〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラスメイト〜地球(ここ)に自分が在ること〜
IMG_8526111.jpg

昨日、相棒さんに娘の病院へ連れて行ってもらったせいか

足の痛みが随分と楽になりました。

「やっぱり長時間アクセルとブレーキを踏んでるのは良くなかったのかな?」
(かな?)って。。


gerbera036.jpg


みなさんのおかげで、いよいよ退院が見えて来た娘です。

大学への自身の考え方も、かなりその核心に触れてきたようで

今となっては実に有意義な時間だったように思います。

IMG_8530111.jpg

ネームバリューにこだわるような選択だけはして欲しくない。

「○○大学卒業です。」と言いたいような、小さな小さな世界に身を置いて欲しくはない。

これを間違えると、何か起こった時への自分自身の存在価値を大きく踏み外してしまう。。

ずっとそう思って来ましたので。

IMG_8552111.jpg


どこまでも問われるのは自身の器の造形美
。だと言う事。

もっともっと広い世界を感じながら、最後の大学生活に挑戦して

その意義を身体と心に刻み込んで、ますます成長して欲しいと思う勝手極まりない親心(笑)

まぁ。とことんマイペースな娘なので、誰がどう言ったからと言うよりも

自分でさっさと決めるでしょうが。。

IMG_8556111.jpg

学校では新学期がスタートして、クラスメイトたちが娘の様子を知らされる事に。

担任の先生が娘に「全部話してもいいかな?」と聞いて下さり

そして夏休みが明けて、知らされるクラスメイトたち。

先日、娘への伝達物を取りに学校へ行ったところ

担任の先生は「席がたった1つぽっかりとしていて淋しいです。寂しいです。」と繰り返されて。。

話の途中、何度もうるる。。と。。

「普通、この受験の一番大切な時期にこんな風になれば、パニックになって当然なのに。。」

呑気に笑っている娘
を、それはそれは色んな想いで、温かく見つめて下さっています。

「クラスの子に話したらものすごく心配していて。。隣のクラスの子も心配して色々聞いて来ています。」

と。。

IMG_9648111.jpg

入院の時、私が真っ先に気になった事は

「娘が一番落ち着いて入院生活に挑めるように」

まずは先生にお願いをして「学校の事は全て整えたので心配ないよ。」と言い

娘はすっかり「安心モード」で入院生活を送る事が出来ました。


それでも、まだまだクラスメイトたちが授業の内容のメールをくれたり

先日も、先生がわざわざ病院まで出向いて下さり

娘に学校の様子を色々と知らせて下さったり。。

本当に感謝の気持ち以外にありません。


「○○ちゃん。いつも温かい事。感じていてね。」

IMG_8572111.jpg

娘がまだ小学校低学年だった頃、私が難病の検査入院になった時に

壁に貼った言葉です。

「ごめんなさい。」「ありがとう。」は、ず〜っとずっと、大切な言葉だよ。

ちゃーちゃんが居なくても、しっかりと覚えていてね。


当たり前の生活なんて、何処にもない事。

日々が奇跡の積み重ねでみんな誰もが小さくて大きい事。

家族が協力し合って、友人やクラスメイト、先生方が居てくれて

この地球に自分が在る歓びを、心で口ずさんでいて欲しいです。

CIMG8528111.jpg

私の友人たちからも

日々、色んな近況報告が届きます。

嬉しいコトやちょっと悲しいコト。。

可愛い子供ちゃんの写真を送ってくれたり(笑)

ダーリんがキッチンでお料理をしてくれてる写真を送ってくれたり(笑)

頑張ってるアーティストさんが近況報告をくれたり。。

「もうすぐ届くからね♪待っていてね♪」
と、まだまだ抱えきれない気持ちがこれからも

待ち受けている日々です。


雨で体調がすぐれない方も沢山いらっしゃるようですが

少しでも自分なりに優しく過ごせる方法をとって

どうぞ安らぎますように♡

IMG_9606111.jpg

face bookからも「Akiraさんの言葉に元気をもらいます。」

私の一方的な発言に対して、嬉しい気持ちをいただくのですが。。

若い頃は「駆け込み寺」のように、明けても暮れても

色々と悩みを相談された時期もありましたが

自分自身と向き合い「相談されない人になりたいなぁ。。」と、自身をまず振り返り

今、ようやく自分らしい道に立っております。

「あいぃったたっ!!」と言いながら、みんなで感じ合える気持ち

どこまでもどこまでも、歌にのせて飛ばしてゆけたらいいなと思います♡


今日も大人しくするぞぉおお〜!!


みんなみんなありがとう!



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント
244. どんぐり博士   URL  2013/09/02 12:09 [ 編集 ]
いよいよ新学期がはじまりますね。
自分が受験の時を思いだした。
一応、進学校だったので、勉強は出来なかったけど
大学の名前は気にしていたなぁ~(なんて、チッチャイ!)
これから、3ヶ月が勝負の期間やね
245. ☆あんちゃんへ   URL  2013/09/03 07:57 [ 編集 ]
本当にあっと言う間に時が来るって感じ。
この間高校に入学したばかりなのにねぇ。。
有意義な大学生活を送って欲しいです♡
まずは身体を治してだね♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/58-1e5a6150
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。