〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ「腎生検」
IMG_1896111.jpg



昨日、娘の「学校の担任の先生」に入院のご報告をさせていただきました。


本人が「どうしても受けたい」と食い下がっていた8月11日の「模擬試験」
先生は電話の向こうで潔く一言。
「彼女のように目的がはっきりしている子は、
本当はセンター試験まで模試は受けなくてもいいくらいなんですよ。」


「彼女には判定は関係ないですから。」
「彼女にしっかりとそれをお伝え下さい。」
「学校が始まってからのフォローが出来るよう
今から早速教科担当に連絡します。」と。


「それで…私はお見舞いに伺えるのでしょうか?」と
心配を必死でこらえたように仰られ
「基本的には感染のリスクがあるので、親族と一部の大人だけにして下さい。」と
主治医から言われましたので
「少しだけならマスク着用でお願いします。」とお返事させていただきました。


2ヶ月の入院と聞いて、先生はかなりショックを受けておられ
私が反対に慰めるカタチとなり、本当に有り難いばかりの話です。


娘には、先生が仰って下さった内容を早速話したら
心から安心した様子でした。
これで治療に向けて「心も更に前進出来るようになった」と思います。
本当に、みなさんのおかげです。


病室では、勉強が出来るようにと医師や看護士さんに
環境を整えていただき、
彼女は沢山の事を、また吸収出来る場所に新しく
居させていただいている事に感謝します。



images.jpg


☆娘の友人たちへ☆

連絡網を作るがごとく、
すごい連携でお見舞いの段取りをせっせとしてくれていた様子が
目に浮かびます。


どれだけ心配してくれているかを思うと、
お見舞いに来てもらえない事に、申し訳ない気持ちが込み上げて来ます。


あなたたちは、娘と同じ学年。

みんな頑張り屋さんで、人に左右されない面を持っているあなたたちだから
この夏もきっと、それぞれ頑張ってると思いますが
「娘の分まで頑張ってね。」とは言いません。
娘は今でも頑張っていますから。
だから「娘と一緒に、自分たちの夢や目標に向かって頑張って下さい。」
今ある熱い思いを力に変え「自分自身に向かって投げ込んで下さい。」


それが、何よりの娘へのエールになると思います。


友として、どうか肩をならべてやって下さい。


これまでも今も、良き友でいてくれて
私からは要らないかも知れないけれど(笑)
「ほんとうにありがとう。」


images.jpg


今日は、いよいよ腎臓の組織を針で採取する「腎生検」の日。
この結果で当面の治療方針が出て、ステロイド開始となる見込みです。
ご心配と励ましををありがとうございます。




※色々とご連絡もいただいております。ご心配、応援いただいております。
お返事が返せないでいる事も心苦しく
細かい事はいつもface bookからになっておりますが
効率よくご報告出来るように、こちらでも一部内容を
リンクさせていただく事にしました。

娘の友人たちにも、
娘と会えなくてもこちらで少しでも様子を伝えられればと
思っています。


ありがとう!行ってくるね!




☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
125. miko   URL  2013/07/31 09:28 [ 編集 ]
ちゃんと分かってたし、
伝わってるみたいよ(*^^)v

ありがと☆
126. どんぐり博士   URL  2013/07/31 12:22 [ 編集 ]
香川の地より、元気玉を送り続けるよ
127. KEI   URL  2013/07/31 21:09 [ 編集 ]
 娘ちゃん・・・きちんと治療を受けてどうかどうか治ります様に。

 Akiraさん、心労の負担が心配です。

 私のママ友ちゃん(去年の役員での相棒ちゃんです)が今から8年前にネフローゼ症候群で入院治療をしたそうです。

 今は元気です。毎日1時間のウォーキングやエクササイズとカルシウム増強の健康食品をとってます。

 ただしばらくの間ステロイド治療に検査が続きます。一番困った問題はそのステロイド治療で骨密度が20代から80代まで落ちた事。

 治療中にカルシウム系のサプリなど取れるのかは主治医の先生と相談の上気を付けてあげて下さい。

 Akiraさん無理なさらないでくださいね。毎日祈ります。
131. ☆mikoちゃんへ   URL  2013/08/01 09:23 [ 編集 ]
そうだよね♡
彼女たちならきっとそうだよね♪
いつもありがと☆
132. ☆あんちゃんへ   URL  2013/08/01 09:24 [ 編集 ]
しっかり飛んで来たよ♪
「元気玉」ありがと♡
133. ☆KEIちゃんへ   URL  2013/08/01 09:27 [ 編集 ]
ブログ、読んでくれていたのね。
「ありがとう。」
face bookやコチラのサイトにアップする事で
知人から色んなアドバイスをいただけて
本当に助かっています。

私の「心労」は病院に入院してから
ほとんどありません。
それよりも、日々、真摯に尽くして下さる若い先生方
から、とても大切なものをいただいて
感謝の気持ちで過ごさせていただいています。

身体だけ、疲れないように気をつけるね♪
本当にありがとう♡
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/39-52e8005b
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。