FC2ブログ
〜葡萄色の夜明け〜
鳥居に隔てられた届かない場所
ブログにアップした途端、

写真の画像が著しく劣化するのがちょっと残念(笑)

IMG_3011.jpg



運転免許を取得したばかりの娘。


IMG_2588.jpg
 


「ペーパードライバー」と言う島に舟を漕いではいけないから。


と言う事で、少し足をのばしてドライブ。


IMG_2608.jpg




娘「おかーさん伊勢神宮へ行かない?」



IMG_2645.jpg




子供の頃から何かと「お寺」ばかりの私。



初詣も、もっぱら「お寺」であります。


IMG_2635.jpg



大人になってからと言うもの、更にお寺に愛着を感じているため、



「神社」…さらに「神宮」などと言う場所へ行くのは、


私には敷居が高く、少しばかり心の閉じる音が聞こえるのです。




IMG_2666.jpg




「…奈良のお寺じゃダメかなぁ?…」

 


  あ!!

「伊勢と言えば!!」



IMG_2818.jpg 



「伊勢海老ちゃーーん♫」

IMG_2805.jpg



「ラブ・伊勢海老♫」


IMG_2807.jpg



「行く行く!!」

IMG_2810.jpg
 


うまー!!

IMG_2811.jpg



うまーー!!

IMG_2808.jpg



と別の目的でまいりました。(笑)

せっかくなので

伊勢神宮にもお邪魔させていただきました。(行くんかい)


IMG_2734.jpg
 

道ゆく人の口元からチラホラと聞こえてくる

「パワースポット」と言う言葉。


一体いつから?

「何だ?それ?


IMG_2694.jpg




この緑を分け入る光の恵みのことだろうか?

目を細めながら、おバカな顔を神々にさらして歩きます。



IMG_2745.jpg



包容力をみせる巨木を思わず見上げ



IMG_2873.jpg




大好きな木になつきます。

IMG_2865.jpg




格式高いその場所は


やっぱり私が足を踏み入れるような所ではありませんでした。




IMG_2893.jpg




私が4歳の時、空に旅立った母が


毎朝かかさず通ってくれた公園は


永遠の私の聖地で


IMG_2910.jpg



その時きっと歌ってくれたであろう唄が


いつもいつの時でも


「私を揺らす心臓部」であって


IMG_2918.jpg



「鳥居に隔てられた届かない場所へ来たのだな。」


そんなことを感じていました。


IMG_2895.jpg


神様は


この私の「無礼なメンタリティー」を


かなりのご立腹で凝視されたでしょう。



IMG_2957.jpg



愛しい人と歩く町並みは、


優しい色と香りで満ちています。



IMG_2959.jpg



貴方と歩く口実に、多分この風景があって


足並みを揃え歩いては、足元の石畳を眩しく感じ


胸が軽やかにときめきます。


IMG_2965.jpg



誰もが避けては通れない道を通ることもある人生


そんな中で、ゆく場所を選べるなんて


まっこと有り難きこと。



IMG_2956.jpg
 




最近、そう思うことが増えて来ました。




IMG_2944.jpg 


「避けられない道の上だ」と



片足の「仁王立ち」を決め込んでいた人が




IMG_2922.jpg



1年と半年経って


ふわりと大地に両足を乗せて


笑顔を見せてくれた瞬間なんかは


IMG_2923.jpg

恋する少女の心のように


脈が速くなって





IMG_2954.jpg



ハイスピードで駆け出して、

 


この景色を伝えたくなるのです。



IMG_2784.jpg



変わりたいけれど


少しいつも立ち止まってしまう



IMG_2781.jpg



でもその先が



心から安心できる場所ならば


IMG_2774.jpg




やっぱりそこへ歩き出してしまうのは



愚かなことではありません。

 

IMG_2787.jpg


 ほっぺが落ちるこの瞬間を


共に噛み締めて


IMG_2989.jpg



涙よりももっと心を潤す



唾がじわっと湧いて来て


IMG_2978.jpg



体と心が抜かりなく実感している


逃れられない感触を信じるのです。



IMG_2789.jpg


たった一日の数時間


切り取れるほどのその時間の中に


IMG_2776.jpg


突っ立っているあなたとわたし。


笑っているあなたとわたし。


 
IMG_3026.jpg


伝え聞く場所は遠くても


もっと露骨に、つくろわない場所はここに。



またお出かけしましょうね。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/375-fdabc941
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: