〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「らしく咲く」〜Akira言いたい放題〜
さあ、「言いたい放題。言い放ちブログ」の始まりDESU♡


「らしく咲く」

IMG_8420春キャベツ

(今年の春に作った「春キャベルのゴロゴロメンチ」)


数週間前、実に「30数年振りに」ヴォイトレに行きました。

「トレーナーさん」がまさに「らしく咲いていらっしゃる」イメージがあったので。

ただそれだけで。

お話をさせていただき「バッチリフィット」するお話が!

IMG_8493akira.jpg

(「南蛮キセル」at 「マザーポップコーン」)



『今の若い世代の方は(全員と言うわけではございません)

好きなアーティストを技巧的に真似る巧みさは秀でていて、そして

「あなたのオリジナリティーを出してみて」と言うと、なかなか難しいみたいでね〜。』


とトレーナーさんから、ふと出たお話でした。

IMG_8500akira.jpg


まさしく、
私が先日相棒と話していた内容と合致!!


要するに…


「聴いてて退屈なんですわ。」(もの凄くハッキリいいました。)



こちらは私の主観ですので、ぶん殴りたくなった場合は「お近くの壁」をどーぞ。

これは「トレーナーさんからのお言葉」では決してございませんので、

くれぐれも誤解無きように。

IMG_8501akira.jpg



お願いをされれば「トレーナーサイド」に立つ事もございます。

以前、2人の男の子(おのこ)を担当させていただいた時、


第一声「どうやったら上手く歌えますか?」

IMG_8502 2akira



「はい。私の所にいらっしゃった言う事は、まず、これからくどくど話しを聞かないといけませんね?」

「意識をどこに持って行くか」で歌は変わります。

「声」は変わります。


「意識」こそ一番大切。

「イメージ」と言うと分かり易いでしょうかね?

IMG_8502akira.jpg



だって「人間」が歌うのですよ?

あなたは「アンドロイド」ではありませんから。


人間がもっとも弱くて強い部分は何ですか?


「意識すること」です。

IMG_8506akira.jpg




くどくどくど…。

くどくどではございますが…。


お二人とも、少し力強く、そして楽しそうなお顔をされ、初めと表情が全く違ってきましたねん♪

IMG_85192akira



あえて1つだけ申し上げるならば


「腹式呼吸さえマスターすれば大丈夫♡」


はい「あーーー♪」

ほら声、
変わったでしょ?「わぁーー!げらげらげらーーーーー!!!」

はいそのまま「今サビうたってーーーー!」


IMG_8507akira.jpg



「喉をこう開く、口をこう開く」そう伝えちゃうと、どうしてもそれを意識します。

楽しかった感覚、笑った感覚、イメージをとことん「身体に記憶」させる。


「かってに喉が解放」されます。(あくまでもAkira方式)

ま、結果同じだけどプロセスが違うだけ。

IMG_8533akira.jpg



「らしく咲く」

一眼レフは高性能。

音楽理論は通過点。


最終的には「らしく咲く」


それがなければ何の意味もありません。

IMG_8519AKIRA.jpg

(娘が昔のフツーカメラで撮影)




一眼レフが無いと不安…

上手く歌え無いと不安…


「まっこと、つまーーーーんない!!」



のであります。


半年くらい前、撮影のご依頼の時

「プロフィールありますか?」と聞かれました。

お知らせをしたら、やや腰がひけていらっしゃいました。(笑)

IMG_0250akira.jpg



…こーなるから嫌なんだわ…

よーーーーっくご覧下さいませ。


「あなたの目の前にいる、私」をご覧下さいませ。

そんなたいそうな人間に見えますか?

「ただあなたと向かい合いたいだけの私」です。

「最大限にリラックス致しましょう♪」

IMG_0253akira.jpg


姿」が一番美しいのです。


「美しく透明な写真。」より

「らしさの1枚」こそが、胸を打ち、人生と関わり、想い出となり

同時に、何より自分自身が「らしく咲く」のではないでしょうか?


以上、写真も歌も上手ではないAkiraの戯れゴト(あかんやろ!)


今日も最後まで聞いてくれてありがと♡

みなさんのいつもの「寛大パワー」に感謝♡

IMG_0259akira.jpg


本日のLIVE PHOTO。


先日「風美」の親友ユニット「南蛮キセル」のライブを「スマホで撮影」したものです。

彼らはみんなが知っている「昭和歌謡」のコピーバンド。(たまに平成も入ります。)

コピーですが「オリジナリティーの塊!!」「お客さんをとにかく楽しませる集団!!」

でございます♡

「南蛮キセル」さん!お写真思いっきり使わせていただきました!

「ありがとう!!」(この場で勝手に承諾をとる。Akiraパターン)





あーーー蒸すわねーーー。

梅雨でも胃腸は絶好調ーー♡


IMG_8453akira.jpg

(久々、夜中のガッツリラーメン)



秒速から音速に変わりつつあり、ますます毎日がめまぐるしいですが

身体は元気です!

では、またねー♡

TONAKTSU.jpg


「らしく咲く」には、誰かと比べてはいけません。

当たり前の事だけど、「あなたはあなた」「わたしはわたし」

生き方もぜーーーんぶ♡









☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事へのコメント
1296. ドロシー   URL  2015/07/09 21:41 [ 編集 ]
カッコイイおじさま達❤️

私、トンカツが食べたいところでした…

写真だけで…辛い
1297. ドロシーちゃんへ   URL  2015/07/10 07:37 [ 編集 ]
ホント、お客さんの楽しそうな顔を一度見て頂きたいです!!
と言うか、ライブに飛び込んでほしいですね♡

トンカツ♡
健康的な食欲のドロシーですね♡
1298. 衣里   URL  2015/07/17 09:36 [ 編集 ]
おりじなりてぃ…難しいです。
学生のときクラシックの再現音楽に
取り組んでいた時から課題でした。
作曲者の意図を忠実に再現しつつ、
どこまで「私が演る意味」を出せるか?と。
オリジナル作品をやるようになってからも、
自分の演奏(楽器も歌も)の
平凡さが好きになれません(>_<)
作る曲も、地味で平凡(>_<)
私自身が地味で平凡やから
仕方ないんだろうけど(笑)
音楽だけじゃなくて、家族のなかでの役割や、
職場での立場もそう。
「世の中で無くてはならない歯車」なんかに
なれるなんて決して思わないけど、
小さくても独自の色で、
たとえ地味でも、必要な人には輝ける歯車として、
生きている限りは役に立ちたいデス。
1301. ☆衣里へ   URL  2015/07/17 17:19 [ 編集 ]
うあーー!びっくりした!!
コメントくれてたんやねぇ。。
まっこと「浅瀬での戯言」に申し訳ないくらいのコメントをいただいちゃって。。(笑)

突き詰めれば、矛盾するようだけど
「オリジナリティーの無い人なんて居ない」のだけれどね。

なんせ「浅瀬での戯言なんでね」(笑)

あなたから感じるものが大き過ぎて
まさかそんな風に自分の評価をしているなんて
本当に意外だわ。

「地味で平凡?」誰の事?だれのことや?
おーーーいい!だれのことーーー??(そないに言わんでも。。)

衣里の熱い情熱や心の内は、一緒に音楽をさせて
もらっていた私なら痛い程感じるけどね。
地味な人が「ファンクラブ」出来るんか?
職場で(笑)

「変わったコトをする方が良い」とは全く思っていないのよ。
「平凡」ならばそれで良し。

まー。。基本的に「浅い」から。
分かってくれてると思うんだけどね♪
10月、一緒に演れるのが楽しみすぎるのよねー♡
1304. 衣里   URL  2015/07/17 18:25 [ 編集 ]
確かに…生きてるだけでオリジナルですね(笑)
だから、そのせっかくのオリジナルが
「生かせてないなぁ」って事もありますね。

ファンクラブ(?)の人は、
私が「結婚して子どももいます」というと
あからさまにガッカリされて、
あまり来なくなりました(^^;)

それで別にいいんだけど、
わかりやすいというか何というか(苦笑)

ただ、、

平凡って言葉の幅は大きいけれど、
幸せなことでもあるし、
平凡でいることも、実は難しいと思います。

ハイ、浅い戯言でした(^o^)

私もライヴめっちゃ楽しみにしています♪

誰にも邪魔させないんだからねっ!
フーーーー!(←ネコの威嚇風)
1305. 衣里へ   URL  2015/07/17 22:54 [ 編集 ]
最後は猫になったのだね?
私は「たたく犬」を拾ったはずだが?(笑)
どちらにしても可愛気あるからいっか♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/283-77a18861
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。