〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「信じられない!憧れの人とまさかのステージ!」只今宇宙に浮遊中
あーー。


あーーー。


「放心状態」でございます。


IMG_9840akira.jpg



昨日の出来事。


本来ならば、このブログ。激務からようやく解放された相棒と



「2人で大自然を満喫ーー!いぇーいい!」とか


IMG_9752akira.jpg


「やったっぁーーー!!代休ーーー!!」的な




「ベタなタイトルのブログ」のはずでした。

IMG_9909akira.jpg



しかし、大自然の帰り、相棒と立ち寄ったお店。


「D45」HPはコチラ



実は最近私が「営業時間外」に、お世話になっているお店でして。。(なんでやねん)



11009095_363863617156136_2538850826984726905_n.jpg



そう。


「なんでやねん。」


なので、昨日のドライブ帰り、相棒が一度オーナーさんに


「Akiraがいつもお世話になっているので、是非ご挨拶を」


と一緒に立ち寄ったのです。




お店に入ると、格好いい女性がいらして、気さくに声をかけて下さり、そしてステージで唄いはじめられました。


1ステージ目は「カヴァー曲」でした、、


IMG_0089akira.jpg


「あぁ響くわー。素敵やわー。何ていい日に来たのだ!!」


たいそうご機嫌に、歌声に心を略奪されていたところ…



「ん!?」




「ん!?」



「この声…この歌い方!!!??」



「ずっと昔から知っている??」



私の血液中に流れる細胞が、脈々と波打ちました。



そして中学時代に、カセットテープがすりきれるくらいに聞いて歌った「枕詞」だ!!!



「あの方のお声にちがいない!」




と、確信致しました!



ご本人も、お店のオーナーさんも



「良く分かったねーー!?カヴァー曲を聞いて分かったなんて、むしろそれが凄いわー!」



そう驚いておられましたが。。





「分かるに決まってるじゃないですか!」

「どんだけ聴いたとおもってるんですかーーー!!!!」




私が中学時代に憧れ続け、高校の時、ヴォーカルスクールに行くまでの間


1年間だけ所属していた「フォークソング部」で歌った曲。


「枕詞」(まくらことば)



歌は、すりきれるほどに聞いたのに、私は名前もお顔も存じておりませんでした。




もともとあんまりそっちに興味が無く


大好きな曲でも、周りがびっくりするくらいに「名前と顔」を存じ上げて居ない方が多いのです。


そこに対して全く興味が湧かないと言うよりも


「曲を受け止めるだけでいっぱいいっぱいの体質」です。


11024700_363863513822813_7025822666646994263_n.jpg



中学生時代。

当時「ポピュラーソングコンテスト」なるものがございました。

今でこそ、沢山コンテストはありますが、私の時代はこれが「プロへの登竜門」でございました。

テレビ番組ならば「スター誕生」でしたね?



「ポプコン」と呼ばれておりましてね。。


その「ポプコン」で幾度も入賞なさっておられる方。「藤田久美子」さま。


この時は「あみん」が「待つわ」で全国優勝した年でした。




しかし、中学生の私が当時、カセットテープがすりきれるほどに聞いたのはこの時


エントリーされていたこの彼女の曲だけ。


「何て歌い方をなさるのでしょう?」


「こんなにも、音符から音符への空白が繋がって


絶対値で景色が途絶えない歌い方ってあるんだなぁ。」




IMG_0124akira.jpg


「魂の歌?」



いえいえそのような表現はありきたりすぎて



「無音の時に、さらに感じさせる歌い手さん」


とか。。



あーーー。


ボキャブラリッィーーーー


たりねーーーー。


こんなんじゃないーーー。


彼女の名前を検索させていただきました。

あんまり沢山探したりするタイプでは無い私ですが

彼女に魅了された方のこのような記事が、すぐに飛び込んでまいりました→


ま!聴けば分かるわ!

それが音楽なのだから!





私が慕い続けた曲「枕詞」です。




なんとこの「枕詞」を歌われていた当時、「彼女は十代だった」のです。


…ジュウダイデ コノウタヲ ツクッテ ウタッテイタ…



…ソレヲシッテ…



…サラニ…



…オソレ オノノイテ オリマス…



数々の有名アーティストさんにも「楽曲を提供」されていらっしゃいます。


その中の1曲。この歌も、私が昔よく歌わせていただいておりました。



「想い」





そして昨日、この歌を、ご本人と一緒のステージで歌わせていただきました。


いや。。本来ならば「客席で聴きたかった」


「ホントに歌ったのかな?」


「ホントかなーーー?」


まだ、まだ、現実を受け入れられておりません。


IMG_0039akira.jpg



ご本人を前にして「図々しい振る舞い」ばかりをした記憶が「何となくある」くらいです。


分かった瞬間に「キャー!!!!!!」っと飛び上がるどころか


「ぽっかぁーーーーーーん」


終始「ぽっかぁーーーーん」としながら



ご本人に、彼女の歌に対する私の想いを、少し打ち明けていた様な記憶がございます。



「どうぞどうぞ非礼をお許し下さい。」


「そしてそれが今後続いたとしても、その時も、またその時もお許し下さい。」



11227557_363863563822808_6980368599710799317_n.jpg


ー 昨日、あなたに出会えた事は、きっとあの時から決まっていた。 ー


そんな風になど、到底思えない出来事でした。



「フジクミさん♪」


あなたの名前も顔も、全く存じ上げなかった失礼な私です。


けれどあなたた私に植え付けた細胞は、ずっと身体が記憶していました。


私の琴線に触れ続けていたあの曲、あの声、


まさか目の前で、そしてコンサートホールではない、私の大好きなあの空間で聴かせて頂けるなんて、、



あーーーーーーー。


あーーーーーーーーーーーー。。




あ。。こんな話しもあっったのですよ。


私がヴォーカルをさせていただいております、ユニット「風美」のリーダー「くろべ兄」


私と出逢った頃、暑苦しく語ってくれた事があります。(笑)


IMG_0140akira.jpg



「僕は、女性シンガーは彼女がいるからいい。そう思って来たんだ。」



と、そのお話しを、何度か聴かされていた


その方が、まぎれもなく「藤田久美子さん」



何とも私と深いご縁があったお方だったのだと


その偶然にも驚き、「ようやく一致した夜」でもありました。


IMG_0126akira.jpg


けれど私はまだなんだか現実的ではなく、しっくりときておりません。


あーーー。


あーーーーーーー。


どうしようーーーー。


生きていて、おんがくやってて良かったわーーーーーー。



そして彼女の曲。なんと「あきら」と言う曲もあるのです!!


ぎゃーーー!私の名前ーーー!(を呼んでいる訳では絶対にない。。)


「あきら」






これから彼女の歌声を「生で聴ける悦び」が、尋常じゃないですわーー。



あーーーー。



うれしいーーー。



あーーーゆめじゃなかったのよねーーーー。




昨日「D45」でご一緒下さいました全ての方に、もう感謝しかございません!!


最後にみんなでステージに上がり「ルージュの伝言」歌わせていただき、楽しかった♡


これからもどうぞ宜しくおねがいします!!


マスターのジャックさん♪



ようやく本営業にお邪魔させていただき、とても楽しかったです!!


IMG_0084akira.jpg



「みなさーん!あーりーがーーーとーー!」



と言うことで、いつも以上にしばらく「ぽっかぁーーーん」としております。





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
「向かい合うエクスタシー」あなたを表現し尽くしたい
ここ1年くらいのこと。


「津波」のように、節目の大切なご報告ばかりいただいております。


私は一体、どれだけの方々の「大切な節目」と、向かい合う機会をいただいたのでしょうか?


29879706BLOG.jpg




今は一足飛びに悦べない事態のように思えても、


その誰1人として心配でないのは、


彼ら彼女らを「心から尊敬しているから。」と、心地よく着地する心。


07BLOG.jpg




小さな私自身に自信などは無くとも、


この「友人たちに対する誇り」は、昔からずっと私を確かに支え続け、叶え続けてくれています。


さー。私も折り返しです。


ぼちぼちといい年齢にもなりました。(笑)


bb08ae24f949acb75f74a474d9b6fd38.jpg




「負けず嫌い」より「負ける快感」を、腰が抜けるくらいに浸透させてゆきましょう。



「讃えられる」より「讃える真実」を、これまで以上に串刺しにして、踊り狂ってまいりましょう。



これが今の私が「みじろぎもせず握っている世界」



たまに転びますが、すぐさまあなたたちの存在が私を興してくれます。


01_1_2.jpg




みんな美しい。


みんなが眩しい。


これから先はもっとずっと、そうなるような気がしてならない。




「エクスタシー」


ー快感が最高潮に達して、無我夢中になるー



01.jpg



あなたたちに「無我夢中」になる。


奪われ慕い続けるこの心。


さあ、折り返し地点の私の行く手はここに。



と、朝4時に目覚めて思い、ブログと化す(笑)


10525446-魔法の本、創造的なコンセプト-イメージにページから出るイギリスの田園



人を見つめる事は心を「観音開き」にすること。



そうすれば、見つめる先はおのずと「左右対称になる」と云うこと。



F201210250817063266516192.jpg



まぁ、まったく有り難くもない「たんなる私の講釈」でございます。


けれど確かに、あたたたちから感じ、いただいたものではございます。



さ。花壇に水やり。










☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
娘よ「いい女」になってはいけませぬ


「お母さん。母の日は居ないから少し早いけど渡しておくね。」

_7496047596558280971_n.jpg



「いつも本当にありがとう。」


この言葉が嬉しい。


数日前に娘からいただき、うれしくて飾っておりました。


11196295_359759830899848_4067542734061024698_n.jpg


「来年成人式」


大きくなったのかなぁ?


ホントかなぁ?



11038792_358525834356581_5917452161929542489_n.jpg



まだまだ特定の男子とは、ご縁が薄そうな娘。。



成人式を前にした娘へ



「母の日」として、母から手渡したいものは


IMG_9545.jpg



娘よ



「いい女」は なりませぬ。



「いい女」と呼ばれる女になってはなりませぬ。



IMG_9566akira.jpg



どこかのページに「男が考えるいい女の条件」、、



1.落ち着いている

2.優しさがさりげない

3.どんな他人にも優しい

4.経済的にも自立している

5.マナーを持っている

6.エレガントさがある

7.包容力がある

8.少々のことには動じない。


なるほど。

IMG_9550akira.jpg



このような女性は確かに魅力的です。



素直にそう思います。



しかしながら…


IMG_9557akira.jpg


このような箇条書きにあげられる


そんな「女」にならないで下さい。


そしてそれは


「変わり者におなりなさい」と云う意味とは対極でございますので、何卒、誤解無きように。


IMG_9546akira.jpg



もしも彼が(将来的に。。)あなたに


この項目のどれか1つでも掲げて嬉しそうな時は


その時はあなた自身が彼の事を、


この箇条書きに当てはめていると云う事にだけ、どうか気が付いて下さい。


「はっ」として下さい。



img096akira.jpg


「お母さんも人間なんだから泣いてよ。」


「いつも人のことばっかり、、」


難病になった私に向かい、普段口の重い、小学校3年生のあなたが口にした言葉です。


10985381_359759804233184_4898694771210617556_n.jpg


「どうぞあなたはそうなりませんように。」(笑)


「何よりもの申すDNA」ですからね。




最近ますます「似てる」と思う事が増えて来た今日この頃です。


食いしん坊ぶりも母譲り。


先日のお出かけでも「お母さんと一緒に居ると一瞬で太る!!」と口にしながら


美味い物をぱくぱくほおばる娘でした。


11214221_358525851023246_5164653719373507584_n.jpg



まーーー。


「いい女」にはなれませんね。


あんしん(笑)



img092akira.jpg



数え上げないで。


あなた自身も、そしていつか訪れる愛しい人のことも。


石ころみたいに まあるく笑っていて。


「まあるく可愛い子になりますように」


あなたが産まれた頃から繰り返した母の呪文です。




「今年もありがとう」



母の日の「戯れ事」なり。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




愛しい彼と土間の上
昔むかし

懐かしい匂いと共に

土間のけむったようなしめったようなきゅんとなる匂いの奥に

そっとこっちを向いて立つ人がおりました。

img3199c22czik7zj.jpg


あきらちゃーーん。

あそびましょーー。

はあーいーーー。

あそびましょーー。


IMG_1099.jpg



3泊の出張から帰って来た相棒。

家に着くなり大騒ぎ。

「あーー嬉しい。帰って来たぁ。。」

「うあーー。あきらちゃんがいる。。いるよぉーーー。」



玄関に立ちつくし、、真っ黒に汚れた顔がちょっと泣きそうで

こっちを見てなんとか立っているごようす。。

慌てて荷物を持とうと駆け寄る私に

「いいからね!持っちゃダメ!」

「いいからねっ!!」


とてもしっかりした口調でおっしゃいます。


IMG_3528blog.jpg


やがて、へなへなへな。。と洗濯機の前に座り込み。。

真っ黒になった荷物を一緒に開ける。。

すると突然「きゃーー!!」と女子顔負けの叫び声。

「ムカデちゃん」一緒にご帰宅。

あらゆる虫が一切ダメな彼。。


さらにどっぷりとおつかれになられたごようす。。


IMG_6618blog.jpg


ようやく一段落して、食卓に腰をかける。

「やっぱりあきらちゃんのご飯が一番美味しい。」

一品食べては「おいしい」

もう一口食べては「おいしい」

すでに食事が終った私を向いに座らせ、満足そうに食す。



こんな時、いつも昔のエピソードを思い出します。

私がご飯を作った時ぐっと背中を上げ

「おいしい」と俯き、泣きじゃくった彼の姿。



ー私が今もご飯を作る理由はそれだけー


08-0526dblofg.jpg



彼が帰って来るので、部屋のこしらえをしておりました。

部屋の所々に、夏のモノを置き

彼の「枕カバー」ひんやりさらさらのものに。

腰掛ける「ソファーの座面」に気持ちよい肌触りの「ジャージ素材の布」をかぶせたり。。


とにかく彼の肌に触れる物をさらっと、柔らかくこしらえておりました。


img_1.jpg



「わぁ。気持ちいいなぁ。うれしい。ありがとう。」

「うれしい。ありがとう。」

何度も何度もその声が聞こえて来て、


最後の最後に眠りにつくまで、

「うれしい。ありがとう。」

寝言までもおっしゃいますか?(笑)


bubble15.jpg


愛しい人の口から、いくらでも出てくるシャボン玉が

部屋の中にまぁるくキラキラと舞っておりました。

昔感じた、懐かしく切ない優しさに似ています。


記憶には無い母の呼び声まできこえるみたいに。


img60071681blog.jpg



ねぇ。


お母ちゃん?


愛しさあまってしまった彼は とうとう


「母性本能」まで産んでしまったかも知れません。


あなたの分まで私を抱きしめてくれているみたいです。

MOMO4268.jpg



つめたい土間にほっぺをぽちょんとあて


ティースプーンを毎度口にくわえ


シミーズ姿で寝転んでいる子供の頃の私。


何故かその写真ばかり思い出しておりました。



◯◯ちゃーーん。

あそびましょーー。

はあーいーーー。

あそびましょーー。


IMG_7272blog.jpg



土間の上で「シミーズ姿の私」と、「パンツ姿の彼」が見えました。

「にやり」「にっこり」「えへへ」

とにかく向かい合っては、ただ嬉しそうに笑っております。



あ。。決して今を想像したりなど致しませぬように。。


どうか…。



IMG_7171akira.jpg



「あぁ今日もわらってくれるんだね。わぁ…」


「はい。」


これから先も、何があっても笑っているでしょう。


あなたがとっても嬉しそうだから。


生きていて良かったと言ってくれるから。


PA2602111.jpg


私が欲しいものはこれからもたったひとつ。


土間の上のぬくもり。


心配性の彼の涙が土間にしみて


私の頬を濡らさないように。


ごめんね。


ごめんなさい。


ありがとう。





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
「よし。匂いのするヌードを撮ろう♡」
たくさんの出来事がありました。

こんなに数週間?(約1ヶ月)の間に。。私は色んな体験と、そして色んな約束をしました。


このようなイベントにも出ました。


「ごきげんいかが」  作詞・作曲/藤森るー



「CHOCOLATE ROAD」  作詞・作曲/Akira



この翌日ぶっ倒れた私を心配し、


お仕事に行きながら、かいがいしく身の回りの事をしてくれていた相棒が倒れそうになり


「来月からはお仕事をしない」と「一旦」決めました。


早い話しが、周りから、『相棒が倒れるからやめろ』と言われたのでございます。


10532470_986930594705069_8689579392036327377_n.jpg



ひとまずは、もとの生活に戻しました♡


残念無念でしたのが、、


ぶっ倒れている間に行くはずだったイベント。

11169860_986930478038414_4023054085720196188_n.jpg


私個人では、到底参加出来ないイベントが…


「Akiraさん。ゲスト枠があるからご招待いたします。」


まことにラッキーなお誘いでしたのに。。


レーサーや美人モデルさんが続々と待ち構えておられましたし、


「アートショー」がありました。(とても興味ありました。。)


司会の「梅田淳」(うめじゅん)さんにもちょっと逢ってみたかった(笑)


とにかく「撮り放題」(品格を下げる発言。。)でしたのに。。


真面目な話、私なりの視点をもうけておりまして「女性のパーツ」をとても写したかったのです。。


IMG_9520akira.jpg



「あーーーっ!ざーーっんねん!!!!!!」




んでね。


朝からお水ちゃぷちゃぷベランダの掃除をして


我慢出来ずに写真撮りました。


「生命」

IMG_9537akira.jpg

pricleちゃんから購入しておうちにやってきた子です。


んでね。


私の頭の中の「構想」が「好走」し出しました。。


女性のヌードを撮りたかったのです。



テーマは「香りとヌード」


IMG_9526akira.jpg


ヌードと言っても全身ではございません。


「背中」「膝」「花」(膝が肘になる可能性もアリ)


たったこれだけ。



写真で表現したいのは「美」ではなく「香り」


「匂いが立ちこめるような写真」

IMG_9540akira.jpg


「体温」の温もりでいっそう花が開花し


「花のかぐわしさ」で閉じた膝が開く


「到達点の香り」を感じて欲しい。


そんなカンケーの写真。。



撮れるのか!?(笑)



IMG_9524akira.jpg


「撮りたーーーーいい!!」



「さあ!!」



「あなたのお好きなお花を手にして、来てちょうだーーーい♡」


IMG_9532akira.jpg



とりあえず、家に来た人から脱いで行ってもらいましょか♪


さーーー。いつになるか分からんけど♪



ぼちぼちまいりまっしょ♪




じゃーー♡






☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。