〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「上にも下にもない音楽と人々」「難波屋」へ
私、音痴だから人前で歌いたくても歌えない。。


私、ちょっとリズム感が悪いから、思いっきり顔上げて歌えない。。


「そんなごたくを並べたくなったらここへおいで!」

(って私もまだ行ってない)

IMG_4220.jpg


ミュージシャン仲間からずっと「おもろいで♪」とお誘いいただいていた


「難波屋」こちらです


昨日、face bookで、またたくまにシェアされ、

その人たちの一人一人のお店への想いを感じずにはいられなかったので

私1人ごとき。微力なのは重々承知の上で、こちらでもお願いを!

どうか1人でも多くのみなさんにお店を知って頂きたいです♪


発信元は「kamisama」(カミサマ)↓


ご協力とお願い。

「難波屋【防音】カンパ箱」

突然のお願いで誠に恐縮なのですが
本当に心からのお願いなので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

お酒好きの皆様にも ライブ好きの皆様にも
馴染みの深い西成の「難波屋」から音楽が消えてしまうピンチに立たされています。

先日・・・・・

連日連夜ライブでにぎわう西成の「難波屋」に
大阪市環境局の「環境管理部環境管理課」より行政指導的な書類が通達されました。

書類の内容を簡単に説明すると
近隣苦情者からの訴えにより、騒音を1日の営業時間帯を
6回に分けて測定したところ
市の基準である「60デシベル」を超えているので
このまま何の措置も取らずに営業を続けるのなら営業停止措置も止む終えない的な内容のモノでした。

もっと噛み砕いて記述するなら
要は「音」が近隣に漏れてうるさい!との苦情がきてるので
早急になんとかしなさい!でないと営業停止処分ですよ!
みたいな事を丁寧な文章と数値入りの図表付きで記述してあり

つきましては・・・・

2月12日までに「改善計画」を提出するようにね♪
さもないと法的手続き踏んで色々動いちゃうよん♪
みたいな内容に思えました。

「うわ!マスター!大変やん!!」

そう思ってマジマジと書類を見せてもらい狼狽しましたが・・・・・・

はて・・・・・?

「60デシベル」の騒音・・・・・・どれだけの騒音なのだろう・・・・?

と・・・・ネットで検索したトコロ・・・・

「静かな乗用車」「普通の会話」と記述されておりました。

えええええええええ!!!!

ご存知のようにあの界隈は、立ち飲みのカラオケ居酒屋が隣接しており・・・・・
朝から開店してる店も少なくなく・・・・
もちろん気の利いた「防音扉」等を設置している店等ほとんど無く・・・・

気のイイお父さん達のお世辞にも上手いとは言えない
味のある陽気な演歌が流れ・・・・・
私的には本当に賑やかで楽しい素敵な街なのですが・・・・・

何故に「難波屋」だけ?
60デシベル・・・・・???
・・・・・という至極自然な疑問も少なからず湧かない訳ではありませんが・・・・・

ソコはソコ・・・・・

ソレが市の基準であり・・・・しかも正式に書類にて通達まできておりますので・・・・

仮に運悪く10キロオーバーで、スピード違反で捕まったドライバーが
自分より遥か先を猛スピードで走り去っていった何台もの車両を指差し・・・・
「アイツらは見逃してオレだけかっ!!!」

と・・・・ごねてみてもなんの解決にもならない状況をしっかり把握しながら・・・・

むぅ・・・・
そんな事ならこの街ごと
全部アウトやん・・・・・等ともこの際・・・考えず・・・・

その事に焦点を置いて問題視する事は、事態をますます悪化させる要因にも
成り得りますのでここでは割愛させて頂き・・・・・・


「マスター!!もっと防音しよう!!」

「そやねん・・・・ソレしかないわな・・・・」


と・・・・

近所付き合いと人の思いを大事にし思慮深く・・・・・頷く・・・・
最近・・・騒音問題ですっかりやつれた気のイイ・・・
マスターの心なしか憂いを帯びた笑顔を見て・・・

「難波屋【防音】カンパ箱を作ろう!!!」・・・・と・・・言う話になりました。

どれだけお金が集まるからわからんけど・・・・

60デシベルが58デシベルにでもなったら今より笑えるやん!!!!

本当に安直で単純な事しか思いつかない自分自身に滑稽さすら覚えますが・・・・・
想像して貰えたら嬉しいです・・・・

酎ハイ・・・ビール・・・日本酒・・・・250円・・・
にら玉・・・・100円・・・・やきそば・・・・200円・・・・
こんな庶民に優しいありえない低価格の難波屋さん・・・・・

original.jpg

100円ずつ・・・・いや・・・・50円ずつ・・・・
値段を上げても誰も文句言わんのんちゃうん・・・・?
防音設備の為にチョットくらい値上げしても・・・・・?

そんな事をチラリと考えてみたりした自分が凄く恥ずかしいです。
マスターはそんな事は恐らく微塵も考えておりません。

「少しのお金でいっぱい呑めていっぱい食べれていっぱい笑顔になってくれたら嬉しいやん♪」

いつものマスターの言葉♪

「でも・・・貯金もそんなん・・・・無いしなぁ・・・・」

「難波屋【防音】カンパ箱を作ろう!!!」

両入り口のカウンターあたりとか、ライブスペースのカウンターとかに
何個かの「募金箱」を設置する予定です。

募金箱には・・・・・

「難波屋【防音】カンパ箱」と明記されます。

難波屋に出入りする音楽好きのお酒飲みの人達にお願いです。

100円でも結構です。募金して頂けたら本当に嬉しいです。

難波屋でライブされる機会のあるミュージシャンの人達にお願いです。

投げ銭のほんの一部で結構です。募金して頂けたら本当に嬉しいです。

本当に恥ずかしながら・・・

お金も力も何にも無い下手な唄唄いの私も・・・・・
一生懸命、難波屋さんで唄わせていただき・・・・

わずかかも知れませんが皆様から頂いた投げ銭を募金しようと思ってます。

毎回毎夜、わずかな小銭を握りながらでも
難波屋さんに呑みに行ったなら、一杯分呑んだつもりで募金しようと思っています。

本当に小さな心で結構です。皆様の決して無理の無いお金で結構です。
募金して頂けたら本当に嬉しいです。


西成難波屋から音楽が消えるのは淋しいです。

西成難波屋から笑顔が消えるのは淋しいです。

西成難波屋から出逢いが消えるのは淋しいです。

西成難波屋から仲間が消えるのは淋しいです。



最後にイチ難波屋ファンの、酔っ払いの思いを記しておきます。

いつまでも・・・・


西成「難波屋」に素敵な音楽と笑顔が溢れ続ける事を、心より願っております。

音楽好き・お酒好きの皆様の小さなご協力を心より願っております。



★難波屋をご存じの方々にシェアして頂き沢山の方にご協力して頂ければ幸いです。


1559615_239589572890158_458828333_n.jpg

以上「kamisama」からでした。



「kamisama」in難波屋




無宗教な私が、唯一「神だ!おったおった!」と思う人。

あ・信仰はしていないけどね(爆)

大好きな人ですわ♪

初めてライブでご一緒させていただいた時の衝撃!!

kamisamaの歌を聞いて「大号泣!!」

次に逢った時も「大号泣!!」

多分これからもずっと、この人の歌に涙が溢れるでしょう。


IMG_2132222.jpg


人は誰しもが不器用で、不安で、それでも必死で保とうとして

とりあえず沢山の事に手を延ばしてしまう。

そして、その沢山を繰り返すうち、

一番手放してしまいたい、苦しみや葛藤を

手放すための方法論を埋もれさせてゆく…。


IMG_14971112.jpg


私のブログのサイドバーに居る亡き父。

最後の時計が止まる瞬間まで、

愛おしさに焦点を合わせ続けたひと。


Scan 822


大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かったひと。

その見事なまでの潔さを生前の父から魅せられて

手放す事の大切さを感じ生きる私。


IMG_27862121.jpg


そんな中で出逢った彼の音楽の世界。


歌おうよ〜♪


HAPPY〜♪


難波屋で♪



長い文章。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!


「生きる場所は創ってゆける」


IMG_4314222.jpg


「いつだって1人じゃないから」


IMG_4301222.jpg





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント
645. どんぐり博士   URL  2014/02/01 12:21 [ 編集 ]
60dBかぁ~ 厳しい基準やなぁ
工場でも騒音の特定管理区域は85dBからやからなぁ~
でも、何とかせなあかんなぁ
卵のパックも結構防音効果あるねんで~
この凹凸が音を吸収するねん

あんちゃんも、人肌脱ぐわ!!
646. ☆あんちゃんへ   URL  2014/02/01 14:00 [ 編集 ]
ありがとう!
face bookでは難波屋で音楽を楽しんだ
方々が、それぞれの身分を越えて、必死で
呼びかけています。
「あかんやん!どないかせな!!」って。。

玉子のパックは私もすぐに思いついて
(レコーディングをする手前。。)
書こうと思ったら、もうface bookでどなたかが
提案されていました♪

ありがとね♡あんちゃん!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/141-a2c268ab
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。