〜葡萄色の夜明け〜
「魅惑の仙台旅日記」〜雨上がりの夜の街&ラーメンラーメン〜

ブログヘッドデザイン変わりました。

好きなものしか入っておりません。

akira blog333




さてまいりましょう。



前回の記事。

牛タンをたらふく食べてからのつづき。




この日は、あいにくの「雨」仙台市内をぶらぶらしておりました。

あっと言う間に日暮れ。

IMG_3278a.jpg




もはや誰の目にも珍しくなくなったイルミネーション。

やっぱり綺麗です。

ULQJ0924a.jpg




モミの木は針葉樹で冬でも葉を落とさないことから「 永遠の命」の象徴♡


本当に「永遠の命」があったなら、きっとこの世の中は、今以上に恐ろしい事になっているでしょうね。

IMG_3296a.jpg




「アンチエイジング」


否定はしませんが、老いてゆく現実をどう受け止めるか。


「次の世代に手渡せる準備が出来た」と言う意味も多いにあるのだと私は思います。


その役割を担える様になったしるし。でもあるのではないかしら?


無いものに必死で目を凝らすよりも、これまで培ってきたモノをどう使うのか?


平行してそれらも考えてゆきたいですね♡





さ。ウザくなりそうなので

ホテルに戻ります。

IMG_3348a.jpg




ひたすら食べ歩いてばかりだったので、夕食は駅弁を色々と買い込んで、


部屋でゆっくりと「夜ごはん♡」

IMG_3334a.jpg




ここ1年で、やっとこさ1杯だけ呑めるようになった「お酒」を


ご機嫌に♡


「かんぱぁーい」

CKRU0646a.jpg




あ〜。


お腹も心も満たされたぁ〜♡


しばらくして隣から嬉しそうな声が響きます。


「ラーメン食べに行こうー。」


え!?


食いしん坊番長。さすがにお腹いっぱい。

IMG_3350a.jpg




「雨も上がっているよ。ほら。電車に乗らずに歩いて駅まで行こうか?」


その言葉にすっかりのった私。

IMG_3352a.jpg




「歩くの〜大好き〜」です♡(1日目の話は別です)


雨上がりの夜の街は綺麗。

IMG_1561a.jpg




らーめん。

IMG_1565a.jpg




らーめん。

IMG_1569a.jpg




おにく。

IMG_1567a.jpg




ライブハウス。

IMG_3370a.jpg




らーめん。

IMG_1606a.jpg




そしてさんざん歩いて、決まりました。

IMG_3404a.jpg




はい。

IMG_3405a.jpg




そば。

IMG_3412a.jpg




仙台の「曲がりネギ」


白ねぎがぐっとまがったネギなのですが、これがとにかく美味しい!!

甘みがあって、いくらでも食べたいおネギです。

QOBE8213a.jpg



IMG_1613a.jpg



IMG_3415a.jpg




さらにお腹いっぱいの帰り道。


しっかり着込んで行ったので、寒さはさほど感じずに


ご機嫌に街を歩いてホテルへと向いました。

IMG_1617a.jpg






さて、次はロマン溢れる「ガス灯」へ


つづく。





☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
1436. ぼぉ~の。   URL  2015/12/27 19:27 [ 編集 ]
ふ。。。

深見味わうエビス!!
エビス大好きぼぉ~の!
コレはまだ飲んでない!!
地元で売ってるの見たことない!!

はぁ~~~~

お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた
お腹すいた~
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/321-a8e546f7
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: