〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「価値観」と「Mother's Day」
昨日、大学に居る娘からメール。


「おかーさん。今家にいる?」

IMG_6589222.jpg


「居るよ。」


「じゃあ一旦帰るね♪」


「うん??」


IMG_6552222.jpg



帰宅した娘、トコトコ私に向い


「表彰状授与式?」のように向かい逢う親子(笑)


「お母さん。いつもありがとう。」


いつも通り、超平和な空気をかもし出す娘。


「うう。。あ。。あ。。ありがとう!」


IMG_6555222.jpg



「クサい芝居」をする母。



「クスクス。。ふふふ。。」



IMG_6588222.jpg


はじめてのバイト代。


入金されるのが母の日よりも後だったので


「おかーさん。今年は母の日、少し遅れてもいいかな?
」と。


なるほどね。


私がかなりお気に入りに使っていた「スマホケース」


IMG_6585222.jpg


見た目にはまだまだ美しいのですが。。ゴムがのびてしまって…。


お湯に入れてからまた冷水に浸したり。。


どうにかして縮めようと試みましたが、無理でした。。


んで…。


しばらく携帯は「はだかん坊のまま」使われておりました。


「はだかん坊だったから。。」


私の大喜びするだろうベストチョイスでした♡


IMG_6587222.jpg


嬉しかったのは



「母の日。。」と言ってくれたこと。


「いつもありがとう。」と言ってくれたこと。


「はだかんぼうだったから。」と言ってくれたこと。



嬉しかった。


ありがとう。




ちょっぴりシュールな「私好みの携帯ケース」は、日々の私の手の中で


「イヒヒ」とわらってくれるでしょう。


IMG_6586222.jpg




我が家の小さなベランダに、去年の花たちが続々と



可愛い顔を見せてくれてクスクスと笑っています♡




IMG_6556222.jpg



あの日 手を延ばしたのは 君が笑っていたから
あの日 手を離したのは 君が泣いていたから
あの日 目を閉じたのは 君が迷っていたから

いつも信じている
信じられる
きみのこと





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
870. ぼぉ~の。   URL  2014/05/17 10:26 [ 編集 ]
素敵な母の日♪

その日じゃなくたって全然♪

「母の日だ」と思った日で全然♪

「ありがとう」と伝えたい日で全然♪

うれしかったねぇ~♪
良かったねぇ~♪
うふふふふ☆
871. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2014/05/17 10:36 [ 編集 ]
うん。そうだよね。
「ありがとうと伝えたい日」
それが毎日だっていいよね♪
872. pao   URL  2014/05/17 14:07 [ 編集 ]
向かい合うふたりの姿と笑顔が目に浮かびます。
よかったね♪

私は娘じゃないけど…
いつもありがとう♪
873. ☆paoちゃんへ   URL  2014/05/18 08:07 [ 編集 ]
むふふ♡
想像してにんまりしてもらえたでしょうね?
ファミリーだから娘でも何でもこのさい一緒やね(笑)
874. 龍の風   URL  2014/05/18 11:21 [ 編集 ]
向かい合って「ありがとう」が言える幸せ…

「ありがとう」を受け止める幸せ…

当たり前の様な事だけど幸せだよね〜
875. ☆龍の風さんへ   URL  2014/05/18 13:31 [ 編集 ]
笑っている顔を見る
声をきく
響き合う事が産まれてきたことの
産まれてくれた事の全てですよね♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/190-db938ae6
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。