〜葡萄色の夜明け〜
「ゆけゆけ「Aka-ri」(灯り)列車☆」
さてさて、またまた2月16日にライブも控えつつ、、


まずは、ひとつめ「ライブれぽ♡」


「ゆけゆけ「Aka-ri」(灯り)列車☆」

IMG_5360mizuma


はい。

人生初の「列車deライブ」


IMG_8015.jpg



「揺れるから酔わないかなぁ?」

そう!!


「酔うんです!!」(やっぱし)


幸いにも私たちのユニットは、相方Eriがカホン(パーカッション)を叩くので、椅子が必要♡

まだ座れたので「ラッキー」でした♪


10937494_.jpg


けど、降りたらやっぱり少し、、少し、、ね(笑)


けれど、とても楽しく、思ったよりも多くの人が乗り込んでいらっしゃり、

連結部分がオープンされていて、

歌いながらも、向こうの車両から沢山の顔が覗き込んでいる様子が見えて

またそのお顔が実に楽しそうで、


「しあわせだなぁーーーわぁーーしあわせーーー♡」っと、


心踊り、身体も踊り、歌っておりました♡(だから酔うんじゃね?)

Aka-riの列車演奏スタイルは

「アカペラ&パーカッション&マイク無し!!」

961583_.jpg


頑張ったよ!


一番向こうまで届くように♡


たとえ声が届かなくても顔が見えるなら、表情だけでもめーいっぱい届くように!!


知り合いのように手を降り(笑)足をやたらバタバタさせて(無意味)


IMG_8010.jpg



友人たちも来てくれました♪

「歌を聞きたかったから、仕事を昼までで終わらせて駆けつけてきたよーーー!!」
と、友人Yちゃん♡


「嬉しいじゃねえかーーーー!」(号泣!)


親友のpaoちゃんも、お仕事中でしたが随分時間を作って、お付き合いしてくれた♡


「嬉しいじゃねえかーーーー!!」(大ジャンプ!)


IMG_8029.jpg

あと、翌日にライブを控えたユニット「風美」のギタリストの1人「くろべ兄」

これが面白い(笑)

ちょうど列車に乗り込む時間にやってきた!


兄を見つけるなり「あ!椅子!それとそれと!早く!行くよ!!」

兄、超自然体で「ほいっほい♪」っと荷物を運んでくれる。

「俺はボーヤか」(ローディーを古めかしく表現するとボーヤになる)


そう言いながらも、実に楽しそうに(これ基本スタンス)

「ホンマのお兄ちゃんが来たみたいでなんだかホッと」した。

けど、、

「兄だけ扱い雑(ざつ)いじゃねぇかーーーーーーーーー!!」

(いつもなのでなれっこ・なぁれっこぉーー♪)


「ふふふ・許せよ。兄ぃ♡」

IMG_8103vox水間

(翌日の「風美」ライブPHOTOから…真っ赤に燃える兄。)


いやぁ。。ホンマに助かりました♪


さぁ!っと列車に乗り込み、友人たちや乗客様方々と流れる青空を窓越しに見つめながら

ひじょーーーに気持ちよく歌ってまいりました♡


「Aka-ri」(灯り)♡恐悦至極に存じます♡



10922711_.jpg


そしてまことに運良く(悪く?)乗り込んで来た「ジャージ姿の男子中学生諸君」


「みーーーーつけたぁーーー♡みぃーーつけちゃったぁーー♪」


はい。

存分にもてあそばれました。

私に、、(知ってるよね?)


IMG_5353水間



最後に一人の男子くんが、恥ずかし過ぎて「両手で顔を覆う」と言う「乙女チック」な場面が(笑)

ふふふ。

容赦無く浴びせるように、まだまだ突っ込むわ。


「わ・た・し♡」



あったがー。君たちはラッキーボーイズ


男子諸君。照れながらもずっと動画を撮ってくれて、

楽しそうに笑顔で聴いてくれていた様子を見て、

改めて、音楽の素晴らしさを感じずには居られなかった♪


「見知らぬ人と無条件に抱きしめ合えた、実にあたたかな時間」でした♡


IMG_8018.jpg


列車を降りてからは、駅のホームにある「待ち合いカフェ」のテラスで演奏も♡

「くろべ兄」

飛び入り参加していただきました♪が!そのphotoはございません!(ちゃんちゃん♪)

10929207_.jpg



最初、改札を入る時に挨拶させていただきました「無口な駅員さん」

終って改札を出る頃には、窓を「ばん!!!」と開けられて


「良かったです!!良かったデス!!」
と。。

IMG_8032.jpg


最初と全く別人(笑)


全く涙がでちゃうわ♡

あなた素敵なひと♡


心を素直にしてくれる音楽♡


「だぁーーーい好き♡すきすき♡」


IMG_8031水間


久々のAka-ri(灯り)

超忙しいパーカッションのEriの都合がたまたま付いたのが

こんなに穏やかな小春日和の長閑な駅で、

普段忙しい彼女が、温もりでくるんとくるまれた事に、感謝・感謝です♡

IMG_8005.jpg

IMG_5361.jpg


あくまでも基本「Aka-ri」(灯り)は「無期限活動休止」らしいですが(笑)

また、気が向けば、あなたの所に飛んで行くかもしれません♡


「たぁのしかったーーー♡」


「ありがとーーー♡」


IMG_8034.jpg


声が出るから歌うのだ。

音になるから響くのだ。

難しく考えちゃうと、まっすぐにはすすめないから

あたまをからっぽにして、心をまんたんにしてただ叫べばいい。


10941747_402690343240837_566654228_n.jpg


音楽はみんなに在るもの。

音楽はみんなを温めるもの。

今もこれからもずっと。


ね?


ね♪

IMG_8034.jpg


こちらのイベントに関わって下さいました、全ての方々。

色々とお世話をかけるばかりの「Aka-ri」(灯り)でしたが

快く仲間入りさせていただき、本当にありがとうございました♡

実に幸せな時間を共有させていただき、幸せ満タンでございます。♡






※さて、次回は1枚だけPHOTOをご紹介致しました、ユニット「風美」ライブレポでお会い致しましょう♡




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事へのコメント
1155. 和美   URL  2015/01/27 15:19 [ 編集 ]
 
 途中の駅から 乗り込もうと思ってたのに~
息子のインフルエンザで 断念しました(泣)

居合わせた人たちと 楽しい時間を過ごせるって
ステキ♪

1156. どんぐり博士   URL  2015/01/27 23:20 [ 編集 ]
Aka-ri(灯り)列車乗りたかったなぁ

1157. 和美ちゃんへ   URL  2015/01/28 08:22 [ 編集 ]
今「大流行」のものに乗っかっていたのね。
今度はAka-ri(灯り)列車に乗っかりに来てね♡
ありがとう!
面白い(笑)時間でした。はいご満悦♡
1158. あんちゃんへ   URL  2015/01/28 08:25 [ 編集 ]
「お乗りにきやしゃんせ〜♡」(次はあるか分かんない)

その代わり「おっさん」でも「男子」やから、
私の相当な「ツッコミ銃弾」にまみれる覚悟で♪

「防弾チョッキ」とか、セコイのは「貫通」やから♡
1161. ぼぉ~の。   URL  2015/02/01 10:15 [ 編集 ]
あ゛ぁ~~~~~~~~~~~~

楽しそうじゃ~~~~~~

いや、楽しいに違いないぃ~~~~~~!!

防空頭巾ではいかんやろか?
1162. ぼぉーちゃんへ   URL  2015/02/01 23:50 [ 編集 ]
防空頭巾。
そんなもん貫通じゃ。
兄と共に鉄壁の装備でまいれよ(笑)
待ってます♡
次はあるか分からんけど(笑)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/244-3a5c94b1
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: