〜葡萄色の夜明け〜
「3度目のHappy Birthday」
今はもうリニューアルしたこのブログ。

前回のブログを閉鎖する時に沢山の方からのお言葉をいただきました。

以前のブログは消してはいません。

パスワード管理で、いつでも見られるように大事にしまっています。



『1年前の日記』


img_831248_27674054_7.gif


今日25日は、私にとっての特別な日。

今日はあなたと出逢って「2度目のお誕生日おめでとうの日」です。

去年贈ったあなたへの想い。

真っ白な息を吐きながらどうしても見せたかったルミナリエの風景。

「今年は違うものを」とは思いませんでした。

私があなたに贈りたい物は去年のあの時に全て込めました。

だから今年も同じ想いを、2回目のお誕生日のお祝い。

初めての去年は「泣けなかった私に涙がある事を知った。」とおっしゃいましたね?

今年はどんな風に聴こえるのでしょうか。


『♡HAPPY BIRTHDAY Mさん♡』


(彼女に作った歌。「歓びの歌声」の画像をここに添付しました。)


あなたを想い、何故か強烈に足が向いたルミナリエ。

実はあなたにとてもゆかりのある場所だった事も、今となっては何の不思議もありません。

空に見えるMさんのお母さま。そうですよね?

あなたが私をきっと運んで下さったのでしょう。


img_831248_27674054_7.gif




hosi.gifMさんhosi.gif


今日は、私たちが出逢って「3度目のお誕生日おめでとうの日」です。


出逢った頃、あなたのブログタイトル「余命日記」

それがいつの日にか「生命日記」になりますようにと、想いを馳せていました。

そして今年はついにタイトルを改められ

「生命日記を綴るあなた」におめでとうの言葉を捧げる日を迎えました。


あなたの命の輝き。あなたが産まれた歓びを、今日のこの日に心から捧げます。


「Akirさんからいただいた曲、毎日聞いています。

スマホにダウンロードしてるのでどこでもいつでも聴けるんです。」



私の歌声と一緒に居て下さって、ありがとうございます。

3年前に作ったこの曲。

今年は少しだけ変わっているかも知れませんよ?


東京に戻られて、お疲れの今日でしょう。

どうかゆっくり出逢えますように♡

温かいあなたに届きますように♡


hosi.gif「今年もこの日をまっていました。」hosi.gif


hosi.gif「お誕生日おめでとうございます。」hosi.gif





人は、苦しみや葛藤を抱え、日々ささやかな光に涙を溢れさせる。


「光は闇の涙を覆い尽くす」


なぜなら、私の中には、沢山の人たちの溢れる想いが手をのばしているから。


「あなたが居て、私は泣く事が出来る。」


「鳴く事が出来る。」


温かいあなたの掌に、胸に、これからも。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
558. どんぐり博士   URL  2013/12/25 12:38 [ 編集 ]
人はみな、心の中に7つの魂を持っていて、それが崩れると、七苦(泣く)のです。
七苦(泣く)ことで、魂を正常に戻し(リセット)、泣きやんだ後には、新たな生命(エネルギー)を生むのだと思います。
559. ☆あんちゃんへ   URL  2013/12/26 07:39 [ 編集 ]
うんうん。そうだね。
今年も「おめでとう」を届けられた事が
なによりの悦びです♪
568. Kanon♪   URL  2013/12/30 02:07 [ 編集 ]
1年ずつ積み重ねられていくおめでとうを言えるって
本当にすごいことだね
今年もおめでとうを言えてよかったね。
。。。とこんな時間に(笑)

569. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2013/12/30 08:18 [ 編集 ]
うんうん。
本当に大切な時間だなって思う♡
ってそんな時間やん!?
車の運転、くれぐれも気をつけて!
って、もうとっくに出発してるなぁ。。
ありがとね♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/118-f94fd05d
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: