〜葡萄色の夜明け〜
愛すべきは「面倒くさ〜い友」
おはようございます。


最近face bookで「友人たちと逢った投稿」を自粛しております。


何でか?って、理由はかんたん。


「行き過ぎているから」

IMG_012222.jpg



「この人毎日何してるの?何のお仕事?」



果てにはそんな囁きも聴こえて来そうで。。


いや、実際人と逢っていて「これがお仕事だったら私は大富豪だろうなぁ」

と思います。(ホントの富はいただいておりますが。。)


いつになく「周りを意識して」(人生初かもしれません。褒めてつかーさい!!)


只今完全に自粛させていただいております。


んで、ダイジェストと言うコトで、私の面倒臭〜い愛をここらでちょっと。。(書くんかい!?)

IMG_2388222.jpg


昨日の日曜日。

家族ぐるみで仲良しの、友人夫婦のお家でバーベキューにお呼ばれでした。

友人両家のお母様お父様もお揃いになる中で、私と相棒と親友が何の違和感も無く参加(笑)


あ・もともとは私コチラのご夫婦の「ご主人のファン」だったのです(今もですが。。)

ライブにも相棒と共に、もれなく足を運び続けました。


初めて彼のステージを聴いた時


「パーフェクトヴォイス!パーフェクトフェイス!」


悲鳴をあげてしまいました。。


先日行われた、大きなイベントでも、確実にファンをゲットしておりました。



でも、今はどーーやら彼が男前に見えないみたいで。。(実際は誰もが認めるイケメンです。)


彼が何よりも守ろうとしているもの。


そして、そんな彼をどこまでも守りたい人々。


「万が一、ブサイクになってもハゲても、あなたが大好きだわ!!」わたし。


彼のめんどくさーーーーい「圧力釜のような精神」(笑)


そんなことが大き過ぎて、嬉し過ぎて、本当に幸せな時間を過ごさせていただいております。


IMG_414122.jpg



その前は、ファッションソムリエ「MIYU」ちゃんと。☆ファッションソムリエMIYUのブログ☆

なかなか暑苦しくこちらも「めんどくさ〜〜い会話」が尽きません(笑)

けれど彼女には「どんなにブサイクになっても」とは言えません(笑)

お仕事ですから!(笑)

彼女は、とても「愛情深く優しい女性」(ひと)その分色んな想いも自分の中に閉じ込める。

見た目はインパクト大ですが、そのファッションに負けないくらいに

心にもスパイスがきいております。

出逢った時から「Akiraさんは何もしなくていいからとにかく側に居て下さい。」

今もずっとそんな言葉をくれます。

IMG_4309222.jpg



先に話した彼も彼女も、ぱっと見は、かなり人目をひく人物。

ひょっとしたらちょっと話しにくい雰囲気もあるかも知れません。

けれど、中身は「圧力釜の様な精神」があるだけ。(私的見解をふりかざす失礼千万、、、)

当然「相まみえる私も同類」だと言うコトは自覚のもとに発言致しております。

IMG_3666111.jpg


これからも、日々、かなり慌ただしく、こんな風に友人たちと過ごすのでしょう。

「私はミュージシャンではないなぁ。」といつも思います。

そんな事を、昨日の友人宅で、ふともらしたら


彼:「ミュージシャンと言うより、Akiraさんはアーティストです。創る人です。」


私:「そう。今は一番ご飯を作っているわ。」(自信満々)

あきらのごはん


彼:若干ぽっかーーん(まだ、若干私の絶壁脳についてこれません)


「ね?なかなか滑稽な会話でしょ?」


楽しいんですよ(笑)




「暑苦しさは何処にも無い会話じゃねーか!?」


いえいえ。。これをかわきりに、話がどんどん暑苦しく展開してゆくのですよ。


笑う人は居ても、止める人は何処にもおりません。

Still 322 のコピー


私はきっと「相手が何を望んでいるか」を感じる事がとても好きなのです。

ただそれだけ。

それが日々のお料理だったり、音楽だったり、写真だったり、に変化する。

向かい合う人に言葉ではなく間接的にそれを渡したい。

それが私の幸せなのですね。


ミュージシャンでもなく、カメラマンでもなく、料理人でもなく、


はい。


いつもの合い言葉のように出ますよ!!


「そこにあなたが居るから」(いつものセリフですみなせん。)


IMG_8548222.jpg


此処にあなたが居なければ歌も、写真も、お料理も、何もかもが存在しない。。


「生きていてくれてありがとう」


これからも大切な友たちと向かい合い、


彼らが望むものに愛しさを込めて、創造してゆける幸せを存分に感じて行きたいです♡


愛すべきは「暑苦しく面倒臭〜い友たち」


何より暑苦しい私にいつも声をかけてくれて本当にありがとう。

IMG_3951222.jpg


そして、会話の最後を締めくくるように、いつも一言で決着をつける「親友」

☆ハンドメイーダーpaoのブログ☆

実はこの人が一番暑苦しいかもしれません。(笑)



もう1人

「ひぃいーーー!!ひぃいいいーーー!」っと悲鳴を上げながら(寝る間をおしんで働く)

何故か毎日笑って過ごしている友人。☆花育士kanon♪のブログ☆


IMG_7354222.jpg


まーー。あげるときりがないのですが。。


これからも宜しくねん♡


ちょっとでも長くあなたたちと向かい合えるよう、長生きしてくから。


健康の為にはじめたジムも、何とか定期的に自分のペースで通えております。(丸2年。はや。。)


IMG_483222.jpg


明日は難病の定期検査「国立病院での総まとめ」沢山の検査が待っております。


「まな板の上の鯉」となってまいります。


薬無しで此処まで回復出来た奇跡。


強さだけではこの結果は得られませんでした。


その理由を私は死ぬまで手離しません。(めんどくさーーー)



「大切な物。いつも手渡してくれてありがとう。」


ネタにしたおともだち。


笑って許して。


IMG_5904222.jpg




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
1262. ぼぉ~の。   URL  2015/06/15 23:29 [ 編集 ]
いつも素敵な友に囲まれた素敵な人♡
Akiraちゃん♪
うふふふふぅ~☆
1263. どんぐり博士   URL  2015/06/16 17:56 [ 編集 ]
そこには”愛”あるんよね~

大きな、大きな、”愛”があるんよね~
1264. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2015/06/16 22:23 [ 編集 ]
ホントにいつも騒がし。。いや。。賑やかで嬉しいね♡
うふふうぅう♡
1265. ☆あんちゃんへ   URL  2015/06/16 22:24 [ 編集 ]
あんちゃんのおはちの大きさには敵わないかも知れないが、確かに大きい♡(笑)
1274. かのん   URL  2015/06/22 00:03 [ 編集 ]
わたしも登場させていただき
ありがとう(≧∇≦)
めんどくさいのが自慢です 笑
akiraちゃんにあってさらに笑える人生
次は蘭丸さんたちとともに
バカ笑いじゃなぁ

1275. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2015/06/22 07:43 [ 編集 ]
いつものごとく勝手に登場さされました(笑)
めんどくさいのが自慢。
そうそう、そんな声がどこからも聴こえて来るよ(自分の中からも)(笑)
蘭丸さんたちとバカ笑い。
いやぁー素敵な笑顔だったね!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/275-30026cc4
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: