〜葡萄色の夜明け〜
人生に添えられた花束〜「おかえりの声」
おはようございます。

IMG_2770111.jpg

昨日、おかげさまで「初登校」となりました

しばらくの間は「相棒」が、娘のお抱え運転手となり、

仕事の行き帰りを共にしてくれる事になりました。


学校から帰って来た娘は、コルクボード花束を抱えて

黙ってにっこりと私の前に立ちました。

IMG_2768111.jpg

先生と、クラスメイトからの贈り物です。

さんざん心配してくれていたみんなからの「おかえりの声」です。

「ありがとう。」

何も無い人生より、豊かな人生をいつも与えていただき

この事の真意を、娘は身体中で感じていると思います。

寄り添って大きくなった花たちが、先生とクラスメイトの顔に見えて仕方が無い朝です。

IMG_2780111.jpg

「一緒に頑張ろう。」

「助けるよ。頼ってね。」

「笑顔をずっと待っていたよ。」

「寂しかったよ。」

「おかえりなさい。」

すっかり秋の風が足元をくすぐり、カーテン越しにみんなの言葉が、

遠くの山からも、澄んだ空からも、こだましているようです。

IMG_2781111.jpg

娘の人生に添えられた、美しく清らかな花束。

自分一人じゃ生きられない。だから自分はどうするのか?

自分の全身全霊を、これからどんな風にささげていくのか?

娘の人生に添えられた、大きな大きな「おかえりの花束」でした。

は一言「ええクラスや♡」

そそそそ、、、、それだけ?

もともと口が重い娘なので、心は精一杯でしょう(笑)

IMG_278211122.jpg

心配で心配で、入院中もずっとうるうるして

病院へ足しげく運んで下さった担任の先生。

「席が1つぽっかりと空いていて、寂しいです。」

みんなの顔を見渡して、今日も愛情を沢山注いで下さっている事でしょう。

IMG_2763111.jpg

まだ治ったわけではありませんので、無理は出来ない状況ですが、

「おかえりの声」に支えられ、頑張ってくれると思います。♡


今回、入院で支えて下さった全ての方々に。

「心からありがとうございました。」

私にとっても愛おしい存在がまた1人、2人と増えた、この夏でした。


私は年末まで、有り難い予定をこなしつつ

しばらく曲作りに没頭します。

一昨日、待ちに待った「MIYAVI」のライブ。

541833_MIYAVI209923655_n.jpg

足の炎症があるので大人しくすると心に誓い、ギターの音が鳴った瞬間

もろくも崩れ去り、2時間ジャンプ(勝手に動くの。身体が動くの。。)

右手ぶんぶん振り上げて、少々筋肉痛。

叫び過ぎて声は枯れ気味。。

しかし、右足の炎症は、何故かすっかりおさまっております。

ふしぎね♡



☆PHOTOはコチラで販売中です☆
あなたの感性を伝えるストックフォトサイト TAGSTOCK

☆応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事へのコメント
300. ぼぉ~の   URL  2013/09/18 08:40 [ 編集 ]
あははは♪
そんなもんじゃ♪

娘ちゃんが戻って、3人でまた歩き出す。
そして改めて感じる暖かい想いと、MIYABIさんのライヴでAkiraちゃんのNK細胞はフル稼働じゃな♪

そして
改めて、退院おめでとう♪
301. ☆ぼぉ〜ちゃんへ   URL  2013/09/18 09:01 [ 編集 ]
うほほほぉ〜♪
ありがと〜♡
毎日食材と調味料がぐるぐる頭を駆け巡って
いるけれど、涼しくなったから何とか鈍い頭も回転してくれています♡

ホントにいっぱいありがと!!
娘の部屋にあなたたちの作品も、可愛く誇らしげに
我が家をまもってくれているようです♡
302. 龍の風   URL  2013/09/18 09:06 [ 編集 ]
おめでとう!

新しいスタートを迎える度に
仲間が増えて…嬉しいね。

MIYABIさんの叩く様な弾き方(表現が間違っていたらごめんね)好きです。

布袋さんの弾き方も大好きな私です♪
303. ☆龍の風さんへ   URL  2013/09/18 09:21 [ 編集 ]
私も布袋さんのギターも大好きです♪
MIYAVIさんはいつも真っ直ぐで澄み渡っています。
今回も気持ち良く「愛」を世界に繋げると言う彼の
メッセージが心にビンビンと響きました〜♡
あ〜!!!!!!!!!!!!
しあわせぇ〜〜〜〜♡
304. どんぐり博士   URL  2013/09/18 12:25 [ 編集 ]
”おかえり~”
母の暴走、暴食に惑わされる事なく
しっかり、学生生活を満喫するのじゃ(笑)
305. ☆あんちゃんへ   URL  2013/09/19 08:23 [ 編集 ]
いや〜ん。失礼しちゃうわぁ〜。
これでも泣く泣く予定を
キャンセルしてるんだからぁ〜(号泣)

けど、これだけはキャンセル出来ない!!
お金払ってるし!!(そこかい!)
MIYAVIは私が最もリスペクトする音魂の持ち主。
彼のギターにはこれまで聞いた感じの「うねり」が無くて、私にはどこまでも一本の線に聴こえるんだ。。
あ〜。。ほらほら、、、語り出したやんか。。
泊まらんやんか。。責任とってぇ〜!!

「暴食」は当たってる(笑)
大当たり♡1人暴食(笑)
306. りすざる   URL  2013/09/20 08:23 [ 編集 ]
改めて・・・おかえり~≧(´▽`)≦
本当にいいクラスのお子達やね♡
退院したにもかかわらず いっぱいのメッセージを書いてくれるなんて!!
担任の先生の気持ちと娘ちゃんの人気っぷりのがよ~くわかりました(^^♪

Akiraちゃんは、飛び跳ねてきたんやなぁ(^ε^)♪
やっぱりな!!
想像できるわぁ~
ここまで聞こえてきそうな勢いや!!ごっつい熱狂っぷりやったんやろな~♪
・・・足痛くなってないかぁ?!

とうとう妹が引越しです~
娘ちゃんと…(+o+)
レンジ台と食器棚と前に<捨てる>っていうからもらってん~
で、「もうすぐウチももういらなくなるから返すわ!!」って言うたものの…
今日は、レンジ台を三段ボックスと入れ替えての作業だわ…

当分 ブログお休みするわぁ~(^^)/
307. ☆りすざるちゃんへ   URL  2013/09/20 09:26 [ 編集 ]
ただいまあ〜♡(私じゃないけど。。)
言葉にならない思いが、あとからあとから溢れています。(私にじゃないけど(笑))

飛び跳ねた。。と言うより
飛び跳ねさせられた。。
MIYAVIさんのギターのせいです。

妹ちゃん。
そっか、そおか。
お手伝い、あなたもお家を建てるのに
頭ん中ぐるぐる中なんだから、
くれぐれも怪我には気を付けてね!

また、落ち着いたら連絡まってる♡
頑張ってね!!
308. かのん   URL  2013/09/20 13:33 [ 編集 ]
学校いきはじめたのね~っo(*⌒―⌒*)o
よかったぁ~

待っていてくれる人がいるって嬉しいよな

言葉少なくとも胸いっぱいの様子が浮かびました

りすざるさんところもお引っ越し大変そうだね~っ(≧∇≦)

うちは今日夕方鍵の渡しがあるよ。なのになぜかボケ~っとしてる(笑)
309. ☆かのんんへ   URL  2013/09/20 15:51 [ 編集 ]
ありがとう!心配かけました♡

名前がひらがなやからちょっと笑えた(笑)
私は好きやけど♪
今朝、Nちゃんとお茶していて
かのんちゃん今日鍵の引き渡しだよ〜♡って
何故か2人ではしゃいでた(笑)
あなたも確か私の時はそんな風に楽しみにして
くれていたよね〜♪

忙し過ぎたから、ちょっとはぼーっとしなはれ♪
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://soraironobudousyu.blog.fc2.com/tb.php/67-fa9ada8b
ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: