〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「かぎっこ」
face bookでアップされている「鍵っ子ネタ」を拝見し、少し書きたくなりました。


3人の男子に恵まれ、女子には恵まれなかった両親。

一番下の兄が産まれてから9年後

最後の望みをかけ、40過ぎで待望の女の子である私を出産。

しかし、母は私が4歳の時に癌で旅立ちました。

そして今は亡き父は

母亡き後、80歳を越えるまで、私に愛情を注ぎ続けて下さいました。

IMG_431022.jpg


「かぎっ子」だった私。


小学生低学年の頃、

授業が終ると、グランドの遊具でとにかく遊んでいました。

中でも丸太をぶすりとさしただけのような「馬跳び」

これ、高さが色々とあってね♪

私は一番高いのを飛びたくて暗くなるまで1人で飛んでいました。

そしたらこわ~い目つきの「生活委員」のお姉さんがいらっしゃいまして

「あんた。はよ帰りや!いつまで残ってるんや?」

今で言う「目ヂカラ全開」でした。

「うん。分かった。」
とりあえず素直に帰ります。

denen.jpg


けど、次の日も、その次の日も私は同じ馬跳びをしては同じ事を繰り返しておりました。

そしてついに担任の先生から、父に連絡が入りました。


父はいつも私を叱るときは

「アキラ、ちょっと話があるから、台所の椅子に座っていなさい。」と言われました。

私は台所の風景と匂いを今でも懐かしく感じています。


この「お呼出し」

父から何度受けたことでしょうか?

父からのたしなめを聞きながらも、もしも、誰かのせいにしようものなら

容赦無く「ビンタ」が飛んで来ました。

IMG_6124AKIRA.jpg



叩かれた私は我慢などいたしません。


「うわぁ~ん!!!!いたいいーーー!!いったぁーい!」と泣きます。


だって、さすがの兄が止めに入るほど、思いっきり叩かれますもの。

そして、ひとしきり話が終ると、最後は「分かったか?」

父が私の頭を「ぽんぽん」と撫でて終わるのがお決まりでした。

IMG_649322211.jpg


とにかく真っ暗になるまで遊ぶ日々。

「てんじんさん」と呼ばれる神社へ行き、賽銭箱に石ころを入れ(神への冒涜)

「てんじんさん」の前には、小さな川ぐらいある「どぶ」があります。

大人でもハマったら身長ぐらいあるそこへ「ぽいっ!」と飛んで入ります。

そして「秘密基地で遊ぶがらくた」を拾って色々と想像して楽しみマス♡


IMG_637922211.jpg




近所のおばちゃんが帰り道、

「アキラちゃん。それ汚いから捨ててあげる。持って帰っちゃあかんよ~。」

「いやや。もってかえるも〜ん。」

それでも毎日毎日声をかけてくれました。


近所のおばちゃん。おっちゃん。

神社の神主さん。

ありがとうございます♡

あなたたちが居てくれたから「寂しい」と思うことはありませんでした。


IMG_8562shiho.jpg


「お母ちゃんおらんねんてなぁ?」


「可哀想やなぁ。」


「おばちゃんのこと、お母ちゃんと思ってええからな。」


何人の人がそう言って下さったのでしょうか?

IMG_1839222.jpg


「私はそんな大人になれたでしょうか?」



あなたたちが居てくれたから

どんな出来事が起こっても

大好きな歌を歌いながら、しゃくりあげて泣きながら

それでもおばちゃんおっちゃんの顔を思い浮かべて

必死で歌をうたいながら

怖い場所へも行かず、戻れない景色へも行かずに

ずっと今を歌って生きて来られました。




「鍵っ子でよかったな。」






わぁ〜!!もうこんな時間ーーーーーーーーーー!(時間が無ければかくのでないよ。。)




232.jpg





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
1036. ぼぉ~の。   URL  2014/09/17 10:02 [ 編集 ]
大丈夫!!
ちゃんとなれてる!

ぼぉ~は知ってる!
みんな知ってる!

惜しみなく注がれた愛を、またみんなに注いでる。
愛と感謝を忘れないAkiraちゃんのまわりには沢山の人が自然と引き寄せられてる。

ちゃんとなってる♪
1037. どんぐり博士   URL  2014/09/17 11:28 [ 編集 ]
”秘密基地”作った作った
懐かしいなぁ
夜遅くまで遊んでいると
”子取り(鳥)ババア”が飛んできて、山に連れて行かれるぞ!なんて、よく言われてなぁ
1038. 龍の風   URL  2014/09/17 17:36 [ 編集 ]
立派過ぎる大人になっとるよ〜

子育ては本当に親だけでは出来ませんね。

私は別な意味で、育ち盛りです。
1039. ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2014/09/17 22:05 [ 編集 ]
「ありがとう♡」
なってるかなぁ?
そうだといいな♡
子育てが一段落して、昔の友人や先輩方
色んな人と繋がって、どんどん逢いたい人が増えるけれど、
ひとつひとつ、どれも大切な想い出で
私をここまでつないでくれたものだから
そんな気持ちで懐かしさを膨らませて、みんなと
向かい合ってます♡
1040. あんちゃんへ   URL  2014/09/17 22:09 [ 編集 ]
私の秘密基地は線路の近くでね。
電車を見ながら遊んでいたよ♪
日が暮れると何だか不安な気持ちになって
足早に家に向かった事もあったなぁ♪

懐かしいね♡
1041. 龍の風さんへ   URL  2014/09/17 22:11 [ 編集 ]
今ね?龍の風さんと同世代の先輩たちと
ずっと一緒にスタジオレッスン入らせていただいていて、
1人、すっごく似ている人が居てね♡
その人と話する時に、思わず「○かちゃん♪」と呼びそうになる衝動をおさえている私です。

私も違う意味で育っております♪
「食いしん坊健在」(笑)
1042. kanon♪   URL  2014/09/18 09:43 [ 編集 ]
同じく 笑
狛犬さんたちにひもをくくり境内でバレーボール

秘密基地はやまのうえ

学童にもかぎっ子ちゃんがたくさんいるけれど
その鍵を大事そうにしてる姿が愛おしいデス。
1043. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2014/09/18 18:58 [ 編集 ]
わっるぅうう〜いkanon♪ちゃんがが目に浮かぶわ(笑)
子供の頃のドキドキっていたずらしてる時は
もう最高だったわ〜♪
私は今でもだけど♪
あ、あなたもだった(笑)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/217-41496e4f
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。