〜葡萄色の夜明け〜
「想い出に残る味」〜奈良「池田屋」さん〜
さあさあ!!劇的に更新しまくっておりますface bookとは裏腹に


すっかりサボり気味のこちら(笑)


そんな中でも、どうしても、どうしても今日はお知らせしたい事があります!!


先日12日に行われた「風美」デビューライブ。

098765.jpg

奈良の「香味やきもち池田屋」さんにて。


大型台風接近の為、予定していた友人達はキャンセル。


けど何故か、東京から妹と弟が


私に内緒でサプライズをひっさげて強行突入してまいりました。

IMG_348711妹&弟2


結局その日の朝に「バレた」けどね〜(バレた事を知って瞬間的に心が折れた妹)


この弟&妹(夫婦です)は、かなり鼻がきくので


「特別に美味しい匂い」を、今回はかぎつけて来たに違いありません。



あ!。。。。。。



風美のライブは大成功ーーーーーー!

IMG_348池田屋さん43


ライブレポはまた次回ーーーーーー!!(なんでやねーーん!)


だって「食べ物が先」やん?



なので今日は、みなさまを「池田屋」さんにご案内致します!!→HPはこちら

IMG_3455池田屋さん


みなさま。


日々「家庭料理」や時に「高級料理」はたまた「多国籍なお料理」


に舌鼓をうっていらっしゃるでしょうが、


今回の「池田屋さん」「想い出に残る家庭料理」


FullSizeRender.jpg


「記憶に残る家庭料理」


201410140911573b池田屋さん

(勝手に厨房に入るな。。。)



作って下さったご主人と奥様のお顔が刻まれる味。


私はじんわりじんわりと感動の舟に揺られ揺られて、帰ってまいりました。


そして某人気ぶらり番組の「人間国宝さん」を目指していらっしゃるご主人直々に(笑)


この日のお品書きを頂戴致しました!

池田屋さん_3802957046452701245_n


○「秋ミョウガ味噌2種」

○「キュウリとカニ窯のサラダ甘味噌和え」

○「焼き味噌のネギ和えゴマ風味」

○「チーズの燻製マヨかけ」

○「野沢菜のお浸し白みそ風味」以上なり~~ww


池田屋さん


一口サイズのお餅の上の絶妙な食感とじゅわーっと押し寄せる味♪


海苔をくるりんと巻いて、私は手で「ぱくり」と食べさせていただきました♡

どれが一番美味しかったって?

そんなん「全部」に決まってるやないですか。

その「見事な味の調和」に、更に舌が踊るのではないですか〜♪



お餅の上の品をもっと丁寧に1つずつ撮れば良かった〜!!

カメラマン失格。。

けど、またすぐに「ほいさっさ♪」と行くので、その時にバッチリショット撮って来ますよ!!


池田屋さんだしまき

(見たら分かるでしょ?美味しいのが。。「出汁巻きと自家製紅ショウガ」)


そして心優しき勇ましきミュージシャンが、私のface bookでのあくなき「食い意地」にこのようなコメントを↓


「アキラさん!池田屋さんのお好み焼き食べました?

池田屋さんのケーキみたいな、ヘルシーお好み焼き 

めっちゃ美味しいんですよ!!」



おおおおーーーー!お好み焼きはこの日は「SOLD OUT」でした。。


次回絶対リベンジだね。。


すると、今回お声掛け頂きました


主催者の「ながたたかしさん」からも


「人参ジュース飲んだ? 椎茸のステーキも美味いんだよ!!」


と書き込みが♡



「貴重なご意見!ありがとうございました!「池田屋愛」を感じましたわ♡」


IMG_3501線路


料理も芸術も「人」が成せる技。


そのひとの「込めたいものが率直に」伝わってまいります。


込めた分だけの味わいが身体に染み入ります。


お伺いするまでは、「餅の創作料理?へえ〜珍しい♪♪」

っと、単に興味津々だった私でした。

食べた後でそんな自分を猛反省致しました。


正直こんなに「何度も食べたくなる」なんて

思いもしませんでした。

食いしん坊番長。まだまだ修行が足りませぬ。。


IMG_3498六田駅


みなさん!


わざわざ足を運ぶだけの空間と風味がここには溢れております。


そして「Akiraから聞いて来ました〜♪」と言うと


ご主人が「百万ドルのスマイル」を見せて下さいます。


2014101321250941f池田屋さん



さあさあ♡



疲れた時も楽しい時も、絵本の中に居たいなら

込み上げる笑顔を感じたいなら

温かいお店に足をお運び下さいませ♡


私の大きな大きな「太鼓判のお店」となりました♡


大好きなお店となりました♡

201410132111260a4池田屋さん


私が出番前にステージ袖で、軽く瞑想をしたり、ストレッチをしたりしていると


ご主人がそっと「がんばってね」と温かく微笑みかけて下さいました。


「ああ。こんな風に声をかけていただくのは本当に久しぶりだなぁ。」


胸がいっぱいになりました。


「お返しはステージで♡」


手渡したい感謝の気持ち、沢山の言葉こそ「必ずステージでお返しします♡」

10492170_290188301172461_5214879116117649993_n.jpg


そう心に固く思いつつ


「ステージが終ったら、次はおでんを食べよう。」


そう決心しておりました♡


池田屋さんおでん

(おでん「味噌が違う!」と相棒絶賛の一品♪)


第2の故郷は「長野」ですが、第2のお家は「池田屋さん」です。

「ただいま♡」と、また帰らせて下さいね。


ご主人。奥様。


心から「ごちそうさまでした。」



優しい優しいお料理に込められた想いに、今一度合掌致します。



最後にご主人から「鳥肉の燻製、豚バラの燻製もございます。」と。


最後におよばれさせていただきました「スモークチーズ」も絶品でございました.


ご主人から↓


「Akiraさん♪初めて香味焼き、はじめたのが畳2枚のログハウスでしたね。

懐かしい雑誌の書き出しでした。」


(face bookからコメント拝借致しました♡)



みなさま。


とにかくいってらっしゃいませね。


あ。。私も誘ってね♡出来れば車で運んで下さい♡(本気)


風美10719441_844014795674141_428208079_n



では、次回いつになるか分からない「風美ライブレポ」で、お会い致しましょう♡



201410140901413f9風美

(ライブ終了後、すっかり落ち着いてまったりしているの図。)



ちゃんちゃかちゃんの〜♪すっちゃんちゃん♡








☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
この記事へのコメント
1054. kanon♪   URL  2014/10/14 10:39 [ 編集 ]
また今度もありそうだから
ゆびをくわえて今回はあきらめる〜(*^^*)


1055. どんぐり博士   URL  2014/10/14 12:39 [ 編集 ]
最高の笑顔やね~
”うまいに決まってるやん”ね~
同じ空気、吸いたかった・・・・・
1056. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2014/10/14 13:39 [ 編集 ]
食いしん坊のあなたに本当に食べてもらいたかった。
「美味い美味い」と涙ぐむあなたの姿が目に焼き付いて
離れない(想像で。。)

奈良のお友達。
きっと大好きな場所だと思うよ。
優しいお母さんのお料理をカウンターで食べながら
観音様のような笑顔に心も身体も満たされるはず♡

1057. ☆あんちゃんへ   URL  2014/10/14 13:41 [ 編集 ]
最高の笑顔はもう一人。
「奥様」
私みたいにガサガサしていなくて、本当に可愛くて
静かに微笑んで下さる。
小さな声で優しい言葉をかけて下さる。

同じ空気。私も吸いたかったよ。
1058. 龍の風   URL  2014/10/14 22:34 [ 編集 ]
間違いなく台風も避けて行きますね〜。

どの写真も、酔っぱらい加減が何とも言えません♡

私も一杯やりたいな…
1059. ☆龍の風さんへ   URL  2014/10/14 23:26 [ 編集 ]
台風も逃げて行く。。
次の日、必死で説き伏せる私をもろともせずに
我が家まで飛んできました。
この台風には私は直撃でしたね。(笑)

かんぱぁ〜い♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/220-2df68cb3
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: