〜葡萄色の夜明け〜
「いきなり旅で出会ったもの」〜思い立ったが吉日のその前に〜
金曜日の仕事帰り、突然の休暇を知らされ


土日で旅へと出かけました。

index.jpg 
(土日の旅Photo.スタートぅ!!)



スマホで宿を検索➡︎プランを立てる➡︎完了➡︎帰宅


IMG_8583.jpg (新入りのシロとクロ) 



話は少し戻って、先月のこと。


当初「緊急入院、緊急手術」と思われ、


沢山の方にご心配をおかけしました。




IMG_8597.jpg



救急病院から労災へと一気になだれ込み、、



精密検査の結果「入院と手術」は免れました。(笑)


IMG_8557.jpg



慌てて代役を立てた職場に、もはや私の居場所は無く



結果的に「たっぷり1か月間の休暇」となりました。


IMG_8977.jpg



それはそれは毎日、遊び呆けました。(笑)



「人生でこんなに遊ぶことは無いだろう時間」でした。



IMG_9005.jpg



長らく会えなかった、会いたかった友人たちとも、



ゆっくり会うことが出来ました。


IMG_9010.jpg


驚いたのは、久しぶりの彼女の口から



これまでの「私自身の出来事や感情」を



つまびらかに説明してもらったことでした。(笑)


IMG_8989.jpg



彼女は、私のface bookの投稿を



日々欠かさず読んでくれていたらしく、

IMG_9223.jpg


私がすっかり忘れている事もしっかり教えてくれました。(笑)



そんな「へんてこりんで現代的な展開」に



「有り難き笑い」が転がり続けました。


IMG_8987.jpg



「私はAkiraマニアよ♬」と「ニカッ」と笑って去って行った彼女。



きっと今日も「こっそり」と、このブログも覗いてくれている事でしょう。



IMG_9015.jpg 


自称「Akiraマニア」(笑)のKちゃん。



「今も変わらずあなたが大好きです。」




IMG_9025.jpg


いつ会っても変わらない



あなたの柔らかな視線が示す、その内に溢れる優しさからは



「緩やかで大好きな坂の匂い」がします。


IMG_9034.jpg


周りに咲く花々をたたえるように



当たり前にそこにいてくれる。



私は大好きな坂を一歩、また一歩と踏みしめるように、愛しさがこみ上げました。


IMG_8981.jpg  


これからも「水魚の交わりのごとく」そこにいて下さい。



私の事は、きっと次に会う時も、



あなたの方がよく知っているでしょうから(笑)


IMG_8633.jpg




そして9月になり1ヶ月ぶりの「職場復帰」




IMG_8628.jpg



「Akiraロス」(笑)だった職場のみなさまに



「快気祝の宴」なんぞを開催していただきました。



 

IMG_8947.jpg
(SAで食したドーナツ餃子)


「いやいや、結局私は1ヶ月遊びほうける結果になったのよー!」っと



食べるだけ食べて爆笑!!とにかくうるさい。



んで、「うぁあああああーーーーーーーー!!ヤベーー!!」と終電ダッシュ!!



IMG_8951.jpg



職場に着いた途端



「めちゃくちゃ顔色良くなってマス〜〜!!」と泣きながら言ってくれた



ご近所のショップのRちゃん♬(今もまだ言ってくれてマス。)



IMG_8979.jpg



どれだけ心配してくれたか、、ほんまに人騒がせでごめんです。


 
そんなこんなで皆さんの顔を見ながら、思い浮かべながら、



沢山考えました。




IMG_9227.jpg



「体の方向け方」




ここから本題(もう直ぐ終わるけど)




IMG_8636.jpg



休暇だから「たっぷり身体を喜ばせてあげよう。」



目的は「浸かって、食べて、伸びる」のみ。


IMG_9007.jpg

そんなこんなで



「思い立ったが吉日」



「アキラことば」では「授けられたが吉日」とも申します。

 IMG_9040.jpg



そして「いきなり旅」の始まり。



IMG_9044.jpg


つづく(えーー!!!?)





スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/370-5ea4a514
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: