〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋人と暮らします

タイトルをご覧になり


「へ?」と思われたかもしれません。(笑)

IMG_8467.jpg




観葉植物は「家族」

IMG_8535.jpg



花は「恋人」

IMG_8444.jpg




これまでどんな時でも「花のある暮らし」をしてまいりました。

IMG_8457.jpg



けれど

数年前からすっかり「家族との暮らし」ばかりに腰を下ろし

「恋人の存在」を忘れていました。

IMG_8474.jpg   



「あ・実生活では恋に溢れていますよ〜。」


\(//∇//)\♫(聞いてなーーいーかーら)


IMG_8480.jpg



先日の父の「7回目の命日」を機に


「恋人との暮らし」を再開することにしました。

IMG_8486.jpg



恋人と家族は違うように


私にとっては思いの置き所が全く違います。

IMG_8462.jpg 


話しかけ方も違います。


家族よりもちょっとマメ(笑)

IMG_8429.jpg



摘んだ花がらを眺める時、

ちょっと怖い気持ちと愛しい気持ち。

この花がらを見ている時間が私には必須。

IMG_8454.jpg




手のひらの中で「カラカラ♫」「カシャカシャ♫」と音が鳴るたび


「ねぇ?本当はまだ生きてるのではないの?」と


いつもいつも思います。(春のせいではありません)

IMG_8460.jpg  



私がベランダでひとしきり話をしていても、


家族は(本物の)ちっとも驚きません。

IMG_8422.jpg



ーふと気がつけば考えてしまうー


今日は蕾が咲いたかしら?

IMG_8501.jpg



目覚めの朝からくっきりと浮かんでくる。


家族のように長くは暮らせない恋人の姿。

IMG_8496.jpg




これからは、家族と変わらず暮らしながらも


「恋人に心を揺らせながら」過ごしていこうと思います。

IMG_8471.jpg



今回、特に多く我が家にお招きしたお花はこちら


「カンパニュラ」

IMG_8479.jpg



このお部屋の子も「カンパニュラ」


花びらが違いますがどちらも「カンパニュラ」

IMG_8521.jpg




カンパニュラのお話。

IMG_8517.jpg

美しいニュンペー(ギリシア神話に登場する精霊や下級女神)のカンパニュールは、
オリンポスの果樹園の番人をしていました。
ある日、兵士が果樹園に侵入したため、カンパニュールは銀の鈴を鳴らして助けを呼びます。
しかし、カンパニュールは兵士に命を奪われてしまいました。
その死をいたんだ花の女神フローラは、彼女を鐘の形をしたカンパニュラの花に変えたといわれます。





やっぱりドキドキしますよね。

うふふ♫

IMG_8502.jpg


ふふふ♫



スポンサーサイト
この記事へのコメント
1505. Shigeru Takehara   URL  2017/04/23 07:22 [ 編集 ]
オレンジ色のアップでとったのが、一番好きだな。
1506. Akira   URL  2017/04/23 08:58 [ 編集 ]
ありがとうございます。
花の香りがお届け出来ないのが少し残念です。
1507. Shigeru Takehara   URL  2017/04/23 14:20 [ 編集 ]
10年後は、写真を撮ると、においもコピーしてくれるようになると、いいね。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/364-b09167b5
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。