〜葡萄色の夜明け〜
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あくる日も そのあくる日も

IMG_5947 (1)


本日、無事にお見送りを終えました。


何度も何度も棺をあけては父の顔をじっと見つめていました。
 

空を見上げても、名前を呼んでも、何も変わらない景色の中、


色褪せた景色の中からその色を取り戻すまでの間、


ゆっくりと静かに 


ひたすらに寂しい心に向かい 見つめ続けます。

IMG_8393.jpg 


父に向かってきつい言葉を放った事は1度もありませんでした。


けれど


私が難病の告知を受けて、まだ葛藤の中にいた頃の事です。

IMG_5846.jpg  



治す手立ての無い病気になった娘を案じ



心配のあまり、日に何度も電話をかけてくる父。



ある日、ついに私の口が別の方に動きました。

IMG_5838.jpg 


「お父さん。」


「毎日、何度も電話をかけてくるのはもうやめて。」

IMG_5948.jpg
 


…その直後、心が割れるように痛みました。


身体がすくんで、動けなくなりました。


IMG_5978.jpg



365日欠かすこと無く書かれた父の日記には


この当時の事が、こう綴られていました。

IMG_5981.jpg



ー電話を切ったその日ー


「これまで娘に甘えすぎたのだろう。」


「これからは遠くに住んでいると思って我慢しよう。」


「胸が張り裂けるようだが、娘のために我慢しよう。」

IMG_5955.jpg



ーそのあくる日ー


「娘と逢えなくなって1日目。こんなに苦しい思いは無い。」

IMG_5946.jpg 



ーそのあくる日ー


「娘と逢えなくなって2日目。我慢しよう。我慢しよう。」

IMG_8386.jpg



ーそのあくる日ー


「理由を付けて娘に電話をする。娘と話している時がやはり一番幸せな時だ。」

IMG_8378.jpg  


結局、父親が電話を我慢出来たのは「2日間だけ」でした。


私はとにかく、その父の様子に安堵しました。

IMG_8363.jpg



けれど、父に放った言葉が脳裏に焼き付いていて


「お父さん、ごめんね。本当にごめんね。」


何度も何度も父に謝りました。

IMG_8384.jpg



この時私が放った父への「初めての悲しみの矢」は


私の視界から姿を消すことはないでしょう。


けれどいつかは



共に過ごした温もりを感じる時間が訪れるのを、ゆっくりと待ちます。


父から授かった優しさは杖となり、歩き出すのを助けてくれるでしょう。


2010年04月20日


 

flower0176.jpg


これまでの文章は


2010年4月17日に旅立った父へ宛てた当時の日記でした。



お父さん。


今日は、あなたが旅立って「7回目の桜」です。

IMG_5947 (1)



旅行と写真が趣味だったあなた。


「供養になれば」と飛び込んだカメラの世界。

IMG_5983.jpg



最近ではすっかり遠のいてしまったけれど、


この季節だけは必ず手にしますからご安心下さいね。


今年は、小さな公園の桜を拾ってまいりました。

IMG_8402.jpg 
 

お父さん。


私はまだ、あの日のことがずっと忘れられないでいます。


ずっと優しくできなくてごめんなさい。


どんな時も優しくしてあげたかったのに。

img007.jpg



弱き矢を、あなたの元へ放ってしまいました。


病を近くに留め置いて、あなたを遠くに追いやってしまいました。


もう決して、弱い自分に先導されたくはありません。


明けても暮れても
揺るぎない眼差しで、注ぎ込まれた地べたを踏み固めます。

IMG_5940.jpg   


お父さん。


あくる日もそのあくる日も


いつまでも一緒にいましょうね。

IMG_8400.jpg 



ーあの空白の2日間。ー


あなたの様子を思うと、愛しさがこみ上げてまいります。

IMG_8389.jpg 
 

はらはらと風に舞う桜は、まるで


あなたより随分と慌てて旅立った母のように


散りゆくその時を、優しく迎え入れるようでした。

IMG_5903 (1) 

2017年 4月17日 桜日


 

先生ありがとう


意外と早い更新になりました(笑)



ちょっと野暮用です。



先日ここで書いた記事とたまたま遭遇された



「すごく驚く方」からメッセージが飛び込んで来たのです。



IMG_5811 (1)





ー嗚呼何と世界は広くて狭しー








実は、長年アメブロもしていた名残で、


こちらのブログ開設時に、新たにアメブロに登録し直し


「誰も見ていないだろう」「籍」だけを置いて


ここで記事をアップした時に「アメーバにリンクだけするように」していると言う


「実にややこしい事」をしているのです。(笑)





そしてそのAmebaにメッセージが届いておりました。


ついでに驚くことに、先日のコチラでのアクセス数が○○万アクセス。((((;゚Д゚)))))))


私、何か事件でも起こしましたか?Σ(゚д゚|||)


ま、たまたまやね。そんなものです(笑)


間違いです(笑)



IMG_5813 (1)





メッセージを下さった方は、



私が中学生の頃に通っていた「ヴォーカルスクールの恩師」でした。

 


スタイルが良くて可愛くて、私の「✨マドンナ✨」



当時、スクールの講師をしながらも



メジャーアーティストのバックコーラスをつとめてもおられました。



IMG_5807 (1)




「こんな事ってあるの!!?」(そんな事が多い人生ですが…)



先生からの連絡に飛び上がるばかりの私に相反して、



ご本人かなりショックを受けられてました。

 





「先生。いっぱい泣かせでごめんなさい。」

 





書いてる本人は、単にありのままを書いているだけなのですが、



受け取り手の想いは、実に温かく、優しく、



こんな私に対してまでも、慈愛に満ち溢れています。



そして、ショックまで与えてしまった事、心から申し訳なく感じています。。゚(゚´Д`゚)゚。



IMG_6689222.jpg





海外を行ったり来たりの生活で、なかなか時間が無い環境下。



「是非会いたいから時間を作ります!」そう言って頂けて、



若干、申し訳なさが募っています。(;д;)

  

 

「果たして会う時間が作れるのか」が1番の気掛かりなのです。






先日、音楽仲間と会う約束をしたのも2か月後。



その前は半年前から約束をしていました。(笑)



「会うならば半日くらいはゆっくりお逢いしたい。」



「Akiraちゃんと会うときは数ヶ月前から予約だから」と




周りからはほぼそのような感じで、


私の「時間配分が下手過ぎる」あまり、


毎回すぐには調整がつきません。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



IMG_5817.jpg




 

一刻も早く「食いしん坊」で「元気MAXな顔」を見ていただき、



安心していただきたいです。



会って、死ぬほど笑わせようと思います。(つもりはないけど勝手に相手が笑っている)






これまでどれだけの人から励まされ、涙を流していただいてきたか知れません。



IMG_6069222.jpg





誰の上にも沢山の出来事はありますよね。



私の出来事も、そんな出来事なだけです。






ただ、大切なモノに対しては「揺るがない魂」で歩いてきました。



これだけは誇りを持って言える事だと思っています。






それが出来た人生です。



これからもそれは続きます。



IMG_2277111.jpg






お会いできる日が来るまで、どうぞ心安らかにお過ごし下さい。




私は本当に大丈夫です。




強くもなく弱くもなく、今は「しなやかに」生きています。






お逢いした時には、話す「私の顔」を、しっかりご覧になって下さい。



これまでの沢山の事、そこから感じ取ったこと、それがどう繋がってきたか



私が辿ってきた景色を、実に楽しんで頂けると確信しています。(笑)






ご心配をおかけしました。



IMG_6556.jpg





あの頃「枠に収まらなかった女の子」は



本当に枠外の生き方をしたのかも知れませんね。(笑)



そんな楽しい人生の話の花をたくさんたくさんお見せします。







先生が驚くことを、たくさん発表いたしますので



心から「楽しみにだけ」なさっていて下さいませ。







本来ならばAmebaのメッセージ欄でのやり取りが一番スムーズなのですが


何故だか何度やってもメッセージが送れません…。


最近全く触っていないから何をどうすれば良いのかも分かりませんでした。


でこちらに(笑)




ラインimg_4 ラインimg_4

先生ーーー!!

こちらのメッセージ欄に、1度メッセージを下さーい!!

あと「face book」初めて下さーーーーい!!

嫌というくらいに情報入ります!(いやかも。。)

ラインimg_4 ラインimg_4




こんな私的流用したのはさすがに初めてです(笑)(笑)

「超個人的なコトを世界発信した朝」ですね。


IMG_5808 (1)

 




☆PHOTOのふわふわの可愛いお花ちゃん。


仲良しの「花育士kanon♪」ちゃんから誕生日に頂いた「ビオラ」です。


紫のビオラの花言葉「揺るぎない魂」


去年の11月からずーーーーっつと可愛い花をつけています。


驚異的な生命力と輝き。(笑)



彼女のブログはコチラです。




諦めずに生きること

ようやくブログを書く時間が出来ました。

IMG_7259seed2.jpg  



「諦めずに生きること」

IMG_5320.jpg



「難病」と「癌」



そしてショックな出来事から

「1年前に新たな病気を発症した」現在の私。


どうやらこの病気も治るものでは無いようです。



「おお。。何と弱っちい我が身よ(笑)」

 IMG_7727.jpg


まぁそれは、今に始まった事ではありませんでしたね。




 

ー去年の夏ー


外のお仕事に行き始めて間もなく


「落ち着いていた難病が悪化」



「既に予測済み」でしたから、全く驚きはありませんでした。

IMG_5618.jpg



長年に渡り、最も信頼の置ける主治医が顔を曇らせて



「あれ??…今回はダメだねぇ…」



今後の見通しについて色々とご説明いただく中で


医師からのその声を遠くに響かせたまま


私はおざなりな受け答えをしていました。

IMG_2993.jpg



その時、頭の中では


「病気になって以来のあらゆる出来事」が



音もなく、ただ驚くほどにスピードを増して流れていました。

IMG_7844.jpg



「そうよね。やっぱりこうなるのね。」


悲観するでもなく、浮かびもせず沈む事もない


「ありのままの自分」を見つめていました。



そして、これまで長年通い続けていた


「通院を辞める決心」をしました。


IMG_7881.jpg



私の病気を心配してくださって来た方々からは、


そうとうのお叱りや、悲しみ、憤りがあると思います。



「本当にごめんなさいね。」



私はもうずっと、病院には行っていません。

IMG_5516.jpg
(食べに行ってばかりです。)



やけっぱちや自暴自棄になって、とった行動ではありませんので、



それだけは、何卒信じていただけますように。




img041.jpg



ー娘が20歳になるまでー


「どうか普通に動ける状態で、生きられますように。」


そればかりを思い、細心の注意を払い、過ごしてまいりました。


「マスクを外すことはなかった」日々。

IMG_4264.jpg   


ー娘が20歳を過ぎた今ー


去年、そろそろ夏を迎えようかと言う時期


突然、
昔からの知り合いの営業さんから


「助けてください!!!!!!!!」


それはそれはすごい勢いで泣きつかれ、


「長期のお仕事に」就くことになりました。

IMG_4272.jpg



「やっぱり今はこうしなさいと言うコトね。」


「娘の就職が決まるまでは、何としても働きに行こう。」



そして、仕事に通い出して間もなく、


私の身体は実に素直に、その答えを出したという運びです。

IMG_4343.jpg



生前の父が、口癖のように言っていました。


「お前は〇〇歳までしか生きられないだろうね。」


その言葉を鵜呑みにしている訳ではありませんが、


「お父さん。」もしもそうならね

IMG_5633.jpg



私は足元に置かれた日々と実直に向き合いながら




「この身体を、思いの限り費やして 生き抜いてみせるよ。」



IMG_7855.jpg


癌で亡くなった母の年齢は越えました。


自分の身体のことは、自分が1番よく分かっています。


母は最後まで癌だと知らされませんでしたが、


病室に大事に貼ってあった


当時4歳の私が描いた絵を「外して」と言ったそうです。


IMG_4912.jpg



実は昨日、職場の医務室で1時間ほどお世話になりました。


そんな事はつゆ知らず、


夜に営業さんが、電話でせっつくように質問をしてきました。

IMG_4177.jpg



「ねぇ?今日の売り上げ合ってるの!?いつもと桁が違うけど。」と


あぁ、これは何と良いタイミングなのだろうかと


「はい。合っています。


「なのでこれからは、
予算を達成した時点で私はとっとと帰らせていただきます。」


歓喜の声で「オッケー」が出ました。(笑)

IMG_9968.jpg



人生における選択肢は誰の上にも降り注ぎます。


私の最初の大きな選択肢は中学生の頃でした。


当時ギタリストだった兄は、自らがギターと化して


「統合失調症」になりました。




「私は兄の母になる」



初めて与えられた「選択肢」に対する答えでした。


IMG_5030.jpg



「私は進学はしない。兄の現在を受け止める。」


そして


「兄の母になる。兄のことを決して諦めない。」

IMG_6361.jpg



いろんな先生方の助けや独学での学び、


血が出るほどその分野の本を、そこの中の景色を、


狂ったように読みあさりました。



日本全国の病院にもアプローチしました。



ひょっとして超難関な「医学部に進む」と言う選択支があったのでは?


そう今なら思います。(おそーー)

IMG_5586.jpg   (酔っ払いPHOTO)



結局当時の恩師の勧めで


「高校だけは行った方がいいから。」と、再三我が家に通って下さり、


とりあえず高校には行くことにしました。



正直受験もどうでも良かったので、全く記憶すらありません。


これは私の中では「選択肢」には相当しないものですね。

IMG_0010.jpg



このような昔話を、どうしてつらつらと引っ張り出したの?


それは


現在の決断がこの当時と「酷似しているから」です。

IMG_9985.jpg




今回の決断をする時


あの時の場面が、自分の中で鮮明に蘇り


そして、リフレインされました。





そこにはいつも




「諦めずに生きること」


そのとてつもなく大きくて重い言葉が


その言葉以上の体積で、私の胸に響いてくるのです。

IMG_9516.jpg



私の心の声を溢れさせたブログ


「*Akira色の空*~歌うように生きる~*」閲覧キーは、娘に渡してあります。


遺言のつもりで、来る日も来る日も書き綴ったブログでした。

ブログヘッドデザイン2 のコピー



そしてこれからは、私が最も私らしく生きているこの姿を


リアルに娘に見ていて欲しいと思っています。


「死に様」なんてどうでもいい。


ぶざまに道に行倒れてもいい。


私の「生き様」をその目でしっかりと見届けて欲しい。


IMG_6162.jpg



娘曰く、



「お母さん。もう歳なんやから…」と先日漏らしていましたが(笑)

IMG_8073.jpg



亡き父が85歳で旅立つその1ヶ月前



「最近、物忘れが激しくなったからね。漢字検定を受ける事にしたよ。」



父の部屋に並んだ本たちが、 ふと脳裏をかすめました。

IMG_9848.jpg



「諦めずに生きること」


残された時間に向かってひた走る訳じゃない。


今日という日を確かに掴んで生きるだけ。


img104.jpg


思いがけず「自分の作ったご飯PHOTO」にすっかり腹ペコになりました。(笑)


さて、次なる更新は来るのかな?


長々とお付合い下さり、ありがとうございました。








つぶやきシリーズでありがとうございました。
今年もあと1時間ほどで終わりですね。

face booの近況、ここ数日間をピックアップでお別れします。



12月28日10時50分

只今天井におります。

30日は私はお仕事なので、
今日、明日は、気合をしっかりと入れて
大掃除に取り組みたいと思います。⭐︎

葉っぱも1枚1枚丁寧にシャワー🚿

今日は、娘が居るので助かります💕

「お昼ご飯、何を食べようかなー。」と思いつつ(笑)せっせと体を動かしております。🏃‍♀️💨

バックミュージックは「RADWINPS」&「東京事変」🎶

皆様も気持ちの良い年末を過ごせますよに。
年末1



12月28日16時05分

『風美』
いつもライブのお誘いをありがとうございます。
  

現時点で、来年6月頃までライブのお声掛けをいただいております。
  

7月か9月には、東京でもお騒がせ致します。
  

お声かけいただきました順番に、
ライブを入れさせていただいている状況でございますが
早々のお声かけにも関わらず、涙をのんでのお断りも数々ございます。(T ^ T)
  

「5人編成」
なかなか予定が合わず、まことに申し訳ございませんが、
どうか懲りずに可愛がって下さいませ。
  

『風美』一同

年末6



12月29日


店の真ん前、子供を怒鳴り続けるお母さん。

「そんなに怒鳴って叩かないで…。
女なら白い手で拳を振り上げるより、抱きしめきりたい衝動が余るでしょう?」

そう言いながらぶん殴りそうになった
本末転倒な朝。(笑)

「怒りん坊はきらい☠️」です。

気分立てなおしのスタバ。☕️⭐︎

店員さんがチケットを見て
「わぁー!東京からの贈り物ですか?感激します!感激します!」
やたらMAXテンションで喋ってくれました。⤴️

オーダーも忘れ、全員で盛り上がりました。(笑)

みんなを抱きしめたくなりました。

メデタシ。めでたし💕

そうこなくっちゃ☺️

年末2



昨日9時09分

最後のお仕事、休日ダイヤを知らずに遅刻やん。🚞
お仕事終わったら、温泉入って帰ります。♨️


今年も沢山の笑顔をくれてありがとう。

来年もあなたの笑顔にドキドキさせて下さい。


駅に着いたら「全力疾走」します🏃💨


by Akira
15822685_557687664440396_969434193408998188_n.jpg


昨日19時58分


仕事おわたーーーーーーーーーーーー。
お疲れさまの爆食い。
あぁーーー頑張ったと思う。

年末3



10時間前


飾り切り。
食べてる方が多いけど。山葵うまー☺️

15727031_558129697729526_8039736017837679936_n.jpg


6時間前

森進一さんの「襟裳岬」

大好きな曲なんですが、
「SONGS」で、67歳になられた高橋真梨子さんが歌ってらっしゃいました。

素晴らしい立ち姿でした。
眩しくて美しくて、何より可憐でした。

私もこんな顔をして歌っていられたらいいなぁ。

「可憐」は無理か(笑)


⭐︎歌える現在に感謝⭐︎

必死でしがみついた訳ではないけれど、
歌えない事を、ただ自然に受け入れられなかっただけでここまで来たように思います。

これからも医師に首をかしげられながら(笑)
ずっと歌っていたいです。🎶

今日はまだまだおせちを作りながら
家族でひたすら音楽番組を観て過ごします。

今年の締めくくり。

みなさまも温かい夜を。
みなさまも優しい夜を。



そして只今、23時15分。

最後はお重からはるかにはみ出した「大皿にてんこ盛りのおせち料理」を盛り付けて、つまみ食いしてご満悦。

食いしん坊番長。今年も最後まで良く噛んで終わりました。

年末5



今年もごちそうさまでした!!




風にさらわれるもの
風にさらわれるもの


それは


ポタリポタリと落ちる


終わりなき雨だれの世界。

11Rain_Drops_Wallpaper.jpg 


風にさらわれるもの


それは


辛辣な匂いが立ち込める皿の上


「御馳走さま」の無い晩餐。

WDF_1514197.jpg


風にさらわれるもの


それは


剥がしたばかりの身の皮で包み返した


優しき代弁者の演説。


11rain_by_healzo-da7xn0v.jpg



痛みは風にさらわれてゆく


記憶は風にさらわれてゆく


df6a14f3fe162e767420def3c6471f45.jpg


地上があたためるもの


それは


トクントクンと儚く疼く


目覚めゆく胸の鼓動。

5692341.jpg 


地上があたためるもの


それは


戦火に焦げついた虚像の


しなやかな白い身体。

Beautiful-White-Peacock-HD-Wallpapers-For-Desktop-Backgrounds.jpg


地上があたためるもの


それは
 

肌の色を数え上げることなく


懐かしい声で編み上げた1枚の毛布。

soku_02890.jpg 


たとえ風が吹いても


もう。


あなたも私も暖かいのです。


thumb-1920-345392.jpg



メリークリスマス。


どこにもさらわれないで。


rain-water-drops-waterdrops-storms-spring-seasonal-flowers-nature-pics-165275.jpg 



メリークリスマス。


あなたはここにいる。


kououio.jpg 

ようこそAkiraのときへ

















このブログの主題歌を作ってみました。
「La Douceur」
〜葡萄色の夜明けの唄〜



作詞・作曲・編曲・唄:Akira





「果てない感動」

「ギタリストの兄の旋律」に纏われ過ごした子供時代。
自身の分身を産み出すように
押し寄せる波のように
「激しいまでに美しい音色」が
いつも私の耳元で鳴り響いていた。
その音色はまさに「天に届くもの」

IMG_7929のブログ

作詞をする。
作曲をする。
アレンジで風に色をつける。
風をまとい、歌い響かせ昇天する。

亡き父が愛したカメラの世界。
感じる。
動く。
焦点を定める。 息を止め、シャッターに触れる指先。

ブログヘッドデザイン原本 のコピー

最後の時計が止まる瞬間まで、愛おしさに焦点を合わせ続けた父。
大切なものを守る為には、他を捨て去る事に何のためらいも無かった父。

「一瞬たりともぶれない焦点世界」

私が愛してきた音楽と同じ。
父亡き後、その世界へと歩き出す。

写真を撮るのは、歌を唄うのは

「あなたがいるから」
「あなたがいたから」

「この愛がすべて」そう響かせて。

IMG_0342 のコピーブログ

「Akira」(アキラ)歌と共に

14725477_akira.jpg
シンガーソングライター、
アレンジャー、
ヴォイストレーナーとして活動中


2016.1.1
ユニット「風美」fu-bi
HP開設致しました。
プロフィールブログ
☆下のリンクからどうぞ☆

リンク
もぎたてエッセイ
味わった人からのお言葉
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
おてがみどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。