〜葡萄色の夜明け〜
「訪れる春に話をさせて下さい」

「これまで本当にありがとう。」


一人ずつの方々に向かい、顔を見て、直接言いたい言葉です。


娘の病気が再発する事無く、志望大学に合格出来ました。


入院の時も、本当にたくさんのお力添えをいただき


そのおかげでここに立つ事が叶いました。


「旅立ち」です。


IMG_4238222.jpg



私は4歳の時、母を癌で亡くしました。


母の分まで長生きしてくれた「今は亡き大正生まれの父」は


最愛の人を失った愛しさを、全身に響かせ続けながら


私に愛情を注ぎ、育んでくれました。


akira 2121213



母が亡くなった当時、中学生だった兄。


大好きだった母を亡くしたその大きさを


肌身離さず、時間だけが過ぎ去りました。


唯一、ギタリストで在る事だけを自身の象徴とするように呼吸をしていました。


そして数年後に「分裂病」に。


今で言う「統合失調症」と言えば少しは耳慣れておられるでしょうか?


名前をつけるのはとても簡単です。


兄の病原は「愛情欠損」


IMG_3863222.jpg



「2度と取り返しがつかないもの。」


けれどそれは「生きる限り求め止まないもの。」


この言葉が私に根付いたのは、中学生の頃でした。


どんな専門家でも理解できないものなのだと


私自身は理解しています。


IMG_1008222.jpg



ある日、兄は私に「僕のお母ちゃんになって欲しい」と言いました。


9歳年上の兄のこの言葉を、何故だかごく自然に受け入れられました。


兄に寄り添い生きた、中学・高校時代でした。


「私は人からどんな風に見えていたのだろう?」


「普通の中学生、高校生に見えていただろうか?」


彼氏も居たし、好きなコトをしていたように見えていただろうが


実際は、兄との生活の中でどうにか自分を保つ為に


必死に「それらと共存しなければ」


そう心が、執拗に繰り返していたように思います。


最近やけに学生時代の自分を振り返るのは


きっと私の中で実を結び、小さな花が咲いたのだと思います。


IMG_4178222.jpg



やがて娘を授かり、育んでゆける時期が訪れ


この身体と心に染み付いた経験が、子育てをする上で


自然と私の方向を指し示してくれました。


その後、私は10年前に難病を発病し、何度か「生死の境目」を感じました。


「明日が来ない事がある」と言う事を、体験として身体に刻みましたが


もがいた中で握った「答え」とも言えるその「光の感触」


「兄の時に学び感じたものと全く同じ」
でした。


IMG_9688222.jpg



そして、どれだけ感謝しても、どれだけ尽くしても尽くしきれない


沢山の人の思いやりや励ましに支えられてここまで来ました。


私のこれまでの目標は「娘が大学に入るまで生き抜く事」でした。


今、母が亡くなった時と同じ歳を迎えた私。


「癌」でも在る私ですが、甲状腺癌は一番の優等生との事で


きっと守ってくれているのだといつもいつも感じて来れました。


そして、これからが「第2の人生のスタート」です。


22121.jpg



大学入学のゴールテープを切るまでは、


自分の中で温めて来た事や、やりたかった事にブレーキをかけながら


当初の目標が達成される事のみに気持ちを戻して来ました。


「もうここからは死んでもいいや」何て事はこれっぽっちも思っていませんが…


「親としての役目は終わりました。」


これからは、「私」を生きる人生。


IMG_237522.jpg



こんな日が来るなんて、信じられない気持ちでも居ますが


「何故この日を迎えられたのか」と言う事だけは


永遠に私の胸から消える事はないでしょう。


一人一人がくれた言葉、差し出された温もりの体積を


抱えきれずに、これからもずしりと感じてゆきたいと思います。


みなさんのおかげで、ここまで生きてこれました。


IMG_446722.jpg



思春期の頃に母を亡くし、そして自身も亡くした兄の道のりを


娘には決して歩ませてはいけない。


ひたすらそれだけを思い、出来る事は全て努力したつもりの日々を過ごして来ました。


「生きていたよ。私。やったよ。」


10年前の自分に一言だけ。


IMG_4667222.jpg



長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございます。


これからも私の「長話」は続きます。


言葉と心を、大切に伝えてゆきたいです。


「本当にありがとう。」


「生きさせてくれて、ありがとう。」


「助けてくれて、ありがとう。」


少しだけ前に進もうと思います。


IMG_9566222.jpg



「お母さんも人間なんだから泣いてよ」


当時小学校4年生だった、普段から口の重い娘。


難病の告知を受けてしばらく経った私に


その重い口を開き、私に言ってくれた言葉です。


そう言う娘の悲しみの涙も、育てる中で2、3度しか見た事がありません。


いつもケタケタと笑っています。


ほらね(笑)


IMG_2388222.jpg



「おめでとう。」



「いってらっしゃい。」



「いってきます。」


「靴底は温かいから。」



1324061612222.jpg




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
726. どんぐり博士   URL  2014/03/11 09:51 [ 編集 ]
”合格おめでとう!” やったね!!

4月からは大学生かぁ~

キャンパスライフを楽しんでね

Akiraちゃんも、自分自身のことで楽しめるかな
727. 響子   URL  2014/03/11 12:38 [ 編集 ]
いつも「強固」でコメントしてるけど今日はこの記事が非常に心に響いたから「響子」よ^^

読んで壮絶な人生や生きざまが痛いほど感じとれて、胸が熱くなったよ...。

この先も大丈夫!! だって生きるパワーが違うもん(^^) 悪い方に転がるわけがない!そんな要素ひとつもないし!(笑) と思う。努力の人だよ本当に。

この先ハッピーに違いないワ!うん。
728. ☆あんちゃんへ   URL  2014/03/11 16:54 [ 編集 ]
ありがとう!
やっと少しだけスタートライン?に立った娘です。

4月からは親子共々、頑張ります!!
これまでいっぱい応援してくれて本当にありがとう♡
いつも温かく手の届く思いを沢山たくさん
もらいました!
子ザルちゃんと一緒に♡
729. ☆響子ちゃんへ   URL  2014/03/11 16:57 [ 編集 ]
響いたから「響子」♪
ありがと!
今年は響子ちゃんにも逢えたし
さらにパワーをいただける年になりそうです!
これからも、みんながくれた言葉や
思いの重さを身体に感じながら
自分のペースで頑張ろうと思います♡

努力家の響子ちゃんから「努力家」と言われると
かなりじぶんが「まがい物」に見えるけど。。(笑)
730. KEI   URL  2014/03/11 22:35 [ 編集 ]
すごい☆やりきりましたね、娘ちゃんもAkiraさんも。

本当におめでとうございます。

Akiraさんの娘さんだから Akiraさんがその思いで育てられた娘さんだから 自分の夢である仕事にもきっと就けると思います。

本当に良かったですね、Akiraさん❀
731. ☆KEIちゃんへ   URL  2014/03/12 07:34 [ 編集 ]
ありがとう♡
KEIちゃんも毎日を頑張っている。
みんなが日々を頑張って生き抜いているから
私達だけが褒められる事ではないのだけれど
ようやく私の中での大きなゴールに着きました。

娘には、これまで以上に自身の世界を膨らませて
行って欲しいです♡
732. 龍の風   URL  2014/03/12 21:37 [ 編集 ]
合格おめでとうございます。

兄上の言葉に息が苦しくなりました。
涙がこぼれます。

Akiraさんの当時の小さな胸の内を思うと
言葉が見つかりません。
よ〜く頑張って来ましたね。

これからも、もっと実がなり花が咲きますね。
楽しみだな〜。
私もとっても嬉しいです。
733. ☆龍の風さんへ   URL  2014/03/13 07:43 [ 編集 ]
ありがとうございます♡

いつもいつも結局同じ物を握らされて
光の中に立っているみたいです。

「何があっても同じ事」だとこれから先もそう
思っています。
自分自身の生きる場所や「こう生きる」「こう育てる」と
言う確固たる(頑固なまでの?)意志が持てた事に
感謝しています♡

だからこその温かい人たちとの出逢いにも。
龍の風さんには、病気になった時に私に一番最初に
宝物を握らせていただきました。
本当にきらきらと綺麗な宝石。
これからも大切にしてゆきます。
本当に出逢えて良かったし、大阪でお会い出来て
可愛いお顔とお喋りを思い返すと
愛しさが込み上げて来ます。

これからもずっと宜しくお願いします♡
734. ぼぉ~の   URL  2014/03/13 08:20 [ 編集 ]
合格おめでとうございます♪

よかったねぇ~
きらきら輝く毎日が楽しみだねぇ~
735. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2014/03/13 08:40 [ 編集 ]
いつも「サルサル兄妹」の温かい励ましを
もらってきたからこその今です♡
本当にありがとう!
サルサル兄妹に乾杯!!(笑)
思いも溢れるが、いただいたものも溢れています(爆)
736.    URL  2014/03/13 20:06 [ 編集 ]
遅ればせながら・・・
おめでとう~~~≧(´▽`)≦
そして~よく頑張った!!2人とも!!あ、相棒ちゃんもだね♪
ええ母ちゃんで娘ちゃんは、ホントに幸せ感じてるやろうなぁ~♡
頑張ったもんな・・・母ちゃん♪お疲れさま♡
努力家のお三人にかんぱーーーいヾ(@^(∞)^@)ノ

それから・・・
今頃やけど・・・
癌なの??
え??私 知らんかった・・・今頃やけど・・・(-_-;)
こ・・・怖いやん!!ビックラこいた~~
・・・けど Akiraちゃんやからな!!
癌もAkiraちゃんが怖くてどっか逃げていってるんやろな♪
にゃっはっは!!
これからのお楽しみの時間~私も一緒に楽しませてな♡

737. ☆りすざる?ちゃんへ   URL  2014/03/14 07:42 [ 編集 ]
名前が無いけど、きっとあなたね♪
ありがとう♡
ようやく色んな意味でのゴールとスタートに
立ちました♪

癌なの?
はい。そうだよ(笑)
今月末も、神戸まで検診に行くよ♪
半年ごとに定期検査で様子をみている状態
だから、今は何も心配ありません!

これからも、もちろん一緒に楽しい時間を過ごしてね♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/161-5b972a12
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: