〜葡萄色の夜明け〜
「風美」上陸でございます!
2月16日(月)music bar S.O.Ra.

tennaiphoto_1.jpg


石田長生さん。有山じゅんじさん。方々のライブスケジュールと共に

「若干腰が引け気味」のAkiraでございます。

怖いもの知らずの「風美」上陸させていただきます!

私、初めてこの間こちらにライブを聴きに行かせていただき、

「でたーいい♪」と言いました。

「いいですよー♪♪」とお返事いただきました。

まことに有り難いお話でございます。

風美プロフ

music bar S.O.Ra.スケジュール


予約受け付け開始でございますが「お席に限りがございます、」

HPに記載された連絡先にご連絡いただければと思います。

・JOYFUL NOISE ( 06-6644-9292 )までお電話ください。※受付時間: 12:00~20:00まで。

もしくは、メンバーに直接お声かけいただいてもオッケーです。


10313485_898256330239163_4625817051254324803_n.jpg


ご一緒させていただく「たがみバンド」さん。

たっぷり大人の洗練された、ハートフルなサウンドを響かせて下さいます♡

お席が限られますので、是非お早めにご予約下さいませ♡



地下鉄なんば駅26-C出口
※建物(湊町リバープレイス)の四ツ橋筋沿いにあります。
※阪神高速湊町入口のすぐ隣です。(これ結構大事な目印です!)


がんばりまーーーーす♡

すっちゃんちゃんの♪

すっちゃんちゃん♪


風美cover3


今年は「風美」の結成もあり、
私の音楽生活「ソロヴォーカリスト」として、とても幸せに過ごさせていただきました!

温かいメンバーに恵まれ、ユニットとしての楽しさや奥深さを経験させていただきました!

来年からも「風美」としてもそしてまた
「アウトローヴォーカリスト」として、様々な方々との共演なども
させていただきつつ、ますます「唄い手」としての幸福感を味わって行ければと思っております。

介護施設で唄わせていただく話など。。
これからも、周りの素晴らしい演者さんたちのセンスをお借りしながら
「みんながワクワクする音楽」に、拘り続けて行ければと思います♡

ソロで無くても「コーラスで入って♪」などなど、気軽にお声かけ下さいませ♡


本当にありがとうございました♡


10156003_218213098387856_1671375542660806569_n のコピー



スポンサーサイト
この記事へのコメント
1140. どんぐり博士   URL  2014/12/18 07:25 [ 編集 ]
じゃぁ
ソウタ〇の卒業式に、歌ってもらおうかなぁ
今、誰がピアノを弾くか弾かないか、
テープを流すのか?どうなのか?なんてやっておりますわ
ソウタ〇のピアノで、Akiraちゃんが歌う!
エエなぁ
1141. あんちゃんへ   URL  2014/12/19 15:53 [ 編集 ]
そんなこと、
安易に私に言ったらあかんよ。
「実行力の女」やのに(笑)
「突撃お宅で弾き語り♪」思い出した(笑)
1142. 東京の妹♪   URL  2014/12/20 13:21 [ 編集 ]
こっちにくるんかと思ってしまった(笑)

ライヴの詳細がなかったんだけど、ハコのHPからですな。

そのうち、風美ファンクラブの会費送るよ~♪ふたり分ね☆★
1143. 東京の妹へ   URL  2014/12/21 15:54 [ 編集 ]
そっちにもあるお店だからね(笑)
ライブの詳細は貼付けたコチラ↓
http://www.joyful-noise.net/sora/schedule/201502.html
ファンクラブ会費(笑)何だろうかぁ〜(爆)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/240-1ba1fb11
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: