謝の気持ちを込めた、私の大好きな「1本の木」シリーズ。

いよいよ今日が最後になりました。


「美意識」

20110807_ls_34.jpg


「美」


調和・統一のある対象に対して、利害や関心を離れて純粋に感動するときに感じられる快。

また、それを引き起こす対象のもつ性格。


私の解釈。

仮初めのものではなく その空気こそが澄んでいるさま。




「美意識」


昔、兄の友人の、リュート奏者「フィリップ」

イギリス?フランス?(笑)から、我が家へ訪れた時の、忘れられないシーンがあります。


私たち家族の前で演奏を終えた彼。

リュートをケースに入れる時の彼の手が、余りにも震えていたのです。


「僕はまだ演奏が終っても、リュートを此処に戻すまではとても美しい世界にいるんだよ。」

「弦から指が離れると、とたんに美しさで震えが止まらなくなるんだ。」


今日の写真を目にした瞬間、このエピソードを思い出していました。





来る年も、みんなの美しさに感動しながら


それらに存分に手を延ばしてゆける景色の中でいよう。



「今年も最後までありがとう。」




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
「1本の木が織りなす物語」12月30日
21098.jpg


「いざない」


背中から温かく抱(いだ)かれて

視界は なおいっそうゆらめき

ときめき立つ

潤いにみちた 和やかな瞳が 愉しく詠いはじめる


心乱れて切ない一時(いっとき)は

過ぎ来し方の香(かぐわ)しさにいざなわれて

はっとする

慎み深く その遠き調べに 深く果てなく想いを馳せる



そんな 1年でした。



「今年もありがとう。」






☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「1本の木が織りなす物語」12月29日
20110807_ls_51.jpg


転ばぬ先の杖は 思ったよりモロくて

転んだ傷跡が ラクガキみたいに光ってる。


辿り着いた道は いつもと同じ景色で

慌ててウロウロしてたら 誰かに先を越された。


だけど君が 迷っているなら

同じ場所なら 真っ直ぐ指差せるよ

いつも いつでも 君に見せたいものがある。


ー花束も草原も 月に浮かぶ舟も一緒に ラクガキしていこうー


いつもいつでも 君に贈りたいものがある


ラクガキだけれど…


Akira's Song 「ラクガキ」より。



「今年もありがとう」




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「1本の木が織りなす物語」12月28日
20110807_ls_2.jpg


「木」はいつも同じ場所から


自らが動く事なく 変わりゆく全てのものを受け入れ、


その嗅覚、視覚、触覚を呼び覚ます。


生涯を「人」として、木のもとに立ち尽くすだけの小さな私でも


あと少し、もう少し届きたい場所がある。


その視点の輪郭に、少しでも触れられるようにと


いつか来る日に歩み続けたい。


在りたい自分で在れますように。



「今年もありがとう」



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


「1本の木が織りなす物語」12月27日
「PEACE」

2枚目


平和とは 突起するものではなく


混ざり合う景色の美しさ。


「あなたに逢えてよかった。」


「あなたと再び出逢えてよかった。」


「変わらずあなたが居てくれてよかった。」



「今年もありがとう。」



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「1本の木が織りなす物語」12月26日
木が好きです。

今日から今年最後の日まで、

私が撮影したものではありませんが、私の大好きな木のPHOTOを

感謝の気持ちと共に、ここに込めて遺したいと思います。

20110807_ls_50.jpg

(PHOTOお借りしました)



生命の鼓動


この土の中で、大きな根っこが世界を創造しているのだと思うと、


愛しさにぞくぞくしてしまう。


見えない根っこ。


あなたの中にも 私の中にも。



「今年もありがとう」





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「3度目のHappy Birthday」
今はもうリニューアルしたこのブログ。

前回のブログを閉鎖する時に沢山の方からのお言葉をいただきました。

以前のブログは消してはいません。

パスワード管理で、いつでも見られるように大事にしまっています。



『1年前の日記』


img_831248_27674054_7.gif


今日25日は、私にとっての特別な日。

今日はあなたと出逢って「2度目のお誕生日おめでとうの日」です。

去年贈ったあなたへの想い。

真っ白な息を吐きながらどうしても見せたかったルミナリエの風景。

「今年は違うものを」とは思いませんでした。

私があなたに贈りたい物は去年のあの時に全て込めました。

だから今年も同じ想いを、2回目のお誕生日のお祝い。

初めての去年は「泣けなかった私に涙がある事を知った。」とおっしゃいましたね?

今年はどんな風に聴こえるのでしょうか。


『♡HAPPY BIRTHDAY Mさん♡』


(彼女に作った歌。「歓びの歌声」の画像をここに添付しました。)


あなたを想い、何故か強烈に足が向いたルミナリエ。

実はあなたにとてもゆかりのある場所だった事も、今となっては何の不思議もありません。

空に見えるMさんのお母さま。そうですよね?

あなたが私をきっと運んで下さったのでしょう。


img_831248_27674054_7.gif




hosi.gifMさんhosi.gif


今日は、私たちが出逢って「3度目のお誕生日おめでとうの日」です。


出逢った頃、あなたのブログタイトル「余命日記」

それがいつの日にか「生命日記」になりますようにと、想いを馳せていました。

そして今年はついにタイトルを改められ

「生命日記を綴るあなた」におめでとうの言葉を捧げる日を迎えました。


あなたの命の輝き。あなたが産まれた歓びを、今日のこの日に心から捧げます。


「Akirさんからいただいた曲、毎日聞いています。

スマホにダウンロードしてるのでどこでもいつでも聴けるんです。」



私の歌声と一緒に居て下さって、ありがとうございます。

3年前に作ったこの曲。

今年は少しだけ変わっているかも知れませんよ?


東京に戻られて、お疲れの今日でしょう。

どうかゆっくり出逢えますように♡

温かいあなたに届きますように♡


hosi.gif「今年もこの日をまっていました。」hosi.gif


hosi.gif「お誕生日おめでとうございます。」hosi.gif





人は、苦しみや葛藤を抱え、日々ささやかな光に涙を溢れさせる。


「光は闇の涙を覆い尽くす」


なぜなら、私の中には、沢山の人たちの溢れる想いが手をのばしているから。


「あなたが居て、私は泣く事が出来る。」


「鳴く事が出来る。」


温かいあなたの掌に、胸に、これからも。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「新年早々はじけます!みなさまかも〜ん♪」
flower-back1314告知


☆お店のHPはコチラです☆


IMG_7921222.jpg
(今年の新年会のライブ)


私が大ファンである「南蛮キセル」のステージがようやくやってまいりました!!


んで、今回は私も3曲ほど、Akiraで参加させていただく事になりました!


bg05.jpg
(HPからお借りしました)



bg01.jpg(HPからお借りしました)



bg04.jpg(HPからお借りしました)


お誘い合わせの上、どしどしご参加下さいませ!!


美味しいフード&飲み放題&踊り放題&笑い放題。


かもかも♪かも〜ん!!!



新しい年のスタートを、一緒に盛り上げてまいりましょう♡




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
押尾コータローさんからいただいた輝き
おはようございます♡

先日書かせて頂いた通り「節約生活」に突入した我が家。

そこで私は「商品券欲しさ」に応募したのです。

IMG_4065222.jpg


内容は、色々と説明するよりも、こちらのページに飛んで下さいませ ↓


「押尾コータロー 小さな輝きイメージ写真募集結果発表」


ご覧いただけたでしょうか?

私のブログを愛読して下さっている方は、もう写真さえも見覚えがあるのではないでしょうか?

3つ目の写真です。

はい。

「幼稚園の頃の娘」です(笑)

CDは、もちろん嬉しいのですが、押尾さんが寄せて下さった「コメント」がとても嬉しかったです。


「本当にありがとうございました♡」

IMG_4061222.jpg


今回の写真のテーマ「小さな輝き」



突然話が飛びますが

先日、私立の志望大学から「支給奨学金を受給します。」との選考通知が来ました。

作文を書いて提出するものでした。

これで第一志望である「国公立と学費が同額」になりました。

とてもとても有り難い話です。

もちろんまだ受験もしておりませんので「受かれば」の話です。(笑)

IMG_4066222.jpg

先日、高校での「3者面談」にて「最後の進路相談」がありました。

担任の先生は

「普通ならば、国公立の他に私立を1本だけと言うのは「人によっては無謀」だとも言いますが

○○ちゃんなら大丈夫でしょう。」

と仰って下さいました。


もちろん私も娘も「大丈夫」だなんてこれっぽっちも思っていません。

目標の国公立の合格率も、まだまだ厳しい現状です。

ただ、その先生の言葉を「お守り」にするだけです(笑)

後から「正直「私立をあと1校ぐらいは受けた方がいいかなぁ?」と

言いたいような気持ちもなきにしもあらずですが…それだけ意志がはっきりしていれば。」
と先生。


私は結局その意味が最後まで分からず、

「行きたい学校が他に無いから」

と言う単純明快な発想しかなく「滑り止めに受ける」と言う意味を

身体のどの細胞でも理解出来ないでおります。

IMG_4068222.jpg

これから先、生きて行く上で、何に置いても「選択肢を迫られる」のが人生。

ならば、その選択肢は「少なくて明快な方がいい」と、ずっと思っています。

「余計なものを抱えると、身体が重くなるので本来のフットワークが100%出ない。」


と、そんな考えだけがいつもあるのです。

あ、いくつも受験される方も、またその考えがあるので、

決して多くを受ける事を否定してはおりません。

どこまでも個人的なものです。


やっぱりちょっと「脳みそ絶壁」なのかな?(昔よくつるんでいた男の子に言われていた。。)

「親子でバカほど呑気なのかな?」(笑)

「目に見える結果」よりも

「どう選ぶか」の方が、大事な気がしてならないのです。

先日逢った仲良しのママ友は

「私立を1校だけの受験なんて、ちょっとかわいそうじゃない?」

心配してくれていると言うのに、全くそれに「ぽかん」と、反応出来ないでいる私。


娘が選んだ事ですから(確かに助言はしたけれど)もうそれしかないのです。

他を選べないから仕方がない。

自信なんて全くありませんが、それしかないので。。(笑)

IMG_4067222.jpg

写真の、真っ赤な可愛いクリスマスのチケットは「東京の弟&妹」からのもの。

すっかり、実の妹&弟になりつつあります(笑)

同封されていた弟が書いてくれたであろう「サクラサケ♡」

「いつもいつもありがとう。」

IMG_4072222.jpg

温かいお守りを胸に、「小さな輝き」が一歩、また一歩とあゆみを進めております。

気が付けば大きくなっちゃった。

小さな小さな輝き。

花を手にして「ちゃーちゃん♪」と私に駆け寄っていたあの頃。

「摘みたかった花をその手に握り、手渡したい場所に」

今も向っているのだと感じています。


みんなの中にある「小さな輝き」

周りから決して奪われたりはしないもの。

「自分が決めて摘む輝き」が、はじめの1歩。

IMG_9648111.jpg

「今日も素敵な一日を♡」


私は冬場の乾燥で、布団に入るとかゆかゆで、連日まともに眠れておりません。。。

ねむーいい。。ねむーーいい。かゆーーーいい。かゆぅうううーい。。

その分食べておりますが(笑)

ふふふ♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「Aka-ri( 灯り)」練習風景だよん♪
「お〜っな・かぁ〜が へぇええったなぁ〜♪♪♪」


「らららん〜たらっらラ〜♪」

IMG_4048222.jpg

いつかこんな曲が出来そうな予感満載の「Aka-ri」(灯り)Akiraでございます♡


そうよ前回のAka-ri記事も


「Aka-ri( 灯り)」一周年記念de「食べ放題♡」


(*^o^)乂(^-^*)


でしたしね?



先日、相方のパーカッション担当Eriが、ついに我が家「初訪問」でした。

いつもは私が彼女のお家まで送迎に伺い、スタジオへ入っておりますが

電車を乗り継いで我が家まで来てくれました♡


来年4月に出演させていただくライブの「打ち合わせ」と言う事で♪

えり御前

(人参とゆりねのかき揚げ。めかぶとなめ茸のだし醤油。ピクルス。野菜たっぷり水餃子。小松菜のごま甘酢和え。)


普段から仕事に家事に大忙しの彼女。

実家もそんなにかえらないし、誰かにご飯を作ってもらう事など

きっと無いのだろうと、、


とにかくすんごい頑張りやさんの彼女!


ずーっと年下だけど、尊敬出来るところがいっぱい!


だけど、それ以上に可愛いので、つい親心が先行する私。。


彼女が来る前日、娘に


「明日Eriが来るんだけど、何食べさせようか?」
と(笑)


すっかり「2人目の娘」


そしてはるばる電車を乗り継ぎ、到着しました♪

IMG_4049222.jpg

さて。問題です。


「この日Aka-rirはどれだけ練習したでしょうか?」



正解は!


さんじゅっぷぅ〜〜んん(飛んで行けよ。。)くらい?


Eriが来たのは11時。

家を出たのは午後4時。


「その間何しとったん?」って

もうもうそんな事を聞く人はおりませんですよね?

「喋って、食べてた」のですよ。

IMG_4054222.jpg

(Eriがくれたけぇき♪彼女は「顔」がついてるものは食べられないので、ガンガン食べれる我が家に運んでくれました(笑))


そんで、転がるくらいに笑っておりましたがな。。

次来たときはホンマに畳で転がしてみよ(笑)

いけるわ♪きっと♡:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



最後の最後に

「とりあえず楽譜のコピーだけでも渡しておこうか♪」

「今日は一応それできたんだしね♪」


「意味不明な帳尻を」合わせようとする。



「ばいっばぁ〜いい♪」(*^ー^)ノ



Eriを送り、駅から帰宅したら、こんなものがお出迎え。

IMG_4052222.jpg


いやぁ〜〜〜ん。。

レモンとか林檎とか、忘れずに持って帰ったのに…

いやぁ〜〜〜ん。

帳尻合わせにコピーした楽譜。置き去りや〜ん。

(普段は「しっかり者」の彼女です。彼女のペースを乱しているのは「私」です。)


けどけど、、、やっぱり曲作らなあかんやん(笑)


「Aka-riのテーマソング♡」


「た〜べものだっけは〜わっすれない〜♪♪♪っと♪(あのぉ。。もうちょっとひねってよ。。)


いやいや。。

この最後の「っと♪」っていいやん♪


「っと♪」(そろそろEri「ここ、誰が言うん?(T▽T;)」って怯えている。。)



「っと♪」


ふふふふふふふふふふふふふーーーーーーー♪( ̄▽+ ̄*)


今年最後のAka-ri(灯り)の練習風景?でした♡

IMG_4050222.jpg

(何ていい笑顔。私はこの笑顔が大好き♡)


Eri!来年もどうぞ宜しくね♡(ノ^^)八(^^ )ノ


みなさまもどうぞ今後ともAka-ri(灯り)を宜しくお願い致します♡


今日も最高の一日を♡




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「いつも優しさをくれるママにありがとう」
これまでいつも、ぬいぐるみの大きいのから、ストラップサイズまで

洗濯するのはわたし。

すると!!

先日ふとベランダを見ると。。

娘が洗っていたようだ。。


IMG_4014.jpg


んが。。

ちょと「S」な感じだった。

うう。。。

「この寒空の真下で、、背中乾きづらいなんてめっちゃ可哀想や。。」(うるる)

そして雑巾の上から助け出す(わたくし)


IMG_4016.jpg


ふふふ♡


良かったね♡



IMG_4017222.jpg


が、気が付くのが遅かったので、その日には乾かず。。


そして翌日の昨日は一日雨で


「お洗濯ジャングル」のリビングで朝からふたたび。。


IMG_4025222.jpg


ファンヒーターの力を借りまする。


今日はほっかほかで(反射的に弁当屋を思う。。)ふわふわになるから♪


ほぉら、もう乾いたや〜ん。


しあわせしあわせ〜♪


IMG_4033222.jpg


あ〜。きもちよ〜なったわ♪


ええ匂いしてるし♡



IMG_4028222.jpg


そうそう。今日は写真にセリフ文字なんて入れて


「まあるさん」のブログとそっくりじゃない?


はい。今日は真似させていただきました♪


私が欠かさず見ている「セラピー犬。くぅちゃん」のママのブログです。→


IMG_4034222.jpg


下の写真は、まあるさん(くうちゃんママ)とくぅちゃんに初めて出会った時に撮らせてもらったもの。↓


2人の(1人と一匹だが)信頼関係が、ファインダー越しからも


どんどん伝わって来た感動は、まだ鮮明に残っています。


IMG_102822.jpg


この前の日曜日。


まあるさんは、エレクトーンを弾き、オカリナを吹き、美しい声で歌い、


そしてオリジナルの「れんげ畑にて」を聞かせてくれました。


被災地の人や、沢山の悲しみを、明るく照らし、包み癒す歌。


私は何度も込み上げてくる涙と一緒に


「ありがとう」「悦び」でいっぱいになりました。


IMG_1025222.jpg


そして今日は私からまあるさんにプレゼント。


これまであなたが幾度と無く、沢山の人の上に優しさを注いだ歌。





今、あなたに駆け寄り唄いたい。


今度逢うときは、一緒に唄わせてほしい。


私のいっぱいの想いを込めて。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「ぬくもり」
IMG_2353111.jpg


忘れないよ 僕らなら歩けるよ この日々の中に答えはあるだろう

ぬくもりの中に見つけた「ありがとう」



(いきものがかり「ぬくもり」から)


1年の想いを込めてみなさんに心から届けたい1曲。

「新年会のライブ」で歌わせていただきます。

また、来年の話をしていますね(笑)


昨日は「今年最後のの病院」でした。

受験前の追い込み時期。

本人の意気込みもぐんぐん上がってきた7月中頃、突然の病気。

「ネフローゼ症候群」


そして2ヶ月間の入院生活。

信じられないくらい多くのご尽力を頂きました。

フレンズ7


「本当にありがとうございました。」


そして今、ようやくステロイドが少しずつ、少しずつ

慎重に減量されております。

しかし、今の量からが「最も再発しやすい量」だそうです。

前回までの「1日15ミリ」から「1日12.5ミリ」になりました。

万が一再発したとしても、

早い発見で薬を増量すれば、入院はまぬがれそうです。

亡き父からの「鉄壁の守り」があるので、再発する事はないでしょうが。


IMG_2521111.jpg


「進路選択の時期に入院して良かった。」


今振り返ってみても、不謹慎ながらにそう思っています。

こんなセリフ事を言う事は、親として失格かも知れませんが

心からそう思っています。

娘がそれまで決めていた進路から、明らかに方向性を変えられたからです。


「高く飛ぶな。熱く駆けろ。」


私の心の中では、ずっとそんな言葉がありました。

そして今は、ほのかにそれを感じている娘に手が届くように思えます。


そして何よりも、何よりも

ご尽力下さいました皆様に

心からの感謝の言葉が尽きない1年となりました。

本当に温かい想いを「ありがとうございました!」

私も、自分自身が健康に過ごす事で

「色んな意味での支え合いが出来れば」と変わらず思っています。


IMG_2039111.jpg


入院中に綴った文章を、少しだけまた…


母親なんて、泣くだけ、笑うだけ。

あなたが何より愛おしいから。


「産まれてくれてありがとう」


何を失う事も

何を奪われる事も

何一つないこれからに。

強く 真っ直ぐに歩いて来た道があるから。


あなたがこの世で一番輝いて見える母より。

IMG_3593111.jpg


「みなさん。今日も最高の1日を♡」




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「40女がクラブのナンパで○○××」
気が付けば、もう40も半ばを折り返している私。

そして、周りの友人達がぞくぞくと子育てを終えてきた今日この頃。

昨日はついに○十年ぶりに「クラブ」へ。。

昔良く一緒に「ディスコ」に行った仲良しトリオで♪

onon2222.jpg

「梅田は久しぶりやわぁ〜!!」

「きゃぁ〜!!大阪駅ってこんなになってるんやぁ〜♪」


と言いながら、大きな車のハンドルをガンガン切り、夜の大都会を

すいすいと運転する友人(笑)


彼女はこのクラブへ行ったコトがあるのだが

自分で行くのは昨日が初めてでしかも6年ぶりらしい。。

「いや〜ん、、やっぱ道わかれへんわぁ〜。。」(言ってるが顔は笑っている)

と言いながら、ガンガンスイスイ運転する(あら!兄ちゃんごめんよっと!)てな風。。


「しょうがないから、ちょっと車寄せて携帯で地図だそうか?」と車を一瞬寄せたとたん

「いやぁ〜!!きゃあぁ〜!!」

「え!!?」

「着いてるわぁ〜〜!!」
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


クラブは目の前。。

ただでさえ騒がしい私たち「ハリケーん」と命名された私たち。。


「きゃぁああ〜!!ホンマやぁ〜!!」>γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ



いつも以上の騒がしさで、まずはそれにひたすらウケる。。


onon1222.jpg


お店にin♪

噂で聞いていた通り、まさしく「同世代」の年齢層からもっとアダルトな方々も沢山。

一気にタイムスリップしてさっさと踊りに行く私。

実は行く前にこんなやりとりが。。

「クラブ行くんやったら着替えもってこ〜♪」と私。

「え!?どんだけの気合いなん!?着替えなんか要るん?」とRちゃん。

「私は席でゆっくり見たいから、必要ないわ〜」とRちゃん。

そして、思った通りに瞬間的に「汗だく」(-。-;)



ゆったりしている彼女たちの席に戻ってまずはタオルで「わきあせ」をふきふき。。(失礼)

ウケる彼女たち。。

そして、始めはほぼ踊っていた私。

席に戻ると何やら異様な雰囲気が漂っているではないかいな。。

onon3222.jpg


「これ。。。ナンパや。。」( ̄ー ̄;


「苦手なやつや。。」
( ̄ー ̄;


どんどんやってくる。。

次から次へとやってくる。。

私はこれ以上無いくらいの不気味な愛想笑いをして

「これはフロアで踊るしか無い!」と再び決心して

踊るおどる。。

男友達が多かったせいか、結構女子だけでディスコへ行く事もなかった。

なので、当時はそんなに激しくディスコでナンパされた記憶がなかった。。

けど。。

昨日は一応「腐っても女ばかり」(あ。。友よ、、失敬。。)

「そぉかあ。。」(一気にテンション下がる。。)


踊り疲れておそるおそる席に戻ると。。

「なぁ!この人がずっと喋りたいって言ってるねん!なぁ!なぁ!」

心の中で

「テンション下がるわ。。」

「ほんまテンション下がるわ。。」
・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

と思いながらも、雰囲気をこわすのは嫌なので

またもや「不気味な笑顔」を見せ、

逃げるようにフロアへ踊りに行く(もはやこれしか打つ手がない。。)

2235ea91278535e9.jpg

普段、ライブなんかしてると男性のアーティストさんたちが初対面で親しげに喋ってくれる。

そんな時はとても嬉しくて「ハグ」さえ出来てしまうと言うのに。。

やっぱりそれは「音楽」と言うものがあるから全く親近感が違うのだなぁと再認識する。。


なので、全く知らない人からいきなり「喋ろう!」と言われても

「?????」


「○○×××○○○??」としかならない。

あの。。

今更なんですが。。

「クラブでナンパを上手くかわしながら、楽しく過ごせる方法があれば教えて下さい♡」

私としては「知り合いの男性と一緒に行く」のが一番いいように思うのですが。。?

間違ってます?(・∀・)




やっぱり楽しいし、めっちゃ踊るの好きやからねぇ〜♪

行くのは行きたいんです。


でも、1人、Yちゃんの知り合いの方が偶然いらして

テーブルに戻ると「豪華なオードブル」が列んでいて

それは迷い無く「やったぁ〜!!」と歓び、すごくお礼を言って食べた私です!

「あの人いい人ねぇ〜♪」o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


何て言いながら(結局食べ物につられてないか?)

食べ物を与えてくれたと言う事は大きいが(大きいんや)一応ちゃんと見てます。

ソファ席もリザーブして下さろうとして(いっぱいでごめんね。と)

それだけをして去ってゆかれる「紳士」でございました。


ごちそうさまでした〜♡

IMG_3954222.jpg

そして、今朝、YちゃんからLINEで「めっちゃ楽しかったぁ〜また絶対行こうね!!」と♪

これまで3人の子供を立派に育てて、仕事もバリバリとしている彼女。

少しの睡眠時間で、家族のために本当に「身を削っている」人。

私はそんな彼女を尊敬し、そしてようやく自分の時間を持てるようになった

彼女の誘いだけは、絶対に断りたくないのです。

だからまた絶対行こうね♪

「大事な時間、取り戻そ♡」


ダンディなDJの方も有名な方らしいのですが

個人的にも、とても好きなDJさんでした♪

70歳ぐらいとお見受けするご年齢の紳士淑女も、実に楽しく踊り明かされておりました♪

「楽しそうに踊ってるなぁ〜♡」と私はそこにちょっと混ぜていただいたり(笑)

とにかく懐かしく楽しい夜でした。

IMG_7693222.jpg

これを期に「クラブ生活再スタート」でございます♪

頑張って来た子育て。

その間は音信不通になっていた私たちも、こうしてまたしっかり結び付き

懐かしい時間が持てるのは、本当に嬉しいコトですね♡

あ〜。。楽しかった。


さてさて。。

これが私の今年最後のイベントとなりました!

今日からは「節約生活」

ライブイベントは、相棒と一緒が多いので、どうしても出費がかさむので申し訳なく

お断りしております。

無料のイベントには参加させていただきますが。。

よぉっし!!

節約スタートです♡

今日も素敵な休日を♡

私は無料イベントにおでかけです(結局出かけるんか?)



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「母と娘の間にあるもの」
「母と上手く行かなくて苦しい」

そんな言葉を耳にして、複雑な思いで胸が痛みます。

「母と娘」

永遠のテーマであるとも言われますが

私とっては、少し理解するのが難しい事かも知れません。

IMG_1596222.jpg

私は3歳で母を亡くしているので「母を持つ娘としての経験」が全くありませんから。

母と言う存在が無いままに、結婚をして子供を授かりましたから。


お腹に子供が居る時、当時の友人は私にこう言いました。

「あなたはお母さんが居なかったから、母になるのは難しいと思うよ。」

「母と子はライバルやから」


そう言われた記憶が鮮烈に残っています。

私はそれを率直に「そうなんだ。でも母になるのね。」と受け止めていました。


そして娘を授かり、「母になった」私。

未だに「ライバル」と言う意味が、自分自身の実感として理解が出来ないでいます。

「いつになったら母への苦しい想いから解放される?」


IMG_4027222.jpg

母を持たなかった私の、軽薄な意見ですが

お母さんが変わる事は、おそらくないように感じます。

もしも変わるとするならば、自分の人生が、

緩やかに変化して行く事によって少しずつ変わるかもしれません。


まだ子供が居ないなら、子供を持つと少し変わり

それは「母を理解する」と言う意味ではなく(理解する必要などない)

完全に自分が「母になる」と言う体験をする事としてです。


「母親が嫌い」「母親が間違っている」と思っているはずの自分の心。

しかし実際何より大きいのは

「母親ならば」とか「母が言ってくれる事はやっぱり自分のために」

そんな想いが底にあるから。

IMG_0611222.jpg

心と言うのは常に救い道を自分に見つけるものなので

実際は「母が間違っている」と思っていくら叫んでも、

心の根底には、自分に対する救い道をつけていて

「それとのギャップが本当の苦しみ」のように感じます。


もっと分かり易く説明すれば、

実際に虐待をウケている子は、最後の最後まで自分が「虐待をされた」と言う事を

認められないからと言う多くのケースが、それを証明しているのでは無いでしょうか?


そして、いつしか自分が「娘を持つ母になる事」で

それまでどこかで自分の中にあった「母親だから逆らってはいけない」と言う

自分でも気が付かない「潜在意識の呪縛」から少し解かれるかもしれない。

と私の勝手な想像です。


「子供は親のカウンセラーではない。」

「親子だから許し合わなくてもいい。」


私はそう思います。


とてもナイーブなテーマに対して「不謹慎な発言」があったならば

心からお詫び致します。

IMG_2666222.jpg

私は決して立派な母親ではありませんし

離婚をし、娘の人生を変えてしまった罪深き母です。

「正しい」などとも思っていません。

けれど身勝手な感情から言えば

「母になって良かった」と、その悦びだけは今もこれからもずっと感じてゆくと思います。


娘が見える場所からでも、見えない場所からでも。

母になって、私が1つだけ確かに授かった言葉は

「ありがとう」

最初から最後まで、娘を見て自分の中で響き続けるのは、その言葉なのでしょう。


そして確かな事は「母だから優しい。」

「母だから自分の事を一番に理解してくれている。」

ではなくて「この人の中から自分が産まれた」と言う事実だけなのかも知れませんね。

そして今の母と娘の「ずっと先にある着地点」が、少し変わる事を信じています。


今日もあなたが精一杯手をのばす空に敬愛を♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村







「サンタさんへの手紙」
「サンタさんへの手紙」

娘が小さな頃、いつもクリスマスの前日に

「サンタさんにあげるねん。」と娘が書いておいていた手紙があった。

そして私はそれを当日「そっと」箱の中にしまう。

こんな事が長年続き、娘が高校へ進学した頃だったか

2人で部屋の片付けをしていた時に、この箱の存在を忘れていて

娘の横でうっかり開けてしまった。。


…う。。


き…気まずい。。


サンタ3


サンタさんの存在は娘の中では当然変わっていた年齢だったけれど

それでもやっぱりこの箱を見られてちょっと申し訳ない気持ちになった私。

「箱の中身をガン見」してるだろう娘の気配をビンビンと感じながらも。。

何事もなかったかのように(平静を装える性格ではないので、しっかり顔に出ていただろうが。。)

そそくさと箱を片付けた(つもりの)私。


そしてさっき、押し入れの天袋の整理をしていたら、この箱がぽんっと落ちて来て…。


サンタ1


中に入った娘のメッセージや折り紙で作ったサンタさんへのプレゼントを見て

「ぷぷぷ」と、その単細胞の素敵さをこよなく味わいました。


そして。。昨日、おでかけから帰宅したら一足先にサンタさんがやってきた♪

わぁ〜い♡

「クッキー♡クッキー♡チョコレートぉおお〜♡」


IMG_3991111.jpg


サンタ2


ユニット「Akari」の相方「Eriサンタ」からでした♡


早速、迷い無く「ど真ん中から食べた女」です。


「Eriサンタさ〜ん♪ありがとぉ〜♡」「みんなで食べてね!!」「みんなで」と声が聞こえる。。)


IMG_4000.jpg


何かいやでしょ?(笑)

朝っぱらから、夜ご飯の準備を終え着々と片付けておりますが。。

「凄いわね〜♪」なんて言われるけど、「オール電化は時間帯!」

なので、これは節約!なのです。

朝の10時までに色々と家事をすませておくとお得だから〜♡

「夜も9時には寝てるしね。。」

血圧は上が90とまぎれもなく「低血圧」だけど

朝は「シャキーン!」(低血圧をテンションが追い越している)


さぁ。煮物のいい匂いと一緒に、今日も1日まいりましょうか〜♡

(そう言いながら、またチョコレートをほおばっている。。)


今日も最高の1日を♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「ちょっとご褒美の日」
「おはようございます

12月に入った事にも気が付けないままにカレンダーが恐ろしく早く進んでいるような

気がしています。

毎年「12月こそゆっくり」と思いながらも、本当に1日1日があっと言う間ですね。


12月はイベントも多い月ですが、今年はめっきり控えさせていただいております。

理由は簡単。

「娘の大学進学資金を、ギリギリになって必死で貯めている愚かな主婦」


だからぁああ〜♪♪♪


IMG_5903222.jpg


この週末に友人に誘われたクラブへ。

(みんな○十年ぶりで。。かなり笑える状況です。違う意味で、凄く盛り上がると思われます。)

しかも、そちらのクラブは「予算が優しい♡」

それで、今年のお出かけ予定はおしまい。

友人たちと「ほぼノーマネー」で集まる事はあるでしょうが(笑)


「何かと付き合いが悪くなっておりますが、どうぞご容赦くださいませ♡」


みんなが普段から、小さな目標を達成している日々だと思います。

そしてこんな私にも、コツコツとしてきたことがほんの少しだけ。

ほんの少しだけれど、ホントに日々こつこつと小さく(笑)

今日はその「ちょっとご褒美の日」です。

ありがたく、ありがたく、うけてこようと思います♡


IMG_3937222.jpg


今日も最高の1日を♡


ぷぅいぃいい〜〜ん♡(飛んだ!)



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「謝る事は負ける事?』
ネットから、ふと目にした言葉がありました。

「謝ったら負けと思っている人もありますが、こちらから、私が悪かったと一言をかければ、

わだかまりが氷解する事もあります。その一言を先に言える人が、大人であり強い人なんですね。」


この方の仰りたい道理は、通っていらっしゃると思います。



この記事を読ませていただいた事から

「別の観点としてのいつもある想い」
を、個人的に書き留めておきたくなりました。


IMG_8526222.jpg


「謝る」か「謝らないか」

私はどちらかと言えば「謝る方」だと思います。

けれど、それは「強い人」や「大人」と言う事とは、ほど遠い場所からのものです。


ひっくり返すと、謝れない人が「弱い人」で「子供」だと言う事になってしまう。

そうなると余計に

「僕は悪くない。私は悪くない。だから謝らない。」と、そこに執着してしまうような気がします。

人とはつい、そんな小さな世界を自分にあてがってしまう生き物だと思います。

どこまでも広い世界を旅する事も出来ると言うのに。


IMG_3666111.jpg


「謝ると言う行為」は、確かに大切な事ですが

自分が選んで出逢った大切な人への「愛」と比べると「ごまつぶ」みたいなもので

自分だけが感じている「愛する人への想い」が

そこに固執する事で、埋もれてしまう事だけはしたくないと、いつも思うのです。


「どちらが正しいか」


言いたいときは沢山あります。

実際に口にする事もあります。

けれどそれが「感情論」ならば、最後に正解があるならば「どちらも正しい」

それで終わり。


大人になって「スムーズに事を運ぶ」ための小さな手段として使ったならば

もうその宝物のフタは開く事は無いでしょう。

まぶしい想いに目を細める事も無いでしょう。

相手が心から悦び、流す涙を目にする事も無いでしょう。


IMG_8560222.jpg


「人の感性をなめたらあかん。」

「選ばれた人」と言うならば、それは「全ての人」にそなわっているもの。

どんな人にでも「感性」は備わっていて

心に誠実にフィットするかしないかは、嫌でも伝わるもので。。


いくら上手に出来たつもりでも、感性はすでに「お見通し」

ならばむしろ「私は悪くない」と、それが心の通りならば

声を出して感情に従う人の方が、私には感じるかもしれません。


「こうすればこうなる」じゃなくて

「女だから」「嫁だから」「母だから」

「男だから」「旦那だから」「父だから」

いいえ。そのまえに


「あなたが居るから」

「そこにあなたが居てくれるから」

私にとって生きてく事は「温かいこと」「感じ響かせ合うこと」


IMG_8556222.jpg



愛する事だけは、おそれない人間でいたい。

そこからは何があっても後ずさりはしない。


IMG_5322222.jpg


昨日は、このブログの曲を聴いて頂き、本当にありがとうございました。

曲のCDは、まだ作る予定がなく「完成版」と言う段階でもありませんので(笑)

また、進行があればコチラでお知らせさせて下さい♡


今日も最高の1日を♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「ブログの主題歌」発表しま〜す♪
おはようございます。

昨日、お休みの相棒さんにお家で「レコーディング」してもらい

と言うか。。実は「仮歌」(曲のバック演奏の肉付けを創るために仮に入れる歌のこと)なんですがね。。

朝っぱらから出ない声で録音しました♪

娘がいよいよ受験一ヶ月前でしかもテスト前。

午前中に学校へ行ってる時間しかレコーディングが出来ないのです。(笑)

だから「朝レコ」(響きはいいが、声が出ねぇ。。)


ムービーの制作とアップロードの際に、音質が劣化したため、

少々ノイズが入っております。

どうぞお許し下さいませ。(大雑把なO型)


「La Douceur」〜葡萄色の夜明け〜  作詞・作曲・編曲「Akira」



むらさきの空が 明るくて もたれていたのよ

風がどんなに ざわめいても 今も これからも

ああ 葡萄色の夜明けのうた

La Douceur(ラ・ドゥサー) 
La Douceur

「涙色の空には もうやさしさが染みてしまった」

葡萄色の夜明けのうたになる

La Douceur
La Douceur

さあ うたいましょう

Lalalala…

さあ うたいましょう


是非とも新年会ライブで「生音を」聴きに来て下さい♡


あと1曲の「跳ねる子鹿の歌」(タイトルではありません)は

また後日、アップさせていただきます♡


昨日は、レコーディングをしながら白菜を切り、れんこんを切り


「マイクと包丁を持ち替える女」になり


「美味しいご飯をしっかりと完成完食」でした♡


IMG_3123222.jpg


「女だから」「妻だから」

作るのではないのです。

あの日あなたが嬉しくて震えた瞬間を忘れられないだけ。

それだけなの。

温かな涙が私の中で血液みたいに流れて声をあげてる

この唄も料理を作ることも。



今日も最高の1日を♡




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「森の子鹿」と「りんごけぇき」と「おんがく」と
おはようございます。

すっかりと日の出が遅くなって、明ける空が待ち遠しいこの頃です♡

IMG_3983222.jpg


今日もまだ休日の我が家。(相棒さんが)

先日告知させていただきました「新年会でのライブ」

とにかく「美味い」「楽しい」の3時間を

びっちりと過ごして頂けるように(「美味い」はお店に安心してお任せ♡)

「楽しい!」「南蛮キセル」の十八番!

とにかく来たお客様を盛り上げずには帰しません!!

もう乗り乗りの曲のオンパレード。

みなさんが慣れ親しんだ「あの曲この曲」で、どんどん盛り上げちゃいます♪

私が好きだったのは「あの鐘を鳴らすのはあなた」

「ばんざーい!君を好きで良かった〜!!」とか

リンダ困っちゃうの「狙い撃ち」などなど…。

IMG_5710222.jpg


もうあげればキリがありませんのですがね。。

とにかくバンドサウンドと言うだけでなく、ハイテンションなメンバー♡です♪

ヴォーカルのゆうさんはもちろんの事、

キーボードの長野さん。指から出血するくらい
(長野さん。ネタにしてすみません!)

の演奏魂で♪

実は「私が一番ワクワク」なんですがバレてますよね?(笑)

んで、そんな彼らのステージをめーいっぱい温めたい私。

今回は「アダルトなダンスナンバー」でみなさんに身体を揺らしてもらおうと

考えております♪

「アダルトなんだけど、身体がじっとしてられない曲」


テーマは「深い森で跳ねる子鹿」

ん?

「子鹿ちゃん?」「こども?」

どどど、どこが「アダルト」やねん?むしろ逆やん?

thumb5.jpg

(PHOTO お借りしました!)

「そ〜んな〜の わったしぃいい〜が きめるのよぉおお〜♪♪♪」


…失礼しました。

「主人公が道を探して森で彷徨う中、跳ねる子鹿に導かれる」

そんなイメージで作りました♪


20110929201335f64.jpg

(イラストお借りしました!余りにも曲のイメージにぴったり♡)



この曲とあと1曲、ひとまずの輪郭を作りました。

もう1曲はこの「ブログの曲」です。

パソコンからご覧の方はブログタイトルの「La Douceur」をクリックしていただけると

現れる「詩」があります。↓


葡萄色のテンプレート700文字入り


そこに初めて曲を付けました。

いつか作るつもりではいましたので「今でしょ」と♪

「悲しみと安らぎが波立つ曲」に仕上げました。

告知をさせていただいてから速攻で2曲、ひとまずの輪郭を完成させました♪

今から相棒さんに軽くレコーディングをしていただくので

(朝一からの無謀さ。。声出るんか?(笑))

ライブまでに、このブログでも「曲の一部をご紹介出来れば♪」と想っております♪


IMG_39752222.jpg


んで、曲を作りながら「甘いもの食べた〜いい!!」と何度か叫び

ほぼ作らないであろう「スイーツ」を作りました。

と言っても「炊飯器で簡単スイーツ」ですがね(やっぱり。。)

ヴォーカルのゆうさんからいただいた私の大好きな故郷「長野県」の林檎。

ありがたく、ありがたく食べております♡

「ゆうさん、みゆちゃん。いつもありがとう!!」

「今回も、とっても美味しくいただいております♡」

IMG_3976222.jpg


さぁ。

パーティーはこれから♪


IMG_5753222.jpg


残り少ない今年なのに、来年の話ばかりで失礼しております。

去年の年末と比べ、至って平和に暮らせる日々に何よりも感謝しています♡

みなさんも忙しい12月。

寝不足や忙しさもありますでしょうから、どうぞお気を付け下さいマセ♡

今日も最高の1日を♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「学生時代の私と記憶」〜そして癒される時〜
今朝、親友のりすざるちゃんから電話がかかってきました。

いつも元気な彼女の声は、記憶に無い亡き母を想像させます。

本当に優しくて大好きな声。

彼女とは同じ高校だったけれど

友人になったのは、高校を卒業してからの事。


私の学生時代は「ギタリストだった兄の病と向き合い続けた日々」

IMG_3463222.jpg

彼は思春期に大好きな母を亡くし、その寂しさを埋められないでいました。

私が中学生の頃に「ポエム」が流行し、私もそれにのっかって色々と書いていました。

おそらく兄はそれをたまたま読んだのでしょう。


ある朝 兄から「アキラちゃんへ、学校へ行ってから読んで。つよし」

表書きをした封筒が机の上にありました。

私は急いで学校に着き、すぐさま封を開けると

そこには「母を想う」と題された詩が綴られていました。

彼は決して文才が在る訳ではなく、ましてや兄の「詩」など、その時に初めて目にするものでした。


お世辞にも 達筆とは言えない文字を追うごとに、

ぽろぽろぽろぽろと 止めどなく涙が溢れて来ました。

心配顔の友人に見せると、彼女の方が声を出して泣き出しました。


彼が込めたものは「伝えたい文字」ではなく「命そのもの」でした。

それまで自分の書いていた「ポエム」と言うものがとっても恥ずかしくなりました。

そんなエピソードも懐かしいです。

その兄が、ある日私にこう言いました。


「アキラちゃん。お願いがある。僕のお母ちゃんになってくれへんかな?」


9歳も年下の、まだ中学2年生の私に放たれた言葉でした。

まだ沢山の事を知らない私は、それをそのまま受け止めました。


「うん。いいよ。」と。


IMG_1856222.jpg


その言葉を抱き続けた、中学、高校時代でした。


高校進学の時「私は高校へ行ってる場合ではないからいいです。」と言い

先生を困らせてしまいましたが、本気でそう思っていました。


「大切なのは家族」


けれどどうしても「高校だけは行った方がいい」と仰る

先生の言葉に抗う精神力さえおしく(当時の私にはどうでも良かったのです。)

流されるまま、受験の記憶もほぼ無いままに、気が付けば高校へ進学していました。


その高校生活は、1つ年上の彼もいたし、友人もいたし

市内までヴォーカルスクールにも通わせてもらったりと、表面的には充実していました。

けれど、中学生から高校生の時の私の記憶に鮮明にあるのは

山積みになったデーターのような「兄の記憶」だけ。


独学だけど、必死で学んだ本は「精神心理・臨床」関係の書物ばかりでした。

死ぬ程ページをめくり、実際の兄の症状や原因を深く照らし合わせていました。

ゆくゆく入院するようになった岡山県の病院の医師や心理療養士さんからも

実践を通して沢山の事を学ばせていただき、

私自身も、人と関わる重大さを日々自問自答していました。


今でこそ、ひらかれた「心療内科」と呼べる場所。

当時はまだまだまだ閉鎖的でしたから。


IMG_1848222.jpg


そして、最近子育ても一段落したところで

学生時代からの友人から、連絡を貰う事が増えて来ました。

私からすれば「え?私の存在を、覚えていてくれたの?嬉しいなぁ。」

と、そんな率直な感動を覚えます。


私が自分の道を見つめ出したのはおそらく19歳。

今から振り返っても自分の中では「激動の年」でした。

色んなものを捨てて、底の底まで見たいとはいつくばった時期でした。

怖れを知らない時期でした。

けれど、ようやく自分を手にして歩き始めた時期でした。


学生当時の私はどんな人だったかなんて、全く説明がつかないけれど

19歳からの自分は「こうして生きる」と決めて歩いて来た道のりの中の自分でした。

バカな事も、学んだ事も、全てが兄に通じる事ではなく「私」でした。


IMG_3421222.jpg


小学校、中学校、高校と、「学校や先生が大好き」と通い続ける娘。

まるで私の果たせなかった学生時代の感覚を、

私の分まで過ごしてくれているような気がふとしました。


今頃になって、親になって、高校生の娘を持って、

初めて「当時の自分を客観視出来る時間」が訪れたように感じます。


IMG_1145222.jpg


「懐かしいね。」

「良く頑張ったね。」


と、時々は自分自身に呟いてもいいような気持ちになりました。


おかげさまで兄は、今は静かに自分の暮らしをつつましく取り戻しています。

「ギターは自分」なので、

弾く場所こそ変わりましたが、彼が生きる限り止む事なく鳴り続けるでしょう。


人が本当に癒されるには、

すさまじいまでの家族の決心と、歳月が必要なのだとちょっと真面目に思う朝です。


学生時代の友人たちへ

あなたたちの事、なんとなくしか記憶にない私でごめんね。

けれど「私を覚えていてくれてありがとう。」

「逢いたい」と言ってくれて本当にありがとう。

今から「楽しい学生生活」

お財布の中身と相談しながらの私と、これからも一緒に過ごして下さい(笑)



「みなさん今日も最高の1日を♡」


「あなたが居るこの空を、今は体中で抱き尽くしたい。」

IMG_1815222.jpg

(販売中フォト)





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「イノセント」〜朝日の当たる場所から〜
IMG_3952222.jpg


朝一番の来客は 音を立てずに入り込んで


右手でそこかしこを無実に照らしながら


左手で眠れぬ夜の食べ残しを温めてくれる。


IMG_3971222.jpg


イノセントな遊び心を 風船みたいにふくらませて


ふんわりふわりと 心地よく浮かび立たせている。


IMG_3958222.jpg


「いったい何がおこるのだろう?」


嬉しい覚悟が 今日をもたげる。


IMG_3954222.jpg


思い惑う懺悔は夕飯で


コトコト煮込んで出来上がり。


あくる日の来客に 少しのこして。


IMG_3960222.jpg



「今日も最高の1日を♡」




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「元気を出して」
あさです。


「起きて下さい。もう朝日さんが唄っていますよ♪」


IMG_3950222.jpg


まずは朝のごあいさつからね。


「おはようございます。」


出来るだけ元気良くね♪ 今日の1日がこれで決まりますから♪


IMG_3951222.jpg


ほんとはあとちょっとだけ 眠っていたいんだけど、、


IMG_3948222.jpg


ほんとは ほんとは もうちょっとだけ、隠れていたいんだけど、


IMG_3949222.jpg


朝がきたのです。


IMG_3947222.jpg


服を着替えて


IMG_3944222.jpg


あなたはあなた。


わたしはわたし。


さあ まいりましょう。


IMG_3943222.jpg


にこっ♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「Open The Door」「Open Your Heart」
何の取り柄もない私が

日々考え、コツコツしてきたものと言えばこれぐらいで。

それでも「専業主婦ならば当然」と言われる射程圏内で。


IMG_3922Akira.jpg



「いつもありがとう。」



一緒に居てくれて、産まれて来てくれて本当にありがとう。

あなたたちが健康で、笑顔いっぱいで居られるように

毎日毎日、食卓の上に小さな宝石をばらまくみたいに

日々の感謝の気持ちを、時間を使って出来るだけこめてみる。


IMG_3893222.jpg

(アボカドのフライ。オニオンマスタードソースで)


これしか出来ないけれど これなら私に出来るかな?

疲れた顔も、悩んだ顔も、一瞬で扉を開ける魔法があるなら。


「Open The Door」

「Open Your Heart」


肉巻き

(肉巻きおにぎり、ピクルス、焼豚、おから煮)


お気づきでしょうか?

肉巻きではなく「肉巻けてませんおにぎり」(笑)

豚バラが少々ぶ厚かったので、綿棒で叩けばよかったのに

「大雑把なO型」

「いいのよいいよのこれくらい〜♪♪」

そして我が家の2匹は、そんな事はもろともせずに平らげておりました。


「肉巻きおにぎり」

実は、この前日「林檎ちゃんのコンサート」があって

それに出かけるため、学校帰り時間ギリギリのに、車中で食べさせるためにこしらえたのでした。


IMG_7172222.jpg

(サッカー観戦用弁当)


その日、相棒さんは、ゆっくりご飯を食べる時間があったので

「とりあえず1つは食べられるようにしておいてあげよう♪」

1つを口にすると

「あと10個食べたい!!」と主張したのでした(笑)

で、そんなに主張したので

昨日のお昼に再び「肉巻きおにぎり」を作りました。

そりゃあ大喜びで、10個とは言えませんが怖いくらいに食べていました。



今日も素敵な一日を♡

大切な人の笑顔が光輝きますように♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。