〜葡萄色の夜明け〜
私の人生を一言で
IMG_6059222.jpg


これまで自分の人生において、


大切なものを自ら惜しげも無く手放す機会が何度かありました。


「手放す」と言うよりは「手渡す」と言う方が正しいかも知れませン。


まさしく自分で選んでいるのですが。


ここ最近もありまして、ようやく今頃になってそれを振り返ってみたら…




その時、いつも不思議な現象が起きるのです。




表面上では一旦浸食されたように見えるけれど、


その後、これまでよりも大きくて新たなものたちが、


凄い勢いで「再生を」始めにやってくるのです。


「浸食と言うより磨食?」


いやいや同じ意味やから(笑)




訳の分からん事をつぶやいております。


アキラです。Akiraです。


IMG_6064222.jpg


「どこまで温かくなるんだ?」の感覚と「強固な波」にうわーっと支配されて


土左衛門になるがごとく身を任せ、形成されてゆくこの不思議さよ…。


浮かんだ。。


ぷっかりと。。


「笑う土左衛門の上に眩しく光る空!」


このふしぎさよ。。


あーーーーふしぎさよ。。


なんでやーーーーーーー。


IMG_6069222.jpg



あえてここで、自分の人生を



初めて自ら進言しちゃっても良いかしらん?






わたしのじんせい






「はらんばくしょう」


公開録画





漢字に直すと「波乱爆笑」




人生は私が想像しているより「まみたいです。


今後、ブログの更新が無いのは「爆笑中」と、どうぞご安心下さいませ。


「爆笑」しておりますが、「爆走」は致しません。


自分の身体と向き合いながら、バランス重視でまいりますのでご安心下さい。



にこっ!



行ってまいります。



空がぴーかん。



IMG_6297222.jpg



ぷきゅーん。



1510914_218212388387927_84666466226753270232_n.jpg










☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
この記事へのコメント
834. どんぐり博士   URL  2014/04/24 09:45 [ 編集 ]
 ”波乱爆笑” と言うよりは 

 ”腹乱爆笑”やね

835. ☆あんちゃんへ   URL  2014/04/24 10:01 [ 編集 ]
いやーーーーーーー!!
いやーーーーーーー!!
私も思いついたやつやん!!
いやーーーーーーーー!!

「バカッ!」
「ボコッ!」
「ドスンドスン!!」(そんな悔しいんか。。)

あ・同じ遺伝子やったな。
当然や(笑)
うきゅぷん。
836. 龍の風   URL  2014/04/25 01:05 [ 編集 ]
見つけた〜

居た!居た!Akiraさん♪

波乱爆笑!

その言葉、頂きました〜!
837. ☆龍の風さんへ   URL  2014/04/25 08:14 [ 編集 ]
夕べ、このブログを読んだ友人が
「調子悪くなったの?」
「病院行くの?」
「ブログ読んですっごく心配になって。。」
「深読みし過ぎ?」と。。

「ええ〜!!何でぇ〜?」私はびっくり仰天。
そんな友人の心配をよそに、
しっかりとパワー充電して
大爆笑中の私は「バチが当たる。。」と思いました(笑)

でもね。
そんな気持ちにこれまで支えられ、励まされ
その有り難さを感じて私たちここまで
来れたのですよね?

改めて心から「ありがとう」って思いました♡

波乱爆笑!

まぎれも無く、このまんまです!!

頂いちゃってくださ〜い♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/180-fa4021c8
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: