〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「顔の無い花育創作展」PHOTO
IMG_5356222.jpg


IMG_536022.jpg


IMG_535722.jpg


IMG_551522.jpg


IMG_545822.jpg


IMG_530922.jpg



IMG_530122.jpg



IMG_532122.jpg


IMG_534622.jpg


IMG_5352221.jpg


IMG_535122.jpg

IMG_549922.jpg


IMG_537122.jpg


IMG_534322.jpg


IMG_551122.jpg


IMG_534222.jpg


IMG_547422.jpg


IMG_548622.jpg


IMG_548322.jpg


IMG_548422.jpg


IMG_557322.jpg


IMG_552722.jpg


IMG_558222.jpg


IMG_552222.jpg


IMG_551622.jpg



IMG_552022.jpg


IMG_553122.jpg


IMG_553822.jpg


IMG_529022.jpg






思いのいっぱい詰まった、積み上げられた空気の中で心地よくシャッターを押させていただきました。

肖像権の関係上、子どもたちの沢山の顔は私がアップする事は控えさせていただきました。

kanon♪ちゃんに大事に渡しておきますので、また何処かで機会があれば触れてみて下さい♡

沢山の小さな花が、それぞれに逞しく、自由に咲いていました。




今日も明日も走り続けているkanon♪ちゃん。


お疲れさまでした♡



転ばないようにね♡




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事へのコメント
757. どんぐり博士   URL  2014/03/24 12:28 [ 編集 ]
伝わってくる

楽しい笑い声が
762. ☆あんちゃんへ   URL  2014/03/24 15:40 [ 編集 ]
ありがとう☆

そう言ってもらえる事が一番嬉しい♡
763. かのん   URL  2014/03/24 16:07 [ 編集 ]
ありがとうo(*⌒―⌒*)o
たくさんの写真を


私は当日はひとりひとりの制作風景や顔をほとんどみることがないから
すごく楽しみ(≧∇≦)

嬉しいなぁ。ありがと~っ
764. 和美   URL  2014/03/25 01:01 [ 編集 ]
久しぶりに逢えて 嬉しかった♪

子供同士で遊ぶリッキーを見るのは 初めてだったかな(笑)

作る物も 成長と共に変わったいくんだろうね。

765. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2014/03/25 08:19 [ 編集 ]
忙しいのに、電話までありがとう♡
そうして伝えて来た真心と感謝の思いが
カタチになって現れていた創作展だったね♪

「先生」と呼ばれる人の前にあること。
ちゃんと見せてもらいました。
ありがとう♡
766. ☆和美ちゃんへ   URL  2014/03/25 08:21 [ 編集 ]
撮影係でなければ、邪魔するくらいにお喋りしていたと
思うから、その分はまた今度逢った時に
まだまだいっぱい話したいね♡

私も顔が見れて嬉しかったぁ〜♡
リッキーもどんどん成長してるね♪
768. ぼぉ~の   URL  2014/03/26 22:03 [ 編集 ]
うへへへへ♡

今年も素敵な笑顔がいっぱいやったんだねぇ~♪

にぃにぃも、可愛い妹の為に、眩暈クルクルしながらかまくら作ってた♪
ぷぷぷ
769. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2014/03/27 08:49 [ 編集 ]
あんちゃん。
めまいしてまで頑張ったんや(笑)
私たち、身体の構造まで似てるからウケる(爆)

ぼぉ〜ちゃんの可愛いのん♪
おねいちゃんはケチケチ出してたよ♡
よっぽど可愛いんだと思って微笑ましかったよ♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/169-c7d103c8
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。