〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「宝石」より「お箸」・「高級」より「恒久」のリアルライフ♪

毎年恒例

仲良しトリオでのお誕生会。


昨夜は、私のお誕生会でした。


IMG_1972.jpg



上の写真を見て、ひとしきり笑いまくりました。


「ザ・私たち」


それぞれの顔が子供みたいで

3人の関係を、一瞬で伝えてくれる素敵ショットです。


お誕生会1



行き先を知らないわたし


わたしを乗せた車は「高速道路」に突入。


そしていよいよの「ネタバラシ」でした。


「今日は池田屋さんに行くんだよーー♪」

お誕生会3  



「ずっと早くからお願いしていたのよ。」




「もう章さん(池田屋ご主人)が、テンション上がっちゃってね〜♪」

「バレたらどうしようかと、ハラハラしたわ〜♪」(。Д゚; 三 ;゚Д゚)



と、楽しそうに話してくれました。


IMG_1987akira.jpg   


私はあまりの驚きにしばし固まり、

ようやく現実を受け入れ、

嬉し泣き。




「池田屋さんでお誕生会」なんて、想像もしませんでした。


だって、お店は「奈良県の吉野」ですもの。



ー寝る間を惜しみ、ひたすら働いている友人ー



「地元のお店に行く時間を捻出するのもやっとこさだよね。…有難いなぁ。」


そう思うのは、決して間違いではないのです。


なのにまさか、まさかの「高速道路でお出かけ」なんて…。


お誕生会4



「高級なお店」は「猫に小判」

けれども

「恒久なお店」は「大好物」

何度訪れても、その有り難みが初めてのように、心と身体に染み渡ります。



特別なものは用意しないでください。

普段通りのお料理がご馳走ですから。

私をよく知る友人。

さすがです。

IMG_1978akira.jpg



お野菜もすべて無農薬で、ご主人が愛情を注いだ子ばかりです。


そしてここはもとより「特別な場所」ですから。



「章さん」(池田屋ご主人)「おかーちゃん」


「慌てん坊」で「食いしん坊」な娘が、またもや「里帰り」しました。



お誕生会2 


たくさんの心のこもったお料理と

何より私の大好きな「お2人の笑顔」と共に

「大切な友人たちとの時間」を過ごせた事。



一生忘れません。



この日、感極まる瞬間がもう1つあったのですが、

ここでは内緒にしておきます。

「誕生日のサプライズ」を聞かされた時よりも泣きました。(笑)



嬉しいこと、幸せな気持ちが、

お鍋の優しい湯気と混ざりあって、しっとりと体の中に沁み渡る

恒久的な味わい深さに浸った時間でした。



 IMG_1993.jpg


kanonちゃん。paoちゃん。

章さん。おかーちゃん。



本当にありがとう。



「いつまでもこうして笑って過ごせる時間が続くといいな。」



そう思いました。

IMG_1957akira.jpg

「今日も楽しく」


ラインアヒル



そしてそして。。



「笑って過ごせる」と言うと、この前々日は「風美」ライブでした。 

こちらのブログで触れるのは久々ですね♪

嬉しくて有難かった繋がりで、こちらの様子もアップ。


園田「FUNS」


「月曜日にお客さんなんて来ないよー。」

だから「月曜日にライブなんてあかんでー。」と題すること


「MondayNight あかんdey live」


FUNS 1
 



なんと沢山のお客様と一緒に楽しむことが出来ました。

「ふざけたCD」も、色んな方々の手元に渡ったことも

心から有り難く思って居ります。



「一期一会」


全てはこの言葉からの初まりですね。

こちらも実にHOTな夜で、笑顔溢れる夜でした。



FUNS2.jpg



アンコール


小芝居「からすみ漁師 杉本商事へ行く」

曲名「ここにおいで」



Ah 生まれてはしゃいで月を見上げて♪

Ah 代わりはないからここにおいでよ♪


「風美」face bookページにて


笑える動画など


どんどん更新されておりますので、チェックしてね♪




IMG_1852.jpg


「みなさま本当にありがとうございました。」




スポンサーサイト
この記事へのコメント
1491. どんぐり博士   URL  2016/11/10 11:18 [ 編集 ]
笑顔の宝石箱や~

いっしょに ”ふぅ~”したかったなぁ
1492. ドロシーちゃんへ   URL  2016/11/10 22:43 [ 編集 ]
一緒に「ふぅ〜」したもんね♪
また一緒にやりたいね!
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/356-6b60ad72
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。