〜葡萄色の夜明け〜
「信じられない!憧れの人とまさかのステージ!」只今宇宙に浮遊中
あーー。


あーーー。


「放心状態」でございます。


IMG_9840akira.jpg



昨日の出来事。


本来ならば、このブログ。激務からようやく解放された相棒と



「2人で大自然を満喫ーー!いぇーいい!」とか


IMG_9752akira.jpg


「やったっぁーーー!!代休ーーー!!」的な




「ベタなタイトルのブログ」のはずでした。

IMG_9909akira.jpg



しかし、大自然の帰り、相棒と立ち寄ったお店。


「D45」HPはコチラ



実は最近私が「営業時間外」に、お世話になっているお店でして。。(なんでやねん)



11009095_363863617156136_2538850826984726905_n.jpg



そう。


「なんでやねん。」


なので、昨日のドライブ帰り、相棒が一度オーナーさんに


「Akiraがいつもお世話になっているので、是非ご挨拶を」


と一緒に立ち寄ったのです。




お店に入ると、格好いい女性がいらして、気さくに声をかけて下さり、そしてステージで唄いはじめられました。


1ステージ目は「カヴァー曲」でした、、


IMG_0089akira.jpg


「あぁ響くわー。素敵やわー。何ていい日に来たのだ!!」


たいそうご機嫌に、歌声に心を略奪されていたところ…



「ん!?」




「ん!?」



「この声…この歌い方!!!??」



「ずっと昔から知っている??」



私の血液中に流れる細胞が、脈々と波打ちました。



そして中学時代に、カセットテープがすりきれるくらいに聞いて歌った「枕詞」だ!!!



「あの方のお声にちがいない!」




と、確信致しました!



ご本人も、お店のオーナーさんも



「良く分かったねーー!?カヴァー曲を聞いて分かったなんて、むしろそれが凄いわー!」



そう驚いておられましたが。。





「分かるに決まってるじゃないですか!」

「どんだけ聴いたとおもってるんですかーーー!!!!」




私が中学時代に憧れ続け、高校の時、ヴォーカルスクールに行くまでの間


1年間だけ所属していた「フォークソング部」で歌った曲。


「枕詞」(まくらことば)



歌は、すりきれるほどに聞いたのに、私は名前もお顔も存じておりませんでした。




もともとあんまりそっちに興味が無く


大好きな曲でも、周りがびっくりするくらいに「名前と顔」を存じ上げて居ない方が多いのです。


そこに対して全く興味が湧かないと言うよりも


「曲を受け止めるだけでいっぱいいっぱいの体質」です。


11024700_363863513822813_7025822666646994263_n.jpg



中学生時代。

当時「ポピュラーソングコンテスト」なるものがございました。

今でこそ、沢山コンテストはありますが、私の時代はこれが「プロへの登竜門」でございました。

テレビ番組ならば「スター誕生」でしたね?



「ポプコン」と呼ばれておりましてね。。


その「ポプコン」で幾度も入賞なさっておられる方。「藤田久美子」さま。


この時は「あみん」が「待つわ」で全国優勝した年でした。




しかし、中学生の私が当時、カセットテープがすりきれるほどに聞いたのはこの時


エントリーされていたこの彼女の曲だけ。


「何て歌い方をなさるのでしょう?」


「こんなにも、音符から音符への空白が繋がって


絶対値で景色が途絶えない歌い方ってあるんだなぁ。」




IMG_0124akira.jpg


「魂の歌?」



いえいえそのような表現はありきたりすぎて



「無音の時に、さらに感じさせる歌い手さん」


とか。。



あーーー。


ボキャブラリッィーーーー


たりねーーーー。


こんなんじゃないーーー。


彼女の名前を検索させていただきました。

あんまり沢山探したりするタイプでは無い私ですが

彼女に魅了された方のこのような記事が、すぐに飛び込んでまいりました→


ま!聴けば分かるわ!

それが音楽なのだから!





私が慕い続けた曲「枕詞」です。




なんとこの「枕詞」を歌われていた当時、「彼女は十代だった」のです。


…ジュウダイデ コノウタヲ ツクッテ ウタッテイタ…



…ソレヲシッテ…



…サラニ…



…オソレ オノノイテ オリマス…



数々の有名アーティストさんにも「楽曲を提供」されていらっしゃいます。


その中の1曲。この歌も、私が昔よく歌わせていただいておりました。



「想い」





そして昨日、この歌を、ご本人と一緒のステージで歌わせていただきました。


いや。。本来ならば「客席で聴きたかった」


「ホントに歌ったのかな?」


「ホントかなーーー?」


まだ、まだ、現実を受け入れられておりません。


IMG_0039akira.jpg



ご本人を前にして「図々しい振る舞い」ばかりをした記憶が「何となくある」くらいです。


分かった瞬間に「キャー!!!!!!」っと飛び上がるどころか


「ぽっかぁーーーーーーん」


終始「ぽっかぁーーーーん」としながら



ご本人に、彼女の歌に対する私の想いを、少し打ち明けていた様な記憶がございます。



「どうぞどうぞ非礼をお許し下さい。」


「そしてそれが今後続いたとしても、その時も、またその時もお許し下さい。」



11227557_363863563822808_6980368599710799317_n.jpg


ー 昨日、あなたに出会えた事は、きっとあの時から決まっていた。 ー


そんな風になど、到底思えない出来事でした。



「フジクミさん♪」


あなたの名前も顔も、全く存じ上げなかった失礼な私です。


けれどあなたた私に植え付けた細胞は、ずっと身体が記憶していました。


私の琴線に触れ続けていたあの曲、あの声、


まさか目の前で、そしてコンサートホールではない、私の大好きなあの空間で聴かせて頂けるなんて、、



あーーーーーーー。


あーーーーーーーーーーーー。。




あ。。こんな話しもあっったのですよ。


私がヴォーカルをさせていただいております、ユニット「風美」のリーダー「くろべ兄」


私と出逢った頃、暑苦しく語ってくれた事があります。(笑)


IMG_0140akira.jpg



「僕は、女性シンガーは彼女がいるからいい。そう思って来たんだ。」



と、そのお話しを、何度か聴かされていた


その方が、まぎれもなく「藤田久美子さん」



何とも私と深いご縁があったお方だったのだと


その偶然にも驚き、「ようやく一致した夜」でもありました。


IMG_0126akira.jpg


けれど私はまだなんだか現実的ではなく、しっくりときておりません。


あーーー。


あーーーーーーー。


どうしようーーーー。


生きていて、おんがくやってて良かったわーーーーーー。



そして彼女の曲。なんと「あきら」と言う曲もあるのです!!


ぎゃーーー!私の名前ーーー!(を呼んでいる訳では絶対にない。。)


「あきら」






これから彼女の歌声を「生で聴ける悦び」が、尋常じゃないですわーー。



あーーーー。



うれしいーーー。



あーーーゆめじゃなかったのよねーーーー。




昨日「D45」でご一緒下さいました全ての方に、もう感謝しかございません!!


最後にみんなでステージに上がり「ルージュの伝言」歌わせていただき、楽しかった♡


これからもどうぞ宜しくおねがいします!!


マスターのジャックさん♪



ようやく本営業にお邪魔させていただき、とても楽しかったです!!


IMG_0084akira.jpg



「みなさーん!あーりーがーーーとーー!」



と言うことで、いつも以上にしばらく「ぽっかぁーーーん」としております。





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事へのコメント
1254. どんぐり博士   URL  2015/05/21 12:41 [ 編集 ]
こうゆう、出会いって・・・あるんやなぁ
”藤田久美子”さんかぁ・・・・・
全く知らんかったけど・・・・・心に響くねぇ~
夜中に、何回も聞き込んでしまったわ~

それにしても、懐かしいなぁ~
テレビで、コッキーポップもやってたやんか
司会は大石吾朗さんやったかな
よく観てたし
あみん:待つわ
明日香:花ぬすびと
まりおん:sea
伊丹たつやとside by side
キャデラックスリム
ちょうどそのあたりだよね~


1255. ☆あんちゃんへ   URL  2015/05/22 01:47 [ 編集 ]
良かったでしょーー♪
聴いてくれたんやねぇーー!!
ありがとうーー♡

そうそうその辺りドンピシャ!!
話しの通じる年代さぁーーー(笑)
あ・産まれた日も一緒やったなぁ(笑)
1256. ST   URL  2015/05/31 03:47 [ 編集 ]
私の知らない人でしたが、この曲を思い出しました。
https://www.youtube.com/watch?v=Uxy9Keo_KVc
1257. ☆STさんへ   URL  2015/06/01 09:23 [ 編集 ]
河島英五さんの語り継がれる曲の1曲ですね。
こちらの曲も、時代を越えて染みる曲ですね。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/269-7b44cafa
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: