〜葡萄色の夜明け〜
リアル「白馬の王子」に恋しています
sidarezakura-ic2.gif

ブログカテゴリにお気づきでしょうか?


「女ですもの」シリーズやってまいりました♡



では、face bookからの昨日の投稿から↓


ラインimg_4ラインimg_4



☆通勤電車中の投稿☆


「本番2日目」の、昨日のできごと。

仕事中にモニタ画面がギラギラして気分悪く、視界が無くなり歩けなくなってしまった。(笑)

『なーんと情けない!』

「接客応対・敬語マナー・状況判断」は、お褒め頂けたので、何とかおいていただけそうですが、、

ー長いので割愛させていただきますー

仕事を終えソファに座ったら23時。「そんな仕事もうやめてー。」と、隣で声がしています。(笑)



☆休憩タイム投稿☆



やったー*\(^o^)/*  ご立腹だったお客様。

40分かけて、果敢に詳細応対にあたりました!(もともと苦情処理のお仕事などではございません)

最後は「ありがとう」というお言葉までいただき、任務を完了出来ました!(T ^ T)

かなり「イレギュラーな内容」でしたので、スタッフの方々から、お礼と拍手をいただきました(笑)

「どうせならお菓子をくださーい*\(^o^)/*」「火事場の馬鹿力。」あってよかった(^_^)


☆仕事終わったー投稿☆


そして残業。

だだっぴろーーーーーーーーいオフィスには2、3、人。

コツコツと業務処理。(どうも複雑な件に遭遇するひきの良さ?)

オフィスビルを出て帰り道……

頭の中空っぽで大都会の夜にふーっと、心地よくため息をついて歩く。。

えーーーーーーーーーーーーーーー!?


ラインimg_4ラインimg_4


はい!!ここからブログはじまり↓


そうして私の視界に現れました


「白馬の王子?さ?ま?」


つつ、、疲れてるからね?きっと、、まぼろしぃいいーーーー☆☆なのだわ…。。


ん!


窓を開けたよ!?(馬では?)


「あーーーーーーーー!!ホンモノの王子だーー!」


嬉しくて嬉しくて、開いた車の(馬では?)窓からとっさに滑り込み


オフィスビルの前の通りで「ありがとーーーー!!ハグハグ♡」(何か?)


ほんとーーーーーに、びっくりしました。




ー 出逢った頃を思い出していました ー

IMG_3314アキラ



当時、私はお仕事をいくつもしていたので(難病になる前です。)


色んな所に迎えに来ていただきました。


当然、本人も仕事を終えて疲れた身体で。


それまで、大都会に車で行くなどご縁のなかった人でしたが、


全くひるむ様子も無く、ただ「逢いたかったから迎えに来ただけ。」と。


いつもその言葉で、私を迎えてくれました。


IMG_4483akira.jpg


当時のプチエピソード…


現在、阿倍野ハルカスになっているビルから仕事を終え、颯爽と歩く私は

王子の車を見つけ、嬉しくて思いっきり手を振ると、地球が傾き(深い溝に片足をつっこんだ。)

王子は青ざめる。。


その後、一緒に六甲の夜景を見に行き「うあーー綺麗ーーー!」と言ったと同時、

階段からころころと転がり落ちる(王子の視界から消えた瞬間)

王子はかなりご心配。。


そんな時間を過ごしながら

出逢った頃よりも、私の事を知って行ってくれました。(鈍臭く、単細胞と言うこと)


見たい物しか見ない私。(なので溝にもハマるし転げ落ちる。)

何でも出来るように見えるらしいが、「ひと3倍」努力しないと出来ない私。

お化粧と服を選ぶのが、とても面倒な私。

それでもどーにか「笑顔」と「ありがとう」だけは絶やさず、何でも美味しく食べる私。



sidarezakura-ic2.gif


多くの方に支えていただき、私の病気も落ち着きを見せ


ようやくもとの生活に戻れる夢のような現在(いま)が、手に届きそうになって


こんなにこんなに月日が流れて、たくさんたくさん色んなこともありました。



IMG_6755_2アキラ




花びらの隙間に 瞳が揺れて 泣きたくなる…



穏やかで 心許せる場所にもたれて 鳴きたくなる…




11070756_344252662450565_7315657623427273883_o.jpg

(初の夜桜ショット)



今年が初めての美しさのように 瞬く間に咲いては散りゆく…


「またきっと来年も。」


「そして未来もきっと。」


永遠の約束を告げる。


IMG_9121akira.jpg



「逢いたかったから、迎えに来ただけ。」


「君とずっと一緒に居たい。それだけ。」



花びらの隙間から、そよぐ風にのって聴こえる歌声のように。



「女で良かった。」



あなたが此処にいなければ、そんな言葉を忘れ去っていたように思います。



「僕が守るよ。」



どれだけ月日を経ても、永遠の姿を見せる花のような


「リアル白馬の王子」に、恋をし続けてゆきたいです。


靴底まであたたかいから。


IMG_4480akira.jpg




さ!明日からもお仕事頑張ってきます!!



ふぁいっ!





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
この記事へのコメント
1212. かのん   URL  2015/04/05 16:48 [ 編集 ]
よかったねぇ(*^^*)
そうそう、階段から転がり落ちてたね
懐かしい。今もかわらずのあのまなざし、本当にともとして嬉しい
和歌山からの帰り、よいお話に疲れもふっとんだわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
1213. かのんちゃんへ   URL  2015/04/05 17:25 [ 編集 ]
今日はあなたにとっても、また一つ
輝ける日だね(^_^)💝
昨日も美味しく、桂花陳酒をロックでいただき
爆睡しました!
ありがとう*\(^o^)/*
1214. ドロシー   URL  2015/04/05 19:29 [ 編集 ]
素敵❤️

白馬の王子様って本当にいるのね…

私も待っているのに…
1215. ドロシーへ   URL  2015/04/05 23:05 [ 編集 ]
舞台では素敵な王子にいつも胸躍らせているドロシー。

次の幕があがる頃には、草原に見つけた光の
もとへ、駆け出すかもね♡
1216. 東京の妹♪   URL  2015/04/06 18:03 [ 編集 ]
どこかで聞いたような、よく聞くようなセリフが沢山。

あたしと居る時には、そんなにコケないよね?おねえ?(笑)

東京の桜は、そろそろ葉桜になりそうだよ🌸
1217. ぼぉ~の。   URL  2015/04/06 21:42 [ 編集 ]
昨日の朝、東京ですっ転びました。。。てへへ

1218. 東京のいもーとへ   URL  2015/04/06 23:48 [ 編集 ]
妹よ。
そう言えばこけては居ないが、会話がコケていることは、しょっちゅうだ(笑)
今年はお昼にゆっくり桜を見られない記念すべき年だわぁ。。(笑)
この夜桜も、カメラのバッテリーー切れで数枚だけの貴重品なの。
1219. ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2015/04/06 23:49 [ 編集 ]
ありゃりゃ。。
怪我しなかった?
こっちなら、兄がレシーブしてくれるのにね(笑)
1220. 東京の妹♪   URL  2015/04/07 06:14 [ 編集 ]
ぼぉ~のさん、東京にいらしてたのですね。
次回はあたくしが、受け止めます。いや、どうぞお気をつけ下さい。
1221. ぼぉ~の。   URL  2015/04/08 00:16 [ 編集 ]
東京の妹さんへ

そぅなのです。。。
めったに行かない都ですっ転んでしまいました!!
はぅっ!!(@_@。
次に転ぶ時は、妹さんがいるのを見つけてっっ
って。。。気をつけます(^^ゞ
ありがとうございます♪
1222. どんぐり博士   URL  2015/04/08 17:52 [ 編集 ]
玉子・玉子・玉子・玉子・玉子・王子・玉子
玉子・玉子・玉子・玉子・玉子・・・・・・・

こんな近くに王子が隠れていたんやね。

そう思えるAkiraちゃん夫婦はステキですネ

1223. ☆ あんちゃんへ   URL  2015/04/09 11:12 [ 編集 ]
色々あっても、出逢った頃のままの気持ち。
いつも大切な宝物です♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/259-a6e87966
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: