〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨嫌いと愛の唄
「梅雨」です。

IMG_7814.jpg



「大嫌いな雨」です。




私の母は3人の「男の子」に恵まれ

「是が非でも女の子が欲しい」と、4人目で私を授かり

私が4歳の階段をのぼった頃、短くも濃密な生涯を閉じました。



illust4081.png

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかえ うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

illust4081.png


私の「雨嫌い」

IMG_7810.jpg

もしかして「この曲」が入り口だったのでは?




子供の頃、よくスキップをしながら歌を歌っていました。

「周囲がどう思っているか」は

良くも悪くも子供の頃から「どこ吹く風」でした。(笑)



この替え歌は、特に記憶にあります。



illust4081.png

あめあめ ふれふれ 〇〇ちゃん(私の名前)は

ひとりで おうちへ かえります

ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン♫

illust4081.png



当時、母を亡くした小さな私が歌うこの「替え歌」

辺り近所の大人たちの胸を、どれほどえぐった事でしょう。(笑)

今となっては、よく分かります。



「おっちゃん、おばちゃん、ごめんね。」

IMG_7815.jpg


私自身は「自分の状況にあてた替え歌」を

無邪気に歌っていただけのはず。



幼な心に「母のいない私がこの原曲を口にする」のは

「わかりやすい嘘」をついているような気がして、

随分と気が引けたのです。



この曲を耳にするたび、いつもどこかに隠れたくなりました。



童謡にやたらとお出ましになる「おかあさん」



「おかあさん」ていいにおい

「かあさん」おかたをたたきましょう

「かあさん」がよなべをして、



思いつくまま数え上げても「母さんラッシュ」

IMG_7822.jpg



母亡き後、余りある愛情を一身に注いでくれた父。

おかげで私は成長し、母となりました。



「あなたはお母さんが居なかったから、お母さんになるのは無理ね。」

幼なじみの口からさらっとこぼれた言葉。

「そうなんだ。」と思っていました。



そして母になるのは、母から授かるものではなくて

「子供から授かるもの」だと言うことを、肌で感じることができました。

娘が泣くと、子宮が「きゅー」っと締め付けられる感覚に驚きました。

「え?これは何?なんなの?」



「女性は子宮でものを考える」

これだったのだ。本当だったのだ。

IMG_7820.jpg


子供が欲しくても授からない人もいる。

様々な出来事を経て、私もその中の1人でした。

あきらめかけた頃、ようやく授かりました。



母亡き後、1人で立派に私を育ててくれた父。

父の「孫娘への愛情」は「滑稽なくらいに壮大な」ものでした。



「娘」が幼稚園の頃

雨が降るといつも一緒に口ずさみました。

得意の替え歌です。



illust4081.png

あめあめ ふれふれ じぃちゃんが

あわてて かささし ぬれている

ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン♫

illust4081.png




ゲラゲラゲラー!!ヽ(´∀`)ノヽ(´∀`)ノ

IMG_7817.jpg



父は「ああ、、風邪をひいてしまう、、」と

いつも娘に傘ををさしかけては、自分はびしょびしょ。

この時期はどんな晴れの日でも傘を持ち歩いていました。



私が子供の頃は、全身びしょ濡れで遊んでいても、放ったらかしだったのにね(笑)



illust4081.png

あめあめ ふれふれ じぃちゃんが

あわてて かささし ぬれている

ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラ〜ン♫

illust4081.png



娘とゲラゲラ笑います。

びしょびしょになった父も、ゲラゲラ笑います。

IMG_7823.jpg


結局、娘にとってもこの曲は

「お母さん」の出番はなく「おじいちゃんの替え歌」となりました。



そして

 


「お母さん」と言う文字に当てられた真意は


「愛」だと気がつきました。



私はそれを感じながら、

この替え歌を、娘とゲラゲラ笑いながら歌っていました。



昨日、久しぶりに1人で歌ってみました。

笑いではなく、涙が止まらなくなりました。(笑)

当時の父の、優しい顔が目の前に現れました。

IMG_7821.jpg


お父さん聞こえる?



私の歌声。




大嫌いな雨の季節だから

びしょびしょになりながら、私にも傘をさしかけていてね。



illust4081.png

あめあめ ふれふれ かささして

とうさん かあさん わらってる

ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラ〜ン♫

illust4081.png




娘は21歳になりました。

私は◯◯歳になりました。(笑)



今もずっと、ゲラゲラ笑っています。

「しとやかな女性」からは程遠く「残念賞」

けれど「転びながら笑う技」は身につけました。




「大きな傘をありがとう。」

IMG_7816.jpg






スポンサーサイト
其処彼処(そこかしこ)で切ないみたいです

なんとなんと「3日連続でコース料理」を食し、


帰ってからラーメンを食べておりましたら(冷静になると恐ろしい状況)


流石に「2㎏」増えておりました。🐷🐽

PicMonkey Collage


本日はユニットの練習日。


練習後、毎回メンバーと定食を食べに行くのですが、
さすがに今日は食事を控えましょう。



「1人ドリンクバーで…。」
「1人ドリンクバーで…。」



嗚呼 もう「切なく」なってきた。( ;∀;)



無理そうです ( ;∀;) (早!)



たけちゃんのギター🎸かっぱらい中。

akira629687807240381_3559965645956113897_n.jpg





「美女と野獣」

mainvisual.jpg


ずっと体感したかった「IMAXスクリーン


前回「美女と野獣」に震えた時から「もう1度これを観るならこのスクリーンで」


そう決めていました。


昨日またも行ってまいりました。



◉娘 →→→ 3回目(やっぱり号泣)

◉私 →→ 2回目(もはや金縛り)



1度目の品位を保ちつつ、

IMAXから聴こえてくるエンディングの曲の臨場感に打ち震えました。

シートにグッと抑えつけられるような歌声が体の中を駆け巡っていました。

19030528_629660950576400_8393546675807416271_n.jpg


前回同様、
スクリーンの端から端までの全ての物が美しく、誇りに満ち溢れていました。


人々の感情を織り成す「劇中歌」では

私の中のあらゆる感情が「湧き立ってくる」と言うよりは

逆に「奪われ、はがされて行くように」胸が痛くなってゆくのを感じました。



「切ない」のよ。



「どんな状況でも自分らしくいられるベル。」


「幸せにしてもらうことを待っているだけの女の子ではないベル。」




女の子を若干過ぎた私にも「心密かな勇気」を運んでくれました。(笑)

23.png


やっぱり「ホームシアター」欲しいどすえ。



んん?



「どすえ?」



そうそう次回のライブで遂に「あのあれ」が登場するらしいどすえ。



「島原の三軒太夫」のお目見えどす。

18839098_627426844133144_6822491205474854796_n.jpg


えーー!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


ってことは、、、いよいよ「〇〇の風美」が解禁に!?


あーあーあーあーあー…。


せっかくの美女と野獣が台無しやおまへんか。( ノД`)


くれぐれも申し上げますが、美しいもんやおへん。


「ようけ わろうて もらいますさかい。」(´∀`σ)σ


久々の曲「花魁」も登場するみたいどすえ。

「一途な魂が込められた切ない

「え?聞きたい?」

しゃあおまへんなぁ…。

途中から少しだけどすえ。


傘に隠した一輪の花 
人恋しさに揺れては落ちる
君への想い切なく

月の光 肌に浴びて 金色に舞い踊れや 

花魁の 嗚呼無常の夢 
愛しき人の亡骸に舞う
紅の空が紅をさす‥

Ah散り際に積もる花びら あなたの眠り醒せと
明日咲くと祈りに満ちて なく人も舞い踊れや 


ほな皆々様、どうぞよろしゅうに。



ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。