〜葡萄色の夜明け〜
あくる日も そのあくる日も

IMG_5947 (1)


本日、無事にお見送りを終えました。


何度も何度も棺をあけては父の顔をじっと見つめていました。
 

空を見上げても、名前を呼んでも、何も変わらない景色の中、


色褪せた景色の中からその色を取り戻すまでの間、


ゆっくりと静かに 


ひたすらに寂しい心に向かい 見つめ続けます。

IMG_8393.jpg 


父に向かってきつい言葉を放った事は1度もありませんでした。


けれど


私が難病の告知を受けて、まだ葛藤の中にいた頃の事です。

IMG_5846.jpg  



治す手立ての無い病気になった娘を案じ



心配のあまり、日に何度も電話をかけてくる父。



ある日、ついに私の口が別の方に動きました。

IMG_5838.jpg 


「お父さん。」


「毎日、何度も電話をかけてくるのはもうやめて。」

IMG_5948.jpg
 


…その直後、心が割れるように痛みました。


身体がすくんで、動けなくなりました。


IMG_5978.jpg



365日欠かすこと無く書かれた父の日記には


この当時の事が、こう綴られていました。

IMG_5981.jpg



ー電話を切ったその日ー


「これまで娘に甘えすぎたのだろう。」


「これからは遠くに住んでいると思って我慢しよう。」


「胸が張り裂けるようだが、娘のために我慢しよう。」

IMG_5955.jpg



ーそのあくる日ー


「娘と逢えなくなって1日目。こんなに苦しい思いは無い。」

IMG_5946.jpg 



ーそのあくる日ー


「娘と逢えなくなって2日目。我慢しよう。我慢しよう。」

IMG_8386.jpg



ーそのあくる日ー


「理由を付けて娘に電話をする。娘と話している時がやはり一番幸せな時だ。」

IMG_8378.jpg  


結局、父親が電話を我慢出来たのは「2日間だけ」でした。


私はとにかく、その父の様子に安堵しました。

IMG_8363.jpg



けれど、父に放った言葉が脳裏に焼き付いていて


「お父さん、ごめんね。本当にごめんね。」


何度も何度も父に謝りました。

IMG_8384.jpg



この時私が放った父への「初めての悲しみの矢」は


私の視界から姿を消すことはないでしょう。


けれどいつかは



共に過ごした温もりを感じる時間が訪れるのを、ゆっくりと待ちます。


父から授かった優しさは杖となり、歩き出すのを助けてくれるでしょう。


2010年04月20日


 

flower0176.jpg


これまでの文章は


2010年4月17日に旅立った父へ宛てた当時の日記でした。



お父さん。


今日は、あなたが旅立って「7回目の桜」です。

IMG_5947 (1)



旅行と写真が趣味だったあなた。


「供養になれば」と飛び込んだカメラの世界。

IMG_5983.jpg



最近ではすっかり遠のいてしまったけれど、


この季節だけは必ず手にしますからご安心下さいね。


今年は、小さな公園の桜を拾ってまいりました。

IMG_8402.jpg 
 

お父さん。


私はまだ、あの日のことがずっと忘れられないでいます。


ずっと優しくできなくてごめんなさい。


どんな時も優しくしてあげたかったのに。

img007.jpg



弱き矢を、あなたの元へ放ってしまいました。


病を近くに留め置いて、あなたを遠くに追いやってしまいました。


もう決して、弱い自分に先導されたくはありません。


明けても暮れても
揺るぎない眼差しで、注ぎ込まれた地べたを踏み固めます。

IMG_5940.jpg   


お父さん。


あくる日もそのあくる日も


いつまでも一緒にいましょうね。

IMG_8400.jpg 



ーあの空白の2日間。ー


あなたの様子を思うと、愛しさがこみ上げてまいります。

IMG_8389.jpg 
 

はらはらと風に舞う桜は、まるで


あなたより随分と慌てて旅立った母のように


散りゆくその時を、優しく迎え入れるようでした。

IMG_5903 (1) 

2017年 4月17日 桜日


 

スポンサーサイト
この記事へのコメント
1503. ドロシー   URL  2017/04/17 17:58 [ 編集 ]
貴女のお父様への思いは、いつも私の思いと重なって
涙がこぼれます。胸が苦しくなります。
私も今もって父と母への思いの中にいます。
1504. Akira   URL  2017/04/17 19:50 [ 編集 ]
貴方との不思議なご縁は、きっとずっと前から決まっていたように感じます。
私もドロシーちゃんの文章に、胸がキュンとなります。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/363-5537c068
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: