〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「嗚呼絶叫!ピンクを産む婦女」
私が昔からファンで「一緒にコンサート行く?」

ぐらいの感じで、ある日娘を「椎名林檎嬢」のコンサートへ連れて行きました。

隣に居る娘は「豹変!!」



「きゃああーーーーーりんごちゃーーーん!!!」



10301219_300179973524501_659439489227131073_n.jpg


え!?


えぇえええええーーーー!!!!


そんな子やったっけ?


そんな子やったっけ?


これ誰?


この子。。。。  だれ?



以来、私など足元にも及ばない「林檎信者」となりました。


そしてその信者の「娘」と共に昨日行ってまいりました。


1526109_300352003507298_6029315144632624556_n.jpg



「このお方はピンクと言う色の産みの母ではないだろうか?」


IMG_7684blog.jpg



「こんなにピンク色を輝かせるお方はおられないのだろう。」


IMG_7715blog.jpg


彼女の感性全てが好きだけど、やっぱりコンサートに行く度に驚愕するのは

その見事なるまでの「プロデュース色」

「プロデュース力」の書き間違えではありません。


とにかく「プロデューサー的な視点で、自分を語り尽くせる(表現として)鬼才。」です。(持論ですが)


そして毎回衣装にも「キャーーー!!」と言う声が上がります。


今回も「そこまでやるのだ。。このお方は。。」とまさしく「気持ちいい!」の一言。


後は「ダンサー」の方が素晴らしいですね。


今回も、はっと息をのむダンスの連続でした。(あんまり書くとネタバレ。。禁止)


IMG_7273222blog.jpg

林檎ファンの方の感想をちょっとだけ↓

一緒に仕事をされているスタッフの方のスキルやセンスが

世界観を作り出していることだと思います。

あと、一緒にコラボをしたり、

仕事をされる方のチョイスが抜群だと僕は思っています。

音楽家でいうと、レキシの池田さん、斉藤ネコさん、

RHYMESTERのMummy-Dさんなど。

映像監督の児玉裕一さん、ラーメンズの小林賢太郎さん、など

とにかく「一緒にお仕事をされる方の選択と生かし方が上手」だと思います。

そして何よりの「完璧主義」。。

以下省略。。

IMG_7711blog.jpg


私も全く「同意見」でございます。

ぴんく。桃色。薄紅色。桜色。。。。

エロティック エレガント ロマンティック

私が林檎嬢から感じるピンクは

「幼さ」

熟女的風格を、その母体に漂わせていながらの(これ重要)追求の果ての


「到達しない幼さ」「知性を感じる幼さ」


「おそるべしバランス力」を放っておられます。

あぁ。。素敵でした。。思い出しても胸がきゅーっとなります。


IMG_7290222blog.jpg


あーーーー。コンサートが終ってから

「あっという間に終っちゃったね。。もう一度今からはじまってくれないかなぁ。。」


「次からは大阪はせめて2days絶対に行こう!!」


と新たなる決心をした、林檎嬢には似ても似つかない「親子どんぶり」でした♡


10628179_300440520165113_8808648587880335840_n.jpg



あーーーん。。。きょーもいきたーーーいい。。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
この記事へのコメント
1134. どんぐり博士   URL  2014/12/10 18:01 [ 編集 ]
血は争えないね~
ちなみに
あんちゃんは、ピンクが大好きだ!!
1135. あんちゃんへ   URL  2014/12/10 18:20 [ 編集 ]
そうやねんなぁ。。
やっぱり「DNA」なのかしら?
あんちゃんはピンクが好きなん?
かわいいやん♪乙女男子や♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/238-837d6fd4
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。