〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「細胞分裂を繰り返す」〜娘細胞にわかれてゆく時〜
林檎嬢のライブでした。

12184203_409635549245609_3090674898110650106_o.jpg


私のせいで「林檎教」「林檎狂」となったと共に♡



まだツアー中ですので、内容はあんまり書けないけれど、


今回もがつんと「細胞分裂」をおこさせてくださいました。


密集(誤字ではありませんのよ)していたものたちが


「砕け散った」感じで、


無数の娘細胞に分かれてゆく「生命現象」

IMG_1795akira.jpg



あぁ、今回もたっぷり感じてまいりました。


林檎ちゃん。「かたじけなし」



「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」

img_0.jpg

(こちらの画像は、ツアーでアップされたものとは関係ございません。)





ステージの演出から何から何まで…。


いつもため息が出ますねぇ。。


見事なまでの「お衣装」も♡


想像を遥かに超える「そこにそれ?」



登場した途端に「わぁーー」っとため息にも似た大歓声♡

IMG_1815kira.jpg



当日朝の私のfae bookから…。



今日はいよいよ「林檎嬢のコンサート」

色めき立っている娘と共にゆく(笑)

同じ女性として、林檎嬢はまさに私にとっては「アポロン的」

一見官能的に対極を演じているようだけれど、やっぱり「アポロン」



林檎嬢的な表現をすれば

「あなたのセクシャルな装いは故意よね?嗚呼殊更な仕打ちだわ。」

そう彼女に申し述べたい。




同じ女性として憧れるが到底真似出来ないので、

せめてお姿を拝みに行って、その知性の「ひとかけら」でもおっこちて来ないかと願おう。

あさひ


今朝の朝日はいつもより少し燃えてるみたいに、部屋の小物を温めていた。


彼女を想う私は、恥ずかしいばかりで思わずカーテンに隠れる。。


それでも同じ女性なのだ(笑)





そう。


同じ女性なのよねぇーーー(笑)





そう言えば、コンサート前日の私はこんなだったわねぇ。。

IMG_1867aki.jpg



嗚呼、違い過ぎるわ現世。


そんな我れは余所に捨て置き、


ぐるりの方々との心嬉しい時は、私の聖なる所在地。


私の定めし在処である。

おやま風美



コンサートの帰りの電車。


何故か私1人だけが帰りの電車で娘の前から姿を消す。


そう。


どうしてだか、早い駅で下車。


「おかーさん、何やってんのー!?」


娘からのLINE。


「どこでおりてんのーー!?」



「狼狽するでない。外道よ。」(心配する娘を外道扱いの母)





「ぬらりひょん」に呼ばれたから、寸刻身を運んだだけのこと。

img01_l.jpg



「まー。おかげで次の電車で座って帰れたからよかったわ。」



フェス



嗚呼、実に実に同じ女性である。


甚だ違い過ぎるわ現世。


LHGO9901musume.jpg



来月は仙台。



「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」

hyakkiyako_tourlogo.png
20150626-ringo.jpg



次に妖怪に連れて行かれたら、そうそう戻ってはこれないと思ふ。



LLHX5914akira.jpg



※実際の「百鬼夜行絵巻」は、日本の様々なお寺にありますので、

興味を持たれた方はどうぞ♡

こわぁーいお話もきいてきてね♪







☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
1394. どんぐり博士   URL  2015/10/30 18:10 [ 編集 ]
血は争えませんなぁ
1395. ☆あんちゃんへ   URL  2015/11/02 07:34 [ 編集 ]
うむ。
そうである♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/304-b05653a8
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。