〜葡萄色の夜明け〜
らいおんはーと「男が立つとき」
「男性は、ナイーブで寂しがりやで甘えん坊」


「特別扱い」が、大好き。


「俺の前だけ」が、大好き。


akachanlion.jpg

(ネットからお借りしました)



これを読んで、「おいおい、それ違うで。。」


其の通り。。



あくまで「私の定義」ですのでご容赦下さいマセね。



そして、その中でも


「らいおんはーとが燃え立つ時」があります。


10年に一度?一生に数回?


とにかくその姿が胸に焼き付くのです。


とてつもなくしびれ、でっかぁ〜〜く尊敬するのです。


000cf1bdd02213f3f20350.jpg

(ネットからお借りしました)



「見とけよ!こんなの3年で絶対超えてやる!」(わぁ!ひさびさにでましたぁ〜!)


「俺を誰やと思ってんねん!」(すごいとおもっています!おもっています!)


「タイムカード押してから1人残ってでも、必ず手に入れてやるからな!」

(リアルにめにうかびます。。)



「それなら誰も文句無いやろ!」(もんくのひとつもございません。)




「残って手に入れる?」

010701sonota352-trans.png

「泥棒さん」と違いますからね(爆)




つい先日、鼻息荒くこのような発言を、私の前で繰り広げた男性(ひと)がおりました。



「気迫を背負い、自信に満ちあふれる姿」



「負け○の遠吠え」の反対側に位置する、まさしく「超接近戦に挑む」態勢。


「らいおんはぁと。がぁおお〜。」ですわ。


18l06b5x2qqwgjpg.jpg

(ネットからお借りしました)




「結果はどうなるんだろう?」
なんて陳腐(ちんぷ)な事は



毛の先ほども思いません。



その本気の心意気こそが、大きな大きな結果です。



あ・俗に言われる「big mouse」とは「対極のこととして」ですね。



「あーあー…またノロケ話かよ、、( ̄ー ̄;」と、、と(笑)



さ!これくらいにしておきます。(これくらい!!???)



「ちょーーーーおっとこまえ!」
ですわ。(まだ言うとんかい!)



「男はナイーブで寂しがりやで甘えん坊」



c0186760_2256950.jpg

(ネットからお借りしました)




い」 でございます。




胸に刻まれた「らいおんはーと」の勇姿を浮かべながら、



いつもそう思うのですね。






いつも(笑)



おほほほほ。。



ほほ。。



おほ。。





「らいおんはあとな女性」
も多いのですがね♪

wallpaper-cool-animal-04.jpg

(ネットからお借りしました)



でも、やっぱし女やん。


自分は決して持たない「勇敢で、眩しい鬣(たてがみ)」に、みとれたい心がございます♪






ライオンたてがみまめ知識↓


オスは敵を倒して自信がつくと脳から精巣に信号が送られます。

すると 「テストロン」 というホルモンが分泌されます。

この 「テストロン」 がたてがみを黒く長くするそうです。

たてがみの色が濃いオスはメスを引き付けるのです。

o0450030211823747823.jpg

(ネットからお借りしました)



これ↑ふかく考えれば、ふかいい〜ところまで辿り着きますが


今回は、難しいお話は「なし」で♪




たてがみは、豪雨には弱く「ぺしゃんこに」なってしまいます。


「心地よい風と太陽」に照らされて


「ふわふわしゃきん」となるのでしょう。

(ちょっとだけ掘り下げてみた。。)



がお〜。。




毎度、ぺらっぺらな脳みそが、勝手な事を展開を繰り広げました。





「お前なんかに男ゴコロわかるか〜!!」





そうでっしゃろうな〜♪




がお〜。。





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
939. どんぐり博士   URL  2014/06/11 12:24 [ 編集 ]
男は、いい意味での見栄を張る生き物だと思ってる。
いわゆる、(C)です。
それがなけりゃ、男がすたる。

俺のたてがみも、黒くて長いかな~
940. あんちゃんへ   URL  2014/06/11 17:56 [ 編集 ]
(C)って何や?
分からんな。。
「3年で」と言った相棒の言葉を聴いていて
「いや、この人やったら絶対1年で」と思った私がおるわ。(爆)
確信あるねん。男前やから。(もうええな。。)

あんちゃんのたてがみは、長過ぎて
もう顔が見えんようなってるん違う?(笑)

男前だらけや♪
941. 龍の風   URL  2014/06/11 19:41 [ 編集 ]
我が家のたてがみ男は、椎間板ヘルニアとソケイヘルニア、ダブルヘルニアで頑張っております。

さらに甘ったれになって、私が見えないと吠えております。

Akiraさん家の、ライオンは本物だもの♡

羨ましいです。
942. 龍の風さんへ   URL  2014/06/11 20:33 [ 編集 ]
龍の風さんのらいおんちゃん。
本当に頑張っていると思います。
「偉いね。偉いねぇ。」とどんだけ褒めても足りないくらいでしょう。

私が見えないと吠えるのは、同じですよ。
家で居てもひたすら行方を追っております。
その時はネコ科ではなくてイヌ科に(笑)
あんまり書いたら叱られる〜。。

がおぉ〜!

やる時はやる男です。
943. どんぐり博士   URL  2014/06/12 07:00 [ 編集 ]
(E):カッコえ~
(C):カッコし~:ちょっと、ツッパテル姿・振舞い

中学校の時につかわんかった???
944. あんちゃんへ   URL  2014/06/12 07:58 [ 編集 ]
(E)なら理解出来たかも♪

おかしいなぁ。。
双子やのに、使わんかったわ。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/201-574147cb
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: