〜葡萄色の夜明け〜
娘よ「いい女」になってはいけませぬ


「お母さん。母の日は居ないから少し早いけど渡しておくね。」

_7496047596558280971_n.jpg



「いつも本当にありがとう。」


この言葉が嬉しい。


数日前に娘からいただき、うれしくて飾っておりました。


11196295_359759830899848_4067542734061024698_n.jpg


「来年成人式」


大きくなったのかなぁ?


ホントかなぁ?



11038792_358525834356581_5917452161929542489_n.jpg



まだまだ特定の男子とは、ご縁が薄そうな娘。。



成人式を前にした娘へ



「母の日」として、母から手渡したいものは


IMG_9545.jpg



娘よ



「いい女」は なりませぬ。



「いい女」と呼ばれる女になってはなりませぬ。



IMG_9566akira.jpg



どこかのページに「男が考えるいい女の条件」、、



1.落ち着いている

2.優しさがさりげない

3.どんな他人にも優しい

4.経済的にも自立している

5.マナーを持っている

6.エレガントさがある

7.包容力がある

8.少々のことには動じない。


なるほど。

IMG_9550akira.jpg



このような女性は確かに魅力的です。



素直にそう思います。



しかしながら…


IMG_9557akira.jpg


このような箇条書きにあげられる


そんな「女」にならないで下さい。


そしてそれは


「変わり者におなりなさい」と云う意味とは対極でございますので、何卒、誤解無きように。


IMG_9546akira.jpg



もしも彼が(将来的に。。)あなたに


この項目のどれか1つでも掲げて嬉しそうな時は


その時はあなた自身が彼の事を、


この箇条書きに当てはめていると云う事にだけ、どうか気が付いて下さい。


「はっ」として下さい。



img096akira.jpg


「お母さんも人間なんだから泣いてよ。」


「いつも人のことばっかり、、」


難病になった私に向かい、普段口の重い、小学校3年生のあなたが口にした言葉です。


10985381_359759804233184_4898694771210617556_n.jpg


「どうぞあなたはそうなりませんように。」(笑)


「何よりもの申すDNA」ですからね。




最近ますます「似てる」と思う事が増えて来た今日この頃です。


食いしん坊ぶりも母譲り。


先日のお出かけでも「お母さんと一緒に居ると一瞬で太る!!」と口にしながら


美味い物をぱくぱくほおばる娘でした。


11214221_358525851023246_5164653719373507584_n.jpg



まーーー。


「いい女」にはなれませんね。


あんしん(笑)



img092akira.jpg



数え上げないで。


あなた自身も、そしていつか訪れる愛しい人のことも。


石ころみたいに まあるく笑っていて。


「まあるく可愛い子になりますように」


あなたが産まれた頃から繰り返した母の呪文です。




「今年もありがとう」



母の日の「戯れ事」なり。




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
1248. かのん   URL  2015/05/11 08:48 [ 編集 ]
母の日は愛しいこどもの日なり
そうだなぁ。そうだなぁ。そうだよね。
そして彼女はそっくりのまぁるい優しい子になったね。
1249. ☆かのんちゃんへ   URL  2015/05/12 07:40 [ 編集 ]
ホントだね。
愛しいこどもの日♡
母と呼んでもらえるだけで幸せだよね。
ありがと♪
1250. どんぐり博士   URL  2015/05/13 17:54 [ 編集 ]
娘ちゃんに会った事はないけれど
写真のまんま、優しい大人になったような気がするネ
悪い男につかまらないように、目を光らしとかなあかんかなぁ・・・・・
モエ吉も今のうちから言い聞かせておこう(笑)
1251. あんちゃんへ   URL  2015/05/14 19:29 [ 編集 ]
やっぱりモエちゃんの話題だね(笑)
そりゃあ気になるさぁ。。
あんちゃんどうなるんやろうなぁ。。
むふふ♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/267-a87d5fac
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: