〜葡萄色の夜明け〜
私の方が泣いたんだ〜記念日〜
友人たちが私の体調とお仕事を随分と気に懸けてくれているので、まずご報告から。


わたくしごとですが、週に3日と言えど、8時間息つく暇もなく

一切の集中力を欠かすコト無く、職場を走りつづけております。

ジムに通っていたので筋肉痛にはなりませんが、




とにかく足がぼーーーー。


2062AKIRA.jpg

(終った後しばらくは、思考回路も全て停止)




この状況はお仕事が慣れても同じみたいです。

娘と同じ歳の同僚が「頭も身体も MAXですーー!」と、息をきらしておられましたのでね。(笑)



「すみません」じゃないでしょ!!

「何故間違えたか」を聞いているのよ!!

「すぐに説明しなさい!!瞬発力が必要なのよ!!」

「ミスは絶対に許されない!!外国まで謝罪しに行くの!?」

「本当に何度言ったら解るの!!」



とまー、全ての先輩方から、日々厳しいご指導が飛び交っております。


私もあと少ししたらこの洗礼を受けるかと(笑)



「98%外国人の環境」



日々おびただしい数の外国人の方々とのコミュニケーション。




「まだカタコトですが、楽しすぎます♡」
(楽しいんかい!)




昨日、自宅の最寄り駅の改札を出る時に「お先にどうぞ」と譲っていただき


思わず英語でお礼を言いそうになり「はっ!」と致しました。(切り替えが出来ない特性)

nc41464AKIRA.jpg



まー。


もともとろくな日本語話せてなかったし、これからはどっちでもいい事にしよーーーっと(笑)



「伝えるコトに意義があるのよーーー♡」(お気楽な脳みそを職場に持ち込む)



わたくしのご友人さまさま。


こんな感じで、日々働いております。



「週に3日が玄界灘」

809551iAKIRA.jpg



ちょうど良かったです。(笑)





そして 本題。 (ようやくかー)



相棒ネタ。続きます。



昨日は「彼のお誕生日」

IMG_9533birthday.jpg



プレゼントのごとくの朗報。


仕事終わりの私に、車で迎えに来てくれた彼。



嬉しそうと言うよりも、若干戸惑った表情で話してくれました。



「どうしよう?どちらにしよう?どうしよう?」と。



父の誕生日のため、珍しく家に居た




「おとーさん。帰ってからこればっかりやねんー。」(笑)




「どーか言わせてあげて!!」

IMG_9519akira.jpg




これまで、ステップアップの為だけに転職してきた彼。


私はそのスタイルを貫き通して欲しかった。


これまでの勤務先。



「どうして彼の能力を、こんなに過小評価するの?」


「会社の利益に十二分に貢献出来る人なのに」


「彼の能力を過小評価する会社など、こちらから願い下げ。」



ずっとそう思ってきました。

IMG_9471akira.jpg


「あなたの能力は絶対に認めてもらえる。」



そう言い続けてきました。



そして、ようやくその思いが成就する時が、お誕生日と共にやってきたのです。




「おめでとう!!」 (私の方が泣ている。)

IMG_9536birthday.jpg



「うわぁーーーーん!!」




Akira「本気」を表現する時「感嘆詞のみとなる仕組み」です。





私の方が泣きたい記念日

IMG_3951222.jpg



人生は苦しみの方が多いかも知れない。


けれど、そんな中でも、自分が行きたい場所を見失わなければきっと辿り着けるかも知れない。


誰かから見て羨ましい人生なんて要らない。




自分の島に立ち、自分が自分の予言者になる。



「ホコリだらけの島で 太陽突き刺し叫んでいたい♪」

by 風美「予言者」歌詞(また宣伝)





私自身も、これからも、着実に一歩ずつ歩いてゆきたいです。


嬉しいコトも、悲しいコトも、好き勝手に書かせていただいております。


「本日もありがとうございました♡」


07Akira1.jpg







☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
この記事へのコメント
1348. かのん   URL  2015/08/22 09:00 [ 編集 ]
さんちゃん。誕生日おめでとう(≧∇≦)
始めてあった日から歳を重ねても
かわることないまなざしが微笑ましい。
大切に積み重ねた年月は嘘をつかないね
おめでとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
1349. ☆kanon♪ちゃんへ   URL  2015/08/22 09:03 [ 編集 ]
「かのんちゃん。ありがとう。」(代弁)
あなたのこれから先の姿にきっとなる。
信じているんじゃないんだよ。
あなたを見てきたからそう思うんだ。

乾杯の時だけを、ひたすら楽しみにしています!
「本当にありがとうーー!!」
1350. ぼぉ~の。   URL  2015/08/22 09:10 [ 編集 ]
さんちゃん!
お誕生日おめでとぉ~♪

これからも
さんちゃんに
さんちゃんの大切な人達に
キラキラHappyが降り注ぎますように♡

日本語もままならないぼぉ~にとって、
他国語を操れるだなんて。。。
しゅぅ~~~てぇ~~~ちぃ~~~~♡
1351. pao   URL  2015/08/22 10:37 [ 編集 ]
悦びいっぱいのお誕生日おめでとう♪
これまで頑張ってきたことが実になるなる時がきたみたいだね。
これからも身体に気をつけて笑顔いっぱいに過ごしてね。
1352. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2015/08/22 11:06 [ 編集 ]
ありがとうー!
ありがとうー!
本当にありがとう♡

会話と言うより「超カタコト」だよ(爆)
けど、やっぱり私は接客が好きだー♡
人類に万歳ーーー☆
1353. ☆paoちゃんへ   URL  2015/08/22 11:11 [ 編集 ]
ありがとう!!

「僕はコンプレックスがあるから。Akiraちゃんとは違う」と言っていた彼の姿を見ているのが
一番切なかったなぁ。

私からの言葉ではなく、
上司から評価されて、私の言ってきた事の意味を
心から実感してくれていると思います。(もちょっと先かな〜。。笑)
1354. りすざる   URL  2015/08/24 21:05 [ 編集 ]
今回 2回目のコメントチャレンジ( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

さんちゃん お誕生日おめでとう✧︎◝︎(*´꒳`*)◜︎✧︎˖
まだまだ お若いのに〜
出来るヤツは、辛い❗️
おばちゃんにも そのできる能力分けてください( ̄Д ̄)ノ
夫婦揃ってなんてこった( ̄Д ̄)ノ
2人の脳みそチューチューしたろか❗️( ≖ิൠ≖ิ )

で、答えが出たって事かな⁉︎( ̄O ̄;)
又 ゆっくり聞かせてね❤️
1355. ☆りすざるちゃんへ   URL  2015/08/26 21:27 [ 編集 ]
ごめーーん!
コメント見てすぐにLINEしたから、すっかり
コメント返したつもりになってた(笑)

ホント色々な局面にあなたが居てくれる事って
とても幸せな事だなって思います♡

いつも気にかけてくれてホントにありがとう♪
私も気にかけてるけどーーー(笑)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/291-a2ad898d
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: