〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「究極の幸せ」〜どんな風に歌うの?〜
過ぎ去った時間は戻らない。

ギターはすっかり弾かなくなってしまったけれど

変わらず在るのは、この頃からの大切な存在。

AKIRA ヒストリー111


わたしは「泣き虫に」なった。

わたしは「うそつき」になった。

わたしは「絶対」を言わなくなった。

わたしは「命の輝き」に手を伸ばすようになった。



力一杯生きる事より「しなやかに生きたい」そう思うようになった。

たくさん触ってもらったから。

たくさん触っていたいと思うようになった。

IMG_3676222.jpg



「潔くカッコいい歌」を歌いきる自分より、

「ちょっとカッコわるい歌」を、調子に乗って唄いたいと思うようになった。

「それでもこんなに好きなんだ」と、見届けられたいと願うようになった。


手渡したい人が目の前にいるなら、

どうやったら渡せるかを自分なりに考えた、生半熟な着地点。

IMG_5092blog.jpg




雲が流れ、私自身も流れた。

涙が流れて、温もりだけが残った。

この温かい景色の中、しっかり歩まず、ふわりと降り立っていたい。

IMG_6211akira11.jpg



これからも柔らかな心で、自然の流れに任せていたい。


そうしたらひょっこりと「エアープランツから花」なんて咲いたりして。

11703242_381960288679802_3630446208745564485_n.jpg

(咲きました)



ひとつひとつの未来を繋ぐもの。

無くしたくない心だけ 抱えたまんまで

それをどーにか手渡せればいいな。

IMG_6165おかあさん



感動する歌は私の歌じゃない。声じゃない。

あなたがどうかあなたの声で届けて欲しい。

あなたの心が「唄い出したい」と感じて欲しい。



そうなってくれると究極に思うツボ。

泣けるほど幸せ。(もう泣いている)

だからこれからも歌っていたい。

IMG_6271blog.jpg

(大好きな、奈良の餅創作料理「池田屋」さんご夫妻。季節感。しっかり外しております。)



☆「池田屋」さんでの美味し過ぎて楽し過ぎる記事はコチラ☆





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
1319. ドロシー   URL  2015/07/27 21:26 [ 編集 ]
もう! 美味しいのが並び過ぎ!!

池田屋さんのお店にも、飛んで行って来ました〜

お腹が空いただけじゃ〜


今のままのAkiraちゃんでいいよ〜

私も初心に戻らないとダメだ。
1320. ☆ドロシーちゃんへ   URL  2015/07/28 17:45 [ 編集 ]
でしょー♪
美味しいだけじゃない真心がホントに伝わるお料理♡
やっぱり「人」が作るものって素敵だなぁと思います。

今のままの…。ありがとう♪
初心に戻らなくても、ずっとアリスじゃない♡
1321. どんぐり博士   URL  2015/07/29 12:47 [ 編集 ]
それにしても、変わらんね~
1322. ☆あんちゃんへ   URL  2015/07/29 16:56 [ 編集 ]
暑さにやられたか?
変わったよ。7kgもーーーーーーーーー(笑)
こんだけ食べ散らかして100キロにならんのが不思議や!
1323. 東京の妹♪   URL  2015/07/31 08:58 [ 編集 ]
うわお!!写真の場所は、もうないんだよね?

ワンマンライヴと泪は、宝物🌠音源、探してみよ🎵
1324. 東京の妹♪   URL  2015/07/31 21:41 [ 編集 ]
↑音源発見♪そして泪
1325. ☆東京の妹へ   URL  2015/08/01 21:13 [ 編集 ]
そーだった!
何でギター抱えてたのか思い出したよーー♪(さすがの記憶喪失)
写真の歩道橋は、とても美しく蘇りました♪
なつかしいな〜♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/287-0992f1e0
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。