〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ひび割れたカメラでも届く大空」
カメラが大好きだった父。

みなさんはもうすっかりご存知ですよね?


IMG_6730222.jpg


父が亡くなってから「供養に」と飛び込んだ一眼レフの世界。


この2年の間に、色んな賞をいただきました。


一番最近では「押尾コータローさん」から♡


何故か「音楽」ではなくて「写真で」と言うところが笑えます。(爆)


数々の受賞は、きっと「父のいたずら」だと思っております。


生前、随分と父にいたずらしたので、その「仕返し」に違いないでしょう。


IMG_6728222.jpg


父のカメラ。


可哀想な事になっているでしょう?


シリカゲルと一緒に保存していて、私が気付いた頃にはもうこんな風に。。


かなりショックでした。。


お父さん。


何て言うかな?


ホントに大切なカメラだけど


「あーあ。仕方ないね。」と笑うだけでしょう。


父から言わせれば「とりかえがきくもの」だものね。


20121230163359b9c.jpg



私と娘への想いを、365日、何十年と綴り続けた父の日記。 


日記の最後には「どうか娘と孫が幸せに暮らせますように。」と。


大切なものを守る為には、他を捨てる事に一切の迷いは無く、


最後の時計が止まる時までそう生き貫き続けた父。


「愛しいよ 愛しいよ」とそれだけを繰り返して。


カメラ片手に昼も夜も私を助手席に乗せ、共に感じた風の色。


いつの日も思い出す、向かい合う父がくれたレンズ越しの焦点。


涙の時、笑顔の時、大切な愛を沢山の写真に遺してくれた父。


IMG_06292221.jpg



お父さん。


「今日も一緒にシャッターをおすからね。指先のぬくもり、大切な人に伝わるといいね。」



そんな事をいいながら、


ここんとこめっきり登場しなくなった一眼レフ。


こちらでの写真も、ほぼほぼiphonで撮影したものばかり。。


たまにカメラを手にすると、その重さを感じ、父を感じます。




さぁー!


今日も思いっきり空に手をのばしていきましょか。


何度か失いかけた命。


そんな時、いつも空から、沢山の手に引き上げられてきて今。


IMG_2466222.jpg



キョウノソラガ ツキヌケルホド タカクテモ

きょうのそらが つきぬけるほど たかくても


キットトドクコト シッテイル

きっととどくこと しっている


ウマレタトキカラ ズット

うまれたときから ずっと


コンナニ オオキナ ソラガ イツモアルカラ

こんなに おおきな そらが いつもあるから


ナクサナイモノ

なくさないもの


ナクナラナイモノ

なくならないもの


ゼンブ アナタガクレタモノ

ぜんぶ あなたがくれたもの


ゼンブ ミンナガクレタモノ

ぜんぶ みんながくれたもの


ウタウヨウニ イキテイコウ

うたうように いきていこう


IMG_6119AKIRA.jpg


さー!


はりきってご飯作るぜよ♪(やっぱりそれか!?)



ごはんごは〜〜ん♪


IMG_2260222.jpg







☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
986. 龍の風   URL  2014/07/25 11:34 [ 編集 ]
幸せなお父さん…。

本当に幸せなお父さん。

大切なものを守る為に…

私の父も同じです。

そして、私も、Akiraさんも同じだね。

やっぱりこの父にして、この娘なのだと思います(笑)
987. ☆龍の風さんへ   URL  2014/07/25 11:48 [ 編集 ]
ありがとうございます。

ホントに父同士、良く似ていると思います。
そして仰る通り、私たちも(笑)

「執着心が無さ過ぎる」と言われるコトも多いですが
強くシンプルに生きるすべを教えてもらったと
思っています。

生きていて唯一の執着は「命」ですよね。

これからもずっと♡
988. ぼぉ~の。   URL  2014/07/25 13:22 [ 編集 ]
Akiraちゃんの写真大好き☆

人。。。
景色。。。
ぬくもり。。。
風。。。
匂い。。。
空気感。。。
そこに写りこむ全て。。。

Akiraちゃんの顔が見えてくる気がする♪
想いが伝わってくる気がする♪

そして。。。美味しいも♪
989. どんぐり博士   URL  2014/07/25 17:17 [ 編集 ]
人もごはんも、”ぬくもり”が大事やなぁ
990. ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2014/07/25 20:07 [ 編集 ]
どんなに言ったって
どんなに繕ったって
ごまかせない物がある。
「人の感性」
それで人は繋がってゆくんだろうね♡

大きな空に浮かぶみんなの顔が
今日も笑顔でいっぱいだったらいいな♪

いつも温かい言葉を、素直な心でくれてありがとう♡

991. あんちゃんへ   URL  2014/07/25 20:09 [ 編集 ]
うん。そうだね。
人もごはんも♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/206-2f7edaa4
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。