〜葡萄色の夜明け〜
「なんでやねん」〜酒肴やらかんでもりもり〜
激しく日々を飛び散っております。

face bookの手軽さにハマり続け、ブログの更新が無くなり(笑)

お久しぶりでございます。



実はわたし。一人暮らしが出来ません。


何でかって? 「夜が怖い」のですわ。

あ・「おばけ」とか、そんな生易しいものではないのです。

とにかく「ざわざわそわそわ」して居てもたっても居られません。

そして私が1人暮らしになる夜が訪れてしまいました。。


矢も楯もたまらず「夜を共に過ごしてくれる友人」を探すことに。。

真っ先に呼びかけた友人2匹
「見事に捕獲!!」

誘った理由は、当日逢ってから知った2人なのだけどね〜♪


向った先は、私たちの大好きなお店。 HPはこちらよん→
「酒肴やらかん」 IMG_7500.jpg

あ。偶然にも前回のブログのメンバーと同じやん。(笑)

ウケる〜〜♡ (ノ∇≦*)



三人衆の「やかましさ」と「浅い脳みそを揺らす笑い声」に

この日、ちょっとばかし「ブルーテンション」だった「らかん」のママ。

私たちの「パワーテーブル」(笑)に吸い寄せられ着座。

すると
、天高くに「ブルー」をほおりなげ、もんどり打って笑っておられました。


ママちょっとぉーー!Akiraさん面白すぎて夢にでてくるわーー!!

(夢に出て来るのは、フツー恐怖では?(´∀`σ)σ)

 IMG_7435.jpg

いつも男らしい三人衆。この日は珍しく「女子会トーク?」

ご機嫌ママも交えて「4人で女子会トーク♡」


 
Akira:「どんな人が好き?」って言われても、そんなのこたえられへんわ。


ママ: え〜?私はこたえられるよ♪

「歯並びが良い人」と「手が綺麗な人」

あ!「食べ物の好き嫌いの無い人」も(即答)


Akira : う〜〜ん。。「好みのタイプ」ってやっぱり無いなぁーー。。

歴代の彼を思い浮かべても
、みんな性格違うからねぇーー。

(大して居ないのに見栄をはる。)

 IMG_7501.jpg
そして普段、平和で温厚な空気感満載の親友「Sちゃん」

テーブルを挟み、やや鋭い空気を発してきた。。

そして唇が動いた。




Sちゃん:「なんで??あるやん♪」



Akira:「え!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ」(焦る)



Sちゃん:あなた「気の短い人」ばっかりやん♪



 Akira:「え!??(゚△゚;ノ)ノ」(驚く)



 Akira:「うあーー!!ホンマやーー!!!
(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」

(お  そ  す  ぎ  る)



そしてもう1人の友人 「Jちゃん」

彼女はここ数年、お仕事でまともに睡眠をとれていない忙殺さ

気絶寸前の状態で来てくれました。(滑舌良くハイテンションで喋り続けていました。)

そんな Jちゃんがママにきりこみました。

IMG_7434.jpg

Jちゃん:そうやねん!!ママ聞いて!

おかげで私はいつも怖い目にあってきたんよーー!!

私、めちゃくちゃ怖かったのに、Akiraちゃんったら、

いつまでも「ぼーっ」と構えたまんまで

私の「再三にわたる忠告」も笑って耳に入れずに

結局めちゃくちゃ怖い目にあったのよーーー!!!

 あぁあああああ。。怖かったぁああ。。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 私は最初からずーーーっと怖かったんやからぁぁああーーー。



Akira:うん。そうだよねぇ。確かに、、(極めて他人事である。)

けど何処かで「腹はくくって」いたから。

(くくっていた割に、最後はかなりとっ散らかった。)

 それとわたし、多少「噛まれて」いても「噛まれている」って痛みを感じるのに

けっこーーーな年月を要するみたいだし。(その間巻き添えのJちゃん。)



Jちゃんの訴えは続きます…。

けど…何故かSちゃんだけは、これだけの長いお付き合いの中でも

Akiraちゃんの危険な場面に1度も遭遇した事がないねん!!

(我が身との不公平感を、長年に渡り抱えている。)


Sちゃん:そうなのよねん♪わたし一度もないねん♡

(鋭い指摘をした後、普段の平和オーラに戻っている。)




 そっか♡ 私の好みは「気の短い人」


そうやったんやねぇ〜


♡\(//∇//)\\(//∇//)\♡


…って…


なんでやねん。w( ̄o ̄)w
 IMG_7486.jpg

いやぁ。。ホンマにホンマに「恐怖の夜」を回避できて、何より感謝です♡

「持つべきものは友」です♡

持ち合わせていないのは「後悔」「羞恥心」です。


「2人とも付き合ってくれてありがと♡」

「女子会トーク」まだまだおわりませんでした。


ママが続きをとっても楽しみにしているので、また一緒に盛り上がりたいと思います♡


ママ。待っててねん♡

 
IMG_7230.jpg


「らかん」で一緒に盛り上がりたい方は、お声掛け下さいませね♡


お料理はもちろん「食いしん坊番長のお墨付き」ですが、


「金柑のチューハイ」がたまりませんでした〜♡(相変わらず1杯しか呑めません。)






☆PHOTOはコチラで販売中です☆
 あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK
☆応援クリックお願いします☆
 にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: